この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客の声を集めて分析したい

2011/06/20


 新たな商品やサービスを開発するとき、実際に使っている利用者の声を聞くことは重要なプロセスの1つだ。もし利用者の声を新商品開発に取り入れられれば、大ヒット商品を作ることだってできるかもしれない。ただ、この利用者の声をどのように集め、どうやって分析したらいいのか頭を抱える人も結構いるはず。そこで、顧客の声を効果的に集め、分析するための方法について紹介しよう。何気ないものの中にも、実は顧客の声が潜んでいるのだ。

※「顧客管理/顧客の声を集めて分析したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「顧客管理/顧客の声を集めて分析したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

今ある顧客の声を使って分析する

 実際に商品を使ったことのある人の意見はとても貴重な情報源。この顧客の声は、新たに業務の改善に役立ったり、新商品開発の際の指針になってくれたりする。でも顧客の声って具体的にはどんなものなのだろうか。例えば、顧客が企業だった場合、営業マンが毎日上司に報告する営業日報の中に記載された顧客とのやり取りの中に含まれていることがある。また、商品や顧客対応などに対するクレームがあった場合、クレーム内容そのものも顧客の声として貴重な情報源となってくれる。さらに、製品の中に同梱されている、購入者情報の登録に使われるハガキに意見を書き込む欄があったりするので、利用者の貴重な意見が聞ける可能性だってある。ただ、これらの情報が紙の書類で保管されている場合は、分析するときに手作業になり、手間と時間が膨大にかかってしまう。入力代行サービスなどを利用して、すべてデータ化しておきたい。

 データ化された顧客の声は、ExcelやAccessにデータを入れて様々な角度から分析することができる。ただ、これらのツールで分析するためには、例えば「近県から東京に通勤している人ほど移動時間が長いので、1週間に多くの本を読むのでは?」といった、何らかの仮説を事前に立てておかなきゃいけない。つまり、自分でその結果をイメージして、それを検証するときに役立つツールだ。逆に、何の仮説もないまま、与えられたデータの中から意図しない関連性を見つけ出すことができる製品もある。これは、マイニングツールと呼ばれる、「採掘」を意味する製品だ。ことわざ的には「風が吹けば桶屋が儲かる」に近い感じ。ただ、無関係に見える事柄から関連性は発見できても、それがなぜそうなるのかの因果関係を導き出すためにはスキルが必要になる。

 他にも顧客の声として活用できるものがある。例えば、普段顧客と何気なく交わしているメールの内容だ。メールの中で「御社の製品に決めたのは、この機能があったから」と指摘されたら、この機能が他の顧客にアピールするための重要なポイントになるはずだ。また、「もっとこうしてもらえませんか?」と要望があれば、製品のバージョンアップをするときの大切な改善ポイントになってくれるはず。また、Webサイトに訪れてくれる人のログ、いわゆる訪問履歴だって、実は顧客の声になりうる。どんなタイトルのページがよく見られるのか、どんな検索のキーワードから訪れているのかなど、ログ情報には貴重なデータがたくさん詰まっている。これは、Webログ解析ツールと呼ばれるものを使うことで、リピート率の高いページを分析したり、よくクリックされるリンクの場所を探したりなど、Webサイトの改善に大いに役立つ。

図1 テキストマイニング画面
図1 テキストマイニング画面
資料提供:株式会社野村総合研究所
このページの先頭へ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

顧客管理/顧客の声を集めて分析したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「顧客管理」関連情報をランダムに表示しています。

顧客管理」関連の製品

Zoho CRM 【ゾーホージャパン】 メールワイズ on cybozu.com 【サイボウズ】 クラウド型 物販・専門店向け総合システム 【E-Mart LINK】 【東計電算】
CRM その他メール関連 ERP
世界で5万社が利用するクラウド型の顧客管理・案件管理システム。各プロセスの業務効率化と経営情報の見える化を実現。低コストで導入でき、規模や用途も柔軟に選択可能。 社内、部署内のメールを一元管理するWebメールシステム。メーリングリストやCCが不要となり、トラフィックを大幅に低減可能。また一覧画面でステータスを管理できる。 物販・専門店向け業務に特化したクラウド型ERPシステム。

顧客管理」関連の特集


多くの場合、企業内では様々な業務システムが個別に導入され、稼働しています。そこで、統合型業務ソフトウ…



業務効率化や内部統制対応に不可欠なワークフローツール。その仕組みと導入メリットを、基礎の基礎から徹底…



請求書の引継ぎ漏れで未請求案件も…大きな課題があった見積・請求のクラウド化で、営業が本来の仕事に集中…


顧客管理」関連のセミナー

− 実践 − SAP Business Oneセミナー 【ソフテス/ソフテスBSS/ソフテスGT】  

開催日 3月22日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

SAP Business Oneは、SAP社が提供する中堅・中小企業または大企業の子会社向けERP製品です。リアルタイムに業務を一元管理できるSAPのERP製品…

CRMだけじゃない、「Salesforce」による開発とは? 【主催:オープンソース活用研究所/協力:日本システムデザイン/ムロドー/ヴァイタル・インフォメーション】  

開催日 3月14日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【CRMだけじゃない、Salesforceの機能】Salesforceは、クラウド型ビジネスアプリケーション・プラットフォームです。「Sales Cloud」と…

インバウンド&カスタマージャーニーによる事業再構築の展望 【主催:日本システムウエア/共催:日本トータルテレマーケティング/ミニマル・テクノロジーズ】 締切間近 

開催日 3月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

モールECやショッピングサイト間の競争激化で顧客の囲い込みや差別化が難しくなっています。一方、データ活用の場面ではデジタルからよりリアルなおもてなしへと顧客管理…

このページの先頭へ

顧客管理/ 顧客の声を集めて分析したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「顧客管理/ 顧客の声を集めて分析したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30019240


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ