モバイルPCを紛失しても情報漏洩を防ぎたい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルPCを紛失しても情報漏洩を防ぎたい

2011/06/20


 出張先や客先でのプレゼンテーションや情報確認などで大活躍しているモバイルPC。最近ではその基本性能もデスクトップPCに引けをとらないくらい高性能化し、重要情報を含む大量のデータを簡単に社外に持ち運んで活用できるようになった。しかしその反面、モバイルPCを紛失したり盗まれたりしたときのリスクは高くなるばかりだ。情報漏洩などで社会的信用を損なわないためには、できるだけモバイルPCの社外への持ち出しを制限したいところだが、それでは、せっかくのモバイルPCの優れた機動性をいかすことができず、業務効率の向上に役立たなくなってしまう。そこで今回は、これまで通り自由にモバイルPCを社外に持ち運んで活用できるように、モバイルPCが紛失・盗難に遭おうとも情報漏洩を防ぐための方策を紹介する。

※「暗号化/モバイルPCを紛失しても情報漏洩を防ぎたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「暗号化/モバイルPCを紛失しても情報漏洩を防ぎたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

第三者にモバイルPCの中身を見せない

 喫茶店や新幹線の中でモバイルPCを操作しているビジネスマンをよく見かけるようになったが、トイレなどで少し席を外したりしている間に、たとえ盗難に遭わなくても、勝手にモバイルPCを第三者に操作されたり、情報を覗かれてしまう危険性は高い。そこで、自分以外の人間がモバイルPCを勝手に操作できないように、パスワードを入力したり指紋認証したりしないとモバイルPCを操作できないように設定しておこう。例えば、Windowsには標準でパスワードを入力しないと起動できないように設定できる仕組みが組み込まれているので、まず最低限これを利用すること。
 ただし、このWindowsパスワードを数分で解析して割り出すソフトがインターネット上で出回っているので、これだけではとても安心できない。そこで、次にWindowsを起動する前の段階でパスワード入力が必要になる仕組みを利用しよう。この機能は「BIOSパスワード」(BIOS:バイオスと発音、パソコンの電源やキーボードなどを制御しているプログラム)と呼ばれており、モバイルPCの電源を入れた直後にこのパスワードを入力しないと、Windowsを起動できないように設定できる。また、最新のモバイルPCには銀行のATMなどで導入されているのと同じ指紋認証機能がついた製品やICカード機能を搭載した製品もある。こうした製品を導入することで、指紋が合わないかぎり、あるいは本人しか持っていない社員証をかざさないかぎり、そのモバイルPCを操作することができないようにできる。
 さらに、盗難の場合には、モバイルPC内部のデータ記憶装置(ハードディスク)を取り外して中身の情報を盗もうとする犯罪者も少なくないが、その対策はハードディスク暗号化ソフトの利用がおすすめだ。このソフトウェアを使うと、ハードディスクを丸ごと暗号化してくれる。その結果、パスワードを入力しないとハードディスクを利用できなくなる。
 また、暗号化するかどうかは利用者の裁量に任せるのではなく、ハードディスク内のすべての情報を自動的に暗号化するので、暗号化し忘れたというミスをなくすこともできる。
 一方、せっかくこうしたセキュリティ機能を提供しても、一々モバイルPCを使うたびにパスワードを入力するのが面倒なので、こうした機能を利用しようとしない社員が結構多い。「自分だけは紛失・盗難にあったりすることはないよ」と、過信しているのだ。これでは、会社の情報漏洩リスクは少しも下がらない。そこで、社員にセキュリティ機能の使用を徹底させることができる「IT資産管理ツール」がオススメ。IT資産管理ツールを導入すると、社内で使われているすべてのパソコンの設定状況を、システム管理者が1つの画面でまとめて把握することができるようになる。その結果、一定のセキュリティ基準を満たさないモバイルPCがあれば、そのモバイルPCに対して、会社で決めているセキュリティ設定を強制的に適用することができる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

暗号化/モバイルPCを紛失しても情報漏洩を防ぎたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

暗号化」関連の製品

Thales HSM (ハードウェアセキュリティモジュール) 【タレスジャパン】 オンプレ環境に比べTCOを12%削減、東京センチュリーに学ぶクラウド移行 【富士通】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】
暗号化 IaaS/PaaS グループウェア
鍵のライフサイクル管理と暗号処理を行う製品。信頼の要となる鍵をソフトウェアから分離して強力に保護することが可能。強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。 オンプレ環境に比べTCOを12%削減、東京センチュリーに学ぶクラウド移行 363万人以上のユーザーが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。スケジュール/掲示板/ワークフローなど全25機能が利用可能。

暗号化」関連の特集


 FIDOアライアンスは2016年12月8日、FIDO認証の「FIDO 1.1」仕様と今後のロードマ…



社内外問わずビジネスを継続できる「モバイルPC」の"イマ"を解説!注目の"Centrino2"や驚き…



現在、Web メールのアカウントを自分の主要なメールアドレスとして利用している人が多く見られます。使…


暗号化」関連のセミナー

更に増加するSSL通信のセキュリティ対策・ログ運用提案ポイント 【マクニカネットワークス】  

開催日 11月21日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

WebサイトのSSL化が年々右肩上がりに増加しており、現在約半数のWebサイトががSSL化されていると言われております。一部のブラウザではHTTPSサイトに対し…

HDD暗号化とSKYSEA Client Viewで実現するセキュリティ対策とは 【Sky/サイバネットシステム】  

開催日 11月6日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

猛威をふるう「サイバー攻撃」やPCの盗難・紛失や置き忘れなどによる情報漏えいが後を絶ちません。企業を取り巻く様々な脅威から情報を守るには、PCの適切な管理とセキ…

このページの先頭へ

暗号化/ モバイルPCを紛失しても情報漏洩を防ぎたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「暗号化/ モバイルPCを紛失しても情報漏洩を防ぎたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30019239


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ