この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅から会議に参加したい

2011/07/14


 急速に少子高齢化が進んでいる現在、企業には従業員が育児や介護を行いながらも仕事ができるようにするための支援が求められている。これと同時に、従業員の仕事と生活のバランス(ワークライフバランス)を図るという考え方への関心も高まってきている。こうした背景のもと、在宅勤務制度の導入検討を行う企業が増え始めている。
 一方、すでに在宅勤務制度を導入している企業の多くは、例え制度として導入はしていても、実際に在宅勤務を行うと、会議や打合せに顔を出せなくなるなどのコミュニケーション問題が懸念されることから、従業員が積極的に在宅勤務制度を利用できる状況には至っていないというのが実状である。
 在宅勤務制度の導入にあたっては、細かいようだが「自宅から会議に参加する時間は労働時間に含まれるのか」といったルールも、会社として事前に明らかにしておきたい。
 今回は、在宅勤務制度やワークライフバランスを実現するときには欠かせない「自宅から会議に参加」できるようにするための方策を紹介する。

※「在宅勤務/自宅から会議に参加したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「在宅勤務/自宅から会議に参加したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

顔を見ながら会議に参加する仕組みを入れる

  自宅から会議に参加する方法として最も理想的なスタイルは、相手の顔を見ながら意見交換できるスタイルだが、これを実現したいなら「Web会議システム」がオススメ。
 このシステムを利用すれば、自宅などの離れた場所にいても、ブロードバンド回線とPCを利用することでお互いの顔が見える環境で会議を開くことができる。また、1つの資料を全員で共有したり、会議の様子を録画して議事録として利用したりすることも可能。更に、自分のPCのデスクトップ画面の一部を、映像を切り取る形でほかの参加者に見せることができる製品もある。なお、会議の通信データは、すべて暗号化することが可能でセキュリティ対策は万全。この場合、会議室ごとに暗号化レベルを設定できる。 一方、顔を見ないでも、音声だけで複数のスタッフと会議や打合せができれば十分というニーズに対しては「音声会議システム」がオススメ。
 例えば、IP電話機能を搭載した音声会議システムを利用すれば、自宅に社内ネットワークへのアクセス手段を導入することで、音声会議をすぐに始めることができる。Webブラウザから会議開催の招集・予約ができ、多地点での接続も簡単に行える。また、端末の使用状況や使用実績も把握できるので、音声会議の利用状況を分析することも可能だ。更に、会議だけでなく、朝礼や経営トップによる訓話など、全国拠点への一斉放送を低コストで行うこともできるようになる。
 このほか、誰もが簡単に扱える「電話」を使った遠隔会議サービスもオススメ。通信事業者が国内外に持つアクセスポイントを利用することで、国内はもとより世界の主要都市からも手軽かつ低コストで電話会議に参加できる。電話会議の開催にあたって事前予約は一切不要。主催者が開催日程とパスコード、およびアクセスポイントを各参加者に通知するだけで、いつでも簡単に会議を開催できる。各参加者に対しては音声ガイダンスで指示が流れるため、操作にとまどうこともない。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

在宅勤務/自宅から会議に参加したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「在宅勤務」関連情報をランダムに表示しています。

在宅勤務」関連の製品

クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】 リモートデスクトップサービス 「Soliton SecureDesktop サービス」 【ソフトバンク コマース&サービス】 クラウド型Webフィルタリングサービス InterSafe CATS 【アルプス システム インテグレーション】
グループウェア リモートアクセス フィルタリング
グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。 テレワーク、モバイルワークの安全・快適な環境を手軽に実現する高セキュリティのリモートデスクトップサービス。 クラウド型だから、初期投資が不要で運用管理もラク
マルチデバイスにWebフィルタリングをかけ、不要or危険サイトへのアクセスを制限し、ウイルス感染や情報漏洩を防止

在宅勤務」関連の特集


Web会議、テレビ会議などは、古くからASPの形態でも提供されてきたが、最近ではクラウドという概念が…



大企業や中堅企業に加え、中小企業でも利用され始めている「アイデンティティ管理」。企業ITのクラウドへ…



市場規模は2012年度に72万ライセンス/280億円に達すると予測されるシンクライアント(ミドルウェ…


このページの先頭へ

在宅勤務/ 自宅から会議に参加したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「在宅勤務/ 自宅から会議に参加したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30019250


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ