業務中のインターネットの使用を制限したい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

業務中のインターネットの使用を制限したい

2011/06/20


 すべての社員に1人1台以上のパソコンを支給している企業が増えている今、社員のモラル教育が大きな課題になりつつある。
 会社側としては、円滑に業務を遂行できるようにとの配慮からインターネット接続を提供しているが、この結果、業務とは全く関係のないサイトへも自由にアクセスすることができるようになっている。社員が私用でインターネット接続する例としては、昼休みに、今度の休日の旅行の手配を社内のパソコンを使って済ませてしまうといった軽度なものから、就業時間中にギャンブルサイトで遊んでいたという重大な就業規則違反まで、さまざまなケースが報告されている。こうした状況を野放しにしておくと、業務効率の低下を招くだけでなく、例えば、社員のひとりが違法サイトにアクセスしたために、社内ネットワーク全体がコンピュータウイルスに感染してしまうという実害が発生する危険性も非常に高くなる。
 そこで今回は、業務で使うパソコンのインターネット環境を私用目的で使わないようにするための方策を紹介しよう。

※「フィルタリング/業務中のインターネットの使用を制限したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「フィルタリング/業務中のインターネットの使用を制限したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

業務中の私的利用を制限する仕組みを作る

 業務内容がある程度、絞られている場合には「URLフィルタリングソフト」の導入をおすすめしたい。URLフィルタリングソフトとは、エンドユーザ(社員)が特定サイトを閲覧できないようにあらかじめ閲覧禁止Webサイトとして設定できるソフトウェアのことだ。有害なWebサイトまたは表示させたくないWebサイトのURL(アドレス)をリストに登録することで、社員が使っているパソコンから閲覧禁止サイトへのアクセスを自動的にブロックする。
 元々、URLフィルタリングソフトは学校や一般家庭などで、子供が勝手にアダルトサイトなどの有害サイトを閲覧しないようにするために開発されたソフトウェアだったが、企業においても、業務に無関係なサイトの閲覧を禁止することによって、社員の生産性低下を防止するために導入されるようになり、企業向け製品も数多くリリースされるようになった。
 このソフトウェアを企業へ導入すると、業務中は業務に必要なサイトだけを許可し、休み時間にはスポーツ系サイトは許可するなどの時間規制を行ったり、あるいは私的利用時に警告だけ表示したりするなど、多彩な運用が可能になる。また、閲覧は許可するが、書き込みは禁止するなどの設定も可能だ。このほか、検索キーワードや書込みキーワードによる規制も可能で、掲示板やWebメールなどの情報発信サイトに、重要情報を入力できないようにすることもできる。

 一方、UTMアプライアンスというセキュリティ対策を目的としたハードウェアを社内に導入するという方法もある。UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)とは、ネットワークに設置する装置の一種で、これ1台で様々なセキュリティ対策を実行することができる。UTMアプライアンスの中にもURLフィルタリング機能が搭載されており、ほかのセキュリティ対策機能と連携させることができ、統合的に管理することが可能。
 例えば、閲覧を許可されているサイトにアクセスする場合でも、アンチウイルスソフトの定義ファイルが最新バージョンに更新されていないPCに対しては、インターネット接続を許可する前に強制的に更新作業を実行できる。

図1 URLフィルタリングの例
図1 URLフィルタリングの例
資料提供:トレンドマイクロ株式会社

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

フィルタリング/業務中のインターネットの使用を制限したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フィルタリング」関連情報をランダムに表示しています。

フィルタリング」関連の製品

NextGen Firewall Xシリーズ(旧 Barracuda Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 FortiMail 【図研ネットウエイブ】 CLEARSWIFT SECURE Email Gateway 【日立ソリューションズ】
ファイアウォール その他ネットワークセキュリティ関連 メールセキュリティ
通常のL3/L4ファイアウォール機能に加え、アプリケーションとユーザの可視化・制御機能を備えたL7対応の次世代ファイアウォールアプライアンス。 ビジネスに必要なメール機能をオールインワンで提供。1つの管理画面から各機能を統合的に管理できるため、導入コストを抑えつつ運用の手間も大幅に削減する。 送信メールの本文や添付ファイルの内容から機密情報の有無をチェック。
ウイルス、スパム、暗号化といったメールセキュリティに関する機能もまとめて提供。

フィルタリング」関連の特集


一度に検疫ネットワークを導入するなんてお金も時間も足りない!という場合は段階的な導入を行うことも可能…



情報漏洩の大きな原因であるメールのウッカリ送信ミスを防ぐ「メール誤送信防止ツール」の仕組みと最新動向…



「ビッグデータと言われても…」予算高に人手不足など中小企業では敷居が高かった社内外のデータ活用。そん…


フィルタリング」関連のセミナー

巧妙化する標的型攻撃に必要な対策とは 【主催:アシスト 】  

開催日 2月9日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

標的型攻撃を完全に"防御"することは難しいため、マルウェアに侵入されることを前提とした多重のデータ保護(内部対策)や、マルウェアが組織内に存在するか否か、存在す…

巧妙化する標的型攻撃に必要な対策とは 【主催:アシスト 】  

開催日 3月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

標的型攻撃を完全に"防御"することは難しいため、マルウェアに侵入されることを前提とした多重のデータ保護(内部対策)や、マルウェアが組織内に存在するか否か、存在す…

巧妙化する標的型攻撃に必要な対策とは 【主催:アシスト 】  

開催日 4月25日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

標的型攻撃を完全に"防御"することは難しいため、マルウェアに侵入されることを前提とした多重のデータ保護(内部対策)や、マルウェアが組織内に存在するか否か、存在す…

このページの先頭へ

フィルタリング/ 業務中のインターネットの使用を制限したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「フィルタリング/ 業務中のインターネットの使用を制限したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30019230


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ