冷房効率アップのため機器からの熱を抑えたい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

冷房効率アップのため機器からの熱を抑えたい

2011/08/04


節電が叫ばれるこの時代、冷房の設定温度を好きなだけ下げるというわけにもいかなくなった。その一方で、パソコンやサーバなどのマシンがオフィス内に所狭しと並ぶようになり、そこへなんとか売上が上がらぬものかとカッカしている社員たちの熱気もさらに加わって、社内からの発熱量はますます増えるばかり。だからといって、パソコンをソロバンに置き換えるわけにもいかない。このままでは、夏の間の業務効率は、オフィスの室温と反比例して右肩下がりになる一方だ。そこで今回は、冷房だけに頼ることなく、オフィスで快適に過ごせるようにするための方策を紹介する。

※「冷房効率/冷房効率アップのため機器からの熱を抑えたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「冷房効率/冷房効率アップのため機器からの熱を抑えたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

照明器具からの熱放出を抑える

 オフィスで最も消費電力が多いのは、実は照明だ。省エネルギーセンターの調査によれば、オフィスで消費されるエネルギーの40%が照明に使われているらしいので、まずここを見直すのが先決。古い照明器具を使っているなら、新しいものに変えておこう。最新の照明器具は、同じ明るさでも以前のものより消費電力が少なくて済むため、熱放出を抑えることができる。また、白熱球を使っている場所があれば、発熱の少ない蛍光灯に変えよう。今は、電球型の蛍光ランプが市販されているので、器具まで交換する必要はない。インテリアへのコダワリから光の色の暖かい白熱球を使っている場合でも、白熱球カラーの蛍光ランプも出揃ってきているので、妥協せずに蛍光ランプに移行できるだろう。最近では、LEDランプも実用的になってきている。蛍光ランプ同様、そのまま電球のかわりに使えるものもあり、従来の電球に比べて消費電力および発熱量は約1/9に、寿命は約40倍にもなるという。
 さらに、蛍光管を2本使っている場所では、これを1本にし、照明器具に反射板を取り付ければ、少ない電力で、従来と同じ程度の明るさを確保できる可能性がある。もちろん、オフィスに自然光を取り入れたり、使っていないスペースの照明はこまめに消したりするなどの地道な努力もお忘れなく。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

冷房効率/冷房効率アップのため機器からの熱を抑えたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「冷房効率」関連情報をランダムに表示しています。

冷房効率」関連の特集


オフィス内で常に電源に接続されているサーバや複合機などのハードウェア類。稼働時には熱が排出され、室温…



CO2排出量の削減など環境に関する目標を設定し、達成に向けて取り組む「環境マネジメント」は、現在の起…



夏の日差しを浴びても熱くならず、未来の屋根材料となる可能性も秘めている最先端のナノテクノロジーを紹介…


このページの先頭へ

冷房効率/ 冷房効率アップのため機器からの熱を抑えたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「冷房効率/ 冷房効率アップのため機器からの熱を抑えたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30019255


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ