この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

PCなどの機器を安全に廃棄したい

2011/06/20


 パソコンは1人1台というのが当たり前の時代。取り扱うデータの量は増える一方で、それに伴いパソコンやサーバで使用しているハードディスクの台数も増え続けている。その結果、最近は不要になったハードディスクの処分方法が大きな問題になってきている。何の処置も施さずに、そのまま不用意にパソコンなどを廃棄すると、ハードディスクから機密情報が盗み取られる危険性がある。しかも、これらの機器は産業廃棄物という扱いになるので、どのように廃棄処分したのか、その記録を残す必要もある。そこで今回は、パソコンやサーバのハードディスク内に残されているデータが他人に悪用されないよう、セキュリティ上の観点から安全にこれらの機器を廃棄するための方策を紹介する。
 万一データを他人に見られても実害が少ない「一般データ」が保存されている場合と、悪用されると相当な実害を被ることが予想される「機密データ」の場合では、取るべき手段が異なるので注意しよう。

※「廃棄/PCなどの機器を安全に廃棄したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「廃棄/PCなどの機器を安全に廃棄したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

一般データ:専用ソフトを使って完全消去する

 ハードディスクに保存されているデータは、ファイルやフォルダを削除すれば消えてしまうはずと思っているとしたら、それは大きな間違い。「ごみ箱」というフォルダに移動するから「ごみ箱」からも削除すればいいと思っていたら、それも違う。だったら、ハードディスクを再フォーマットすればいいと、ちょっとパソコンに詳しい人なら考えるかも知れないが、それも正しい方法ではない。
 実は、パソコン上で「削除」や「消去」という操作を行ったとき、ハードディスク内で実際に実行される動作は、データ自体を消すという作業ではなく、パソコンからそのデータを呼び出せなくしているだけに過ぎないのである。つまり、見かけ上、ハードディスクからデータが消えたようになるだけで、データ自体は消えていない。そして、新しいデータを書き込んだときに、初めて上書きされて前のデータが消えるという仕組みになっている。巷では、パソコンからは見えないハードディスクのデータを読み出すことができるハードディスクのデータ解析ソフト、うっかり消してしまったデータをもとに戻すデータ復活ソフトなどが存在し、これを悪用すれば、廃棄されたハードディスクからデータを自由に盗み取ることだってできてしまう。
 そこで、ハードディスク内のデータを完全に読めなくするデータ消去ソフトを使って、意味のない別のデータを上書きしてから廃棄するのが得策。ダイレクトメールの封筒に印刷された宛名を、上から意味のない文字列のスタンプで隠して読めないようにする「個人情報保護スタンプ」なるものがあるが、まさにそれと同じように意味のないデータでハードディスクのデータを読めなくするのがこのソフト。操作は至って簡単。データ消去ソフトが入っているCDをパソコンにセットして起動する。すると、WindowsなどのOSが起動する代わりにデータ消去ソフトが自動的に起動するので、後は表示された指示に従って消去していくだけ。このとき、一般的には3回繰り返して消去を実行するのが基本。黒板を1回消しただけではチョークの後がわずかに残ってしまうのと同じで、3回実行して念入りに消去しよう。

図1:データ消去ソフトの操作画面例 1
図1:データ消去ソフトの操作画面例 1
資料提供:オリエントコンピュータ株式会社
図1:データ消去ソフトの操作画面例 2
図1:データ消去ソフトの操作画面例 2
資料提供:オリエントコンピュータ株式会社

このページの先頭へ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

廃棄/PCなどの機器を安全に廃棄したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「廃棄」関連情報をランダムに表示しています。

廃棄」関連の製品

intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 「容疑者」は誰? ファイルサーバ肥大化の謎を解く「GDMS」 【ジャストシステム】
文書管理 IT資産管理 ファイルサーバ
文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。
2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 知らぬ間にデータ量が増大するファイルサーバ。IT管理者にとって大きな悩みであるが、利用者が多いだけに改善しようにも問題の所在が特定しにくい。どうすればいいか。

廃棄」関連の特集


時代の変化に応じて様々な機能が追加され、管理対象機器の資産を管理することだけにとどまることなく、用途…



次世代光ディスクとして大注目のブルーレイディスク。実はこれが紙でできる…という斬新な発想で生まれたペ…



社内の複合機などを一元管理し、印刷関連コストを削減したいと考える企業が多い一方で、印刷環境にかかる運…


廃棄」関連のセミナー

データ消去ソフト ディスクシュレッダー6 製品紹介セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 9月26日(水),10月10日(水),10月24日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「ディスクシュレッダー6」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいたします…

データ消去ソフト サーバーディスクシュレッダー 製品セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 9月12日(水),9月26日(水),10月10日(水),10月24日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「サーバーディスクシュレッダー」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいた…

このページの先頭へ

廃棄/ PCなどの機器を安全に廃棄したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「廃棄/ PCなどの機器を安全に廃棄したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30019229


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ