この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅に仕事を持ち帰れるようにしたい

2011/06/23


 モバイルPCが普及した今では、街中の喫茶店やファーストフード店、あるいは電車内でも仕事にいそしむ人を見かけることが多い。街中では目にしなくとも、仕事を家に持ち帰ってしている人や、もともと原則的に家で仕事をする契約の人(在宅勤務)も多い。特に東日本大震災以降は、在宅勤務の必要性も高まっているようだ。しかし、その仕事の仕方を不安に感じることはないだろうか?例えば会社と自宅との移動中にもしもパソコンを紛失したら...、もしも通信内容がインターネットから外部に漏れていたら...。会社外での仕事の仕方にもいろいろあるが、今回は特に会社と同等の仕事を自宅でも安全に行うための秘訣を紹介しよう。

※「暗号化/自宅に仕事を持ち帰れるようにしたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「暗号化/自宅に仕事を持ち帰れるようにしたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

会社のパソコンを自宅で安全に利用したい

 会社の自分用パソコンには、すでに仕事に使いやすいようにソフトの導入や設定が済ませてあるはず。ウイルス対策ソフトをはじめセキュリティ対策も万全に施されているだろう。自宅でも出先でも、会社と同じパソコンを使いたいのが当然だ。しかし昨今の情報漏洩事件を知っている人なら、会社の仕事のデータが入ったパソコンを持ち歩くことの危険性に気づいているだろう。もしもパソコンを紛失したり盗まれたりしたら、あとで大変なことになりかねない。

 情報漏洩を防止するには様々な方法がある。例えば「基本ソフトでログイン/パスワードを設定しているから大丈夫」という人もいるだろう。しかしそれだけでは、少々パソコンに詳しい人なら、パソコンからファイルが保存されている記憶装置(ハードディスク)を取り出して、その中味を読み出すことができてしまう。また「ファイルの暗号化をしているから安心」という場合もあるかもしれない。しかし、それでもやはりフォルダ構成やファイル名などが簡単に読み取られて重要な顧客名やプロジェクト名などが流出してしまう危険がある。
 そこでハードディスクを丸ごと暗号化するハードディスク暗号化ソフトウェアを紹介したい。このソフトウェアを利用することで、ハードディスク全体(基本ソフトや業務用ソフト、設定ファイルや文書ファイル/フォルダなどのすべて)を暗号化し、パソコンの起動時に入力するパスワードを知らなければハードディスクを使えなくすることができる。これなら、ハードディスクを取り出されても読み出せない。さらに同じ暗号化ソフトを使ってUSBメモリやポータブル・ハードディスクなどの外部記憶装置も暗号化できる。

図1 ハードディスク全体の暗号化のイメージ
図1 ハードディスク全体の暗号化のイメージ

 しかし、自宅や出先で社内にあるデータが急に必要になった時に、必ずしも必要なデータが自分のパソコンに入っているとは限らない。こんなとき、会社と自宅とを接続すれば会社に保管されているデータを取得することができるが、通常は会社へ接続するまでにインターネットを経由しなければならないので、通信中に途中で盗聴される危険性がある。そのような時に備えて、会社側にSSL VPN(Secure Socket Layer Virtual Private Network)の設備を導入しておくのがオススメだ。SSL VPNはインターネットによる通信を暗号化して、安全に会社のネットワークと自宅/出先のパソコンとを接続する技術だ。社内での仕事の多くはパソコンのWebブラウザやメールソフトで行えることが多いだろう。そのような仕事なら、社内ネットワークとインターネットの間にSSL VPNを導入することで、自宅や出先からインターネットに接続して会社のサーバとの間で暗号化通信の仕組みを簡単に作ることができる。暗号化通信の仕組みはこれだけではないが、一般的なブラウザやメールソフトがSSL VPNに対応しているので、パソコン側に特別なツールを導入する必要がないのがこの方式のメリットだ。
 SSL VPNに加えて、ウイルス対策や不正アクセス対策など、複数のセキュリティ機能を備えたUTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)製品を使えば、さらに安全性は高まる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

暗号化/自宅に仕事を持ち帰れるようにしたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

暗号化」関連の製品

システム連携/ファイル転送ツール「HULFT」 【セゾン情報システムズ】 ビジネスWebメールソリューション「Active! mail」 【クオリティア】 メール誤送信防止ソフトウェア「CipherCraft/Mail」 【NTTソフトウェア】
ファイル転送 電子メール メールセキュリティ
多数の導入実績を持ち、80%という圧倒的シェアを誇るTCP/IP企業内・企業間通信ミドルウェア。データ連携やシステム連携を安全、確実かつ円滑に行う。 Webブラウザ上でメールを送受信するAjax採用Webメールソフト
◎安全/利便/操作性を兼備
◎メールサーバに対して画面表示用のゲートウェイとして働き、利用環境を選ばない
・9年連続シェアNo.1のメール誤送信防止・暗号化ソフトウェア
・メール送信前に確認画面で、うっかりミスによるメール誤送信を未然に防止

暗号化」関連の特集


手軽に使えるモノからエンタープライズレベルのモノまで、機能レベル/価格帯とも充実のラインナップが用意…



古代ローマのシーザー暗号や電気機械式の暗号マシン「エニグマ」など、今日のセキュリティを支える暗号化技…



ファイアウオールもウイルスチェックツールも導入したのに感染するのはなぜか?今回はウイルス対策の基本的…


暗号化」関連のセミナー

HDD暗号化とSKYSEA Client Viewで実現するセキュリティ対策 【サイバネットシステム/Sky】  

開催日 3月7日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

猛威をふるう「標的型攻撃」やPCの盗難・紛失や置き忘れなどによる情報漏えいが後を絶ちません。企業を取り巻く様々な脅威から情報を守るには、PCの適切な管理とセキュ…

Zabbix 3.0 認定プロフェッショナルコース 【Zabbix Japan 】  

開催日 6月29日(木)〜6月30日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 10万8000円(税込)

Zabbixのプロフェッショナルを目指す本コースでは、Zabbixプロキシサーバーを使った分散監視や、Zabbixサーバーの内部的な動作、ローレベルディスカバリ…

技術文書や図面の共有を促進しながら外部流出を防ぐ方法とは 【オーシャンブリッジ】 締切間近 

開催日 2月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

事例から学ぶ、重要な技術文書や図面の共有を促進しながら外部流出を防ぐ方法とは独自のノウハウや重要な技術情報が含まれるファイルを、国内拠点のみならず取引先や海外拠…

このページの先頭へ

暗号化/ 自宅に仕事を持ち帰れるようにしたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「暗号化/ 自宅に仕事を持ち帰れるようにしたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30019245


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ