この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトの不正利用を防ぎたい

2011/06/23


 ソフトウェアはまったく同じものを簡単にコピーできることから、以前から個人の間で違法コピー(著作権侵害)が広範囲に行われてきたという実状がある。こうした違法コピーによるソフトの不正利用は家庭内だけでなく、学校や企業、さらには行政機関でも蔓延するようになったことから、その取締りが次第に強化されつつある。もし、企業で使っているパソコンの中に、不正に入手したソフトがインストールされていることが発覚したら、その社員が罰せられるだけでなく、その組織もイメージダウンによる大きな損害を被ることになる。そこで、今回は組織内でソフトを不正利用できないようにするための方策を紹介する。

※「不正利用/ソフトの不正利用を防ぎたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「不正利用/ソフトの不正利用を防ぎたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

社員教育を徹底する仕組みを作る

 ソフトウェアの著作権に対する理解が低ければ、違法コピーに手を染めるなどして、ソフトの不正利用を行ってしまうケースが増えてしまう。また、違法であるという認識がなく、知らず知らずのうちに不正利用しているケースも少なくない。そこで、どんな場合に不正利用になるのか、ソフトの著作権やライセンス契約の基本について、社員教育を徹底することが重要だ。

  こうした教育を全社的に推進するには「Eラーニングツール」を利用するとよい。Eラーニングツールとは、ネットワークを介して学習や教材作成、成績・進捗といった情報管理を行う仕組みのことだ。Eラーニングツールのコンテンツ作成機能を使って、教育したい内容に合わせて教材(コンテンツ)やテスト問題を作成することが可能だ。例えば、「不正コピーにはどんな手段があるのか」や「なぜWinny(インターネットを通じて不特定多数の人とファイルを共有することができるソフトウェアの一種)などのファイル共有ソフトが問題視されるのか」、または「著作権侵害の罰則内容について」といったコンテンツを作成して提供するといった具合だ。また、コンテンツを公開している対象者の学習がどこまで進んでいるか、その進捗状況を管理する機能も提供されている。 一方、社員教育と同時にソフトウェア著作権に対する社内規律の周知を図り、社員同士でお互いにソフトウェアの不正利用を抑止できる社内環境を作り上げる必要もある。それにはグループウェアの「掲示板」機能がオススメ。
 この機能を利用すれば、見るべき人たちに伝えたい情報を伝達することができる。掲示板は部署・役職やプロジェクトごとに作成することが可能で、掲示期間を決めて各個人のポータル画面に自動配信することができる。例えばこうした掲示板に、ソフトウェアベンダの「不正コピー情報提供窓口」に関する情報や、社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)のソフトウェア管理者養成講座への参加情報を掲載したり、最新のソフトウェア著作権侵害に関する事件などを取り上げたりすると効果的だ。

図1:Eラーニングツール画面例
図1:Eラーニングツール画面例
Eラーニングツールのコンテンツ作成機能
資料提供:株式会社ビーエスピー

+拡大

このページの先頭へ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

不正利用/ソフトの不正利用を防ぎたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「不正利用」関連情報をランダムに表示しています。

不正利用」関連の製品

InterSafe DeviceControl 【アルプス システム インテグレーション】 CLEARSWIFT SECURE Email Gateway 【日立ソリューションズ】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】
DLP メールセキュリティ 暗号化
データの書き出しやネットワーク、プリンターの利用を制御し、データの不正持ち出しを徹底防止する情報漏洩対策ソフト。シリーズ製品との連携で証跡管理が可能。 送信メールの本文や添付ファイルの内容から機密情報の有無をチェック。
ウイルス、スパム、暗号化といったメールセキュリティに関する機能もまとめて提供。
・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。

不正利用」関連の特集


相次ぐ大規模情報漏洩事故…、ここ最近企業のセキュリティ対策を取り巻く状況は慌ただしさを増している。そ…



生体情報を認証手段に利用したいものの、経年変化や情報保管に大きな課題が。そんな悩みを解決する「生体情…



社員のスマートデバイス利用を制限したいわけではないが、情報漏洩やセキュリティリスクが懸念…そういった…


不正利用」関連のセミナー

【毎日開催】One to Oneセミナー(公的研究費不正利用防止) 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】  

開催日 7月12日(火)〜12月31日(日),7月12日(火)〜12月31日(日),7月12日(火)〜12月31日(日)   開催地 東京都   参加費 無料

研究に必要な物品の発注申請〜予算確認〜全品検収までの業務プロセスの見える化・自動化を実現。公的研究費不正利用防止プロセスのテンプレートを活用しながら、お客様独自…

このページの先頭へ

不正利用/ ソフトの不正利用を防ぎたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「不正利用/ ソフトの不正利用を防ぎたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30019246


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ