この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

労働時間をきちんと管理したい

2011/06/20


 あらゆるところでのコスト削減が求められ、残業時間を減らそうとしている会社も多い。さらに、長時間労働や、有給休暇の取得率が下がっていることも問題になっており、企業としては、労働基準法を遵守しながら労働生産性を上げ、さらに社員のワークライフバランスを推進していくことが求められている。
 そこで今回は、社員1人ひとりが何時間勤務しているのかを正確に把握し、労働時間をきちんと管理していく方法を考えよう。

※「労働時間/労働時間をきちんと管理したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「労働時間/労働時間をきちんと管理したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

出勤・退勤時間を記録する

  昔ながらのタイムレコーダとタイムカードで、出勤時間と退勤時間を記録しているという会社も多いのではないだろうか。まさにこれが労働時間を把握するためのもっとも原始的な方法だ。ただし、このアナログな方法では、毎日の労働時間の算出などの集計は別に手作業でやらなければならないため、全員の労働時間の状況を把握するのは大変。庶務担当が毎月Excelに手入力するなんていうことにもなりかねない。
 そこでオススメしたいのが、パソコン上で使えるタイムカードのような「勤怠管理システム」という仕組み。これなら、労働時間の集計が自動でできるので、毎月の事務作業がラクになること請け合いだ。
 出勤時間と退勤時間の記録は、個々人がパソコンから自己申告で入力する場合もあれば、出入り口に設置された読み取り装置にIDカードをかざして時間を記録するタイプのものもある。もし、入退管理システムと呼ばれる、オフィスへの出入り口にあるカードリーダにIDカードをかざすとドアが開く仕組みを使っているなら、これを使ってもっとスマートに記録しよう。入退管理システムに記録された入室時間を出勤時間、退室時間を退出時間として勤怠管理システムにも同時に記録すれば、入力の手間なく勤怠管理が簡単に行える。

図1 IDカードを使って時間を記録
図1 IDカードを使って時間を記録
資料提供:アマノ株式会社
このページの先頭へ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

労働時間/労働時間をきちんと管理したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「労働時間」関連情報をランダムに表示しています。

労働時間」関連の製品

「働き方改革」成功の秘訣――“できること”から始めるための4つのIT活用術 【ミロク情報サービス】 請求管理ロボ 【ROBOT PAYMENT】 ジョブカン勤怠管理 【Donuts】
人事管理システム 販売管理システム 勤怠管理システム
「働き方改革」成功の秘訣――“できること”から始めるための4つのIT活用術 請求・集金・消込・催促という一連の売掛金回収業務を自動化し、統合管理できるクラウド型請求管理システム。API/CSVで販売管理・会計システムの双方と連携できる。 シフト管理と勤怠管理の業務を効率化し、不正のない打刻による厳密な出退勤管理を可能にするなど、さまざまな機能を提供するシフト管理・勤怠管理ソリューション。

労働時間」関連の特集


タイムカードはあるけど、毎月の集計作業に数日かかる。従業員を増やしたいけど管理負荷が重くなりそう。店…



 勤怠管理はすでにクラウドシステム利用の会社も多くなり、大手企業ではビルへの入館許可もかねて利用のと…



「多品種・少量生産」のものづくり現場。従業員の技術や工程ごとの作業量、各製品の納期などで、1日の作業…


労働時間」関連のセミナー

『RPA×EAIで働き方改革』 【主催:パナソニック インフォメーションシステムズ/共催:日本ソフト開発/インフォテリア】  

開催日 7月20日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

昨今、『働き方改革』が叫ばれ、少子高齢化による人手不足、時間的制約を持って働く人たちが増える中、多くの企業・団体にとっていかに生産性を上げるかは緊急の課題となっ…

このページの先頭へ

労働時間/ 労働時間をきちんと管理したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「労働時間/ 労働時間をきちんと管理したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30019227


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ