商談の進捗をリアルタイムに管理したい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

商談の進捗をリアルタイムに管理したい

2011/06/20


 顧客のもとに足しげく通い、地道な提案活動を続けた結果、ようやく生まれる商売のタネである"商談"。この商談は売上に直接つながるものなので、上司の立場にいる営業マネージャは情報を的確に判断し、受注できるように営業マンをサポートしていくことになる。そのためには、担当営業マンから "商談報告"がリアルタイムに欲しいところだ。この商談報告を簡単に行えるようにして、上手く商談を管理するための方法を紹介しよう。管理のためには何らかの仕組みが必要だが、可能なかぎり営業マンの負担にならないよう工夫したい。

※「SFA/商談の進捗をリアルタイムに管理したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「SFA/商談の進捗をリアルタイムに管理したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

営業報告とあわせて商談を管理する

 商談管理といえば、多くの企業が使っているのがExcelなどの表計算ソフトだ。このExcelのシートには、会社概要となる顧客情報や顧客ごとの訪問頻度、商談の進捗具合から判断される受注確度、受注見込金額などが入力されることになる。このデータさえあれば営業マネージャも商談を管理しやすいはずだが、情報を入力するのは、1日中客先を回ってへとへとになって戻ってきた営業マン。1日の出来事を上司に伝える営業報告はもちろん、顧客からもらった宿題に関する相談、商談化したものがあれば個別に入力する商談報告シートなど、上司に報告することは山ほどある。「また同じ内容を入力するの?」と恨み節を口にしながらストレスをため込む営業マンのためにも、一発で簡単に入力できるしくみが欲しいところ。

図1 営業支援ツールの画面例
図1 営業支援ツールの画面例
資料提供:ソフトブレーン株式会社

そんな時にオススメなのが、いろんな報告を日々の営業活動の中でストレスなく入力できるツール。これは、一般的に営業支援ツール(SFA:Sales Force Automation)と呼ばれるもので、顧客の企業情報はもちろん、接触した顧客の担当者の情報や実際に打ち合わせをした日時、話した内容、これまでの実績や将来の売上見込みなどが簡単に入力できる。このデータは日々の活動の中で自然に入力できるようになっており、同じ内容を何度も入力する必要はない。営業マンにとってはありがたいシロモノだ。

 SFAはスケジュールを書き込む感覚で入力でき、その内容もプルダウンで選択できるよう工夫されている。例えば、担当者の名前や商談の時期はもちろん、受注確度、売上予想金額、売り込んでいる商品名など、事前に登録したものを選択するだけで商談報告を終えることができる。コメント欄には顧客から聞きだした具体的な内容、例えば競合している製品名や予算規模などを入力し、商談概要が具体的に上司に報告できるようになっている。

 また、報告を受けた上司が営業マンに指示を書き込むことや、開発部門など他部門にも商談内容を共有する機能だってある。1つの情報を多くの人で共有できるため、同僚の営業マンにも進捗内容をつぶさに伝えることができるのだ。もちろん、携帯電話やスマートフォンからでも入力できるため、会社に戻って上司がいるタイミングを待つ必要もない。いつでもどこでも商談情報を報告し、上司は自宅にいても状況確認ができるようになる。つまり、ビジネスの基本的な「報告・連絡・相談」、いわゆるホウレンソウがこのツールの中だけでできてしまうスグレモノなのだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SFA/商談の進捗をリアルタイムに管理したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

SFA」関連の製品

売り上げ2倍、会議時間6分の1を実現 CRM/SFAソリューションの導入事例に迫る 【ソフトブレーン】 属人化した営業情報の管理を一元化、自社カスタマイズできるSFA導入が決め手に_JUST.SFA 【ジャストシステム】 新規事業を軌道に乗せたい──アイ・エス・エスが選んだ営業支援ツールとは?_JUST.SFA 【ジャストシステム】
SFA SFA SFA
売り上げ2倍、会議時間6分の1を実現 CRM/SFAソリューションの導入事例に迫る 属人化した営業情報の管理を一元化、自社カスタマイズできるSFA導入が決め手に 新規事業を軌道に乗せたい──アイ・エス・エスが選んだ営業支援ツールとは?

SFA」関連の特集


 情報理論で最も大事な考え方の1つが「Integrity:1つの情報の整合性が取れていること」。個人…



ビジネスチャットツールは外部アプリケーションと連携できるものとそうでないものの2つに分けられます。こ…



この10〜20年で営業パーソンを取り巻く環境が大きく変化しています。ITやWEBが発達したことにより…


SFA」関連のセミナー

Salesforceからの帳票設計&出力体験SVF Cloud for Salesforce 【ウイングアーク1st】  

開催日 3月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

ご紹介製品:SVF Cloud for Salesforce世界10万社以上で導入されている「Salesforce」、SFA・CRMだけでなくForce.com…

Microsoft Dynamics365ハンズオンセミナー 【カコムス】 締切間近 

開催日 2月23日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大変ご好評頂いておりますOffice365/Dynamics365/Microsoft Azure/SharePoint Onlineハンズオンセミナーを、2月…

このページの先頭へ

SFA/ 商談の進捗をリアルタイムに管理したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SFA/ 商談の進捗をリアルタイムに管理したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30019243


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ