プロジェクト内で効率的な情報共有を図りたい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

プロジェクト内で効率的な情報共有を図りたい

2011/06/20


 会社の部署や事業部などの縦割り組織の中で完結するとは限らないのが「プロジェクト」の特徴だ。他部署の関係者が参加したり、パートナー企業からの出向者との共同作業も必要になることが多々ある。関係者が、部署や企業を超えて広い範囲で分業するようになると、個々人の進捗状況や業務上蓄積されたノウハウ、関係者間のやりとりなどが見えづらくなるので、プロジェクトの進行遅れや重大なモレが生じる可能性があり、そうならないためにもプロジェクト内で情報共有をする必要がある。
 ここでは共有すべき情報を、進捗管理のための情報、報告書や議事録、設計書類などの文書やデータ、そして個々人のもつ経験や知識(ナレッジ)の3種類に分類し、どうすればこれらを効率的に共有できるのかを紹介する。

※「情報共有/プロジェクト内で効率的な情報共有を図りたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「情報共有/プロジェクト内で効率的な情報共有を図りたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

進捗管理のための情報を共有する

 プロジェクトで最も大事なのが「いつまでに何が終わったのか」「いつまでに何を終わらせるのか」の情報だ。品質を担保しながら、予算の範囲内で決められた納期までに完成させるために、プロジェクトの進捗を絶えず監視し、問題があればすぐに修正できる体制がなければならない。そのためにはプロジェクトマネージャが中心になって、全体スケジュールや予算、納期や個々人のタスクを設計するが、そこで適しているのが「プロジェクト管理ソフト」だ。このツール上でプロジェクトマネージャが引いたスケジュールやタスクを、メンバー内で共有し、メンバーはその設計に基づいて作業を進め、進捗状況を入力フォーマットに書き込む。プロジェクトマネージャはプロジェクト全体の進行状況をガントチャート等で把握しながらスムーズなプロジェクト進行を促す。どのような課題が残っていて、誰が遅れているのか?といった状態がプロジェクトマネージャだけでなく、メンバー間でも共有できるので、お互いに助け合うこともできる。
 プロジェクト管理機能は一般オフィスで使われるグループウェアでも簡易的な機能が提供されている場合がある。小規模で進捗管理をメインにした管理手法であれば、グループウェアでも十分に利用することができる。

図1 プロジェクト管理ソフトの画面例
図1 プロジェクト管理ソフトの画面例
資料提供:株式会社NTTデータイントラマート
このページの先頭へ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

情報共有/プロジェクト内で効率的な情報共有を図りたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報共有」関連情報をランダムに表示しています。

情報共有」関連の製品

社内外の情報共有を変えるクラウドサービス 【富士通】 intra-mart Accel Collaboration 【NTTデータ イントラマート】 IT部門、管理者、経営者全員にメリット 驚きのサービスデスク施策とは 【クレオ】
文書管理 グループウェア プロジェクト管理
社内外の情報共有を変えるクラウドサービス システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。 問い合わせ対応に追われ疲弊するシステム運用管理担当。人、コスト共に待ったなしの状況をチャンスに変える施策がある。現場に限らず経営者にもメリットがある方法とは。

情報共有」関連の特集


311人に「SFAの導入状況」を調査!導入目的・利用ユーザ数・満足度はもちろん、企業が抱える“営業上…



「EMMレポートってこんな内容なのか!」EMMツールを実際に導入、運用する場合のイメージを事例も交え…



映像と音声によって遠隔地同士を結び、打ち合せや会議を可能にする遠隔会議システム。新たな規格「WebR…


情報共有」関連のセミナー

失敗しない「Web会議」「テレビ会議」の選び方徹底解説セミナー 【ブイキューブ】  

開催日 11月14日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

時間や場所の制約にとらわれない新しいワークスタイルの普及が進んでいますが、システムの導入を検討される際、ご利用されているPCでそのまま会議ができる「Web会議」…

Office 365 最新サービス 体験型学習講座 【内田洋行】  

開催日 11月14日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 7万5600円(税込)

Office 365 は、国内でも多くの企業で導入が進んでいます。ここ数年で Office 365 で提供されているサービスは急速に増えており、また、そのサービ…

災害発生時の意思決定スピードと質を向上 xSync体験セミナー 【ブイキューブ】 締切間近 

開催日 9月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

災害発生時の情報共有に課題はございませんか?本セミナーでは、防災情報システムを強化するビジュアル情報共有システム「xSyncシリーズ」を体験いただけます。【こん…

このページの先頭へ

情報共有/ プロジェクト内で効率的な情報共有を図りたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「情報共有/ プロジェクト内で効率的な情報共有を図りたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30019237


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ