社員でもアクセスできないエリアをつくりたい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

社員でもアクセスできないエリアをつくりたい

2011/06/20


 病院、劇場、ショッピングモールなど、街の中でも「関係者以外立入り禁止」というプレートを目にする機会は多い。しかし、こういうケースでは一般常識として「入ってはいけない」という理性が働くので、問題が起こることはあまり多くないかもしれない。厄介なのは、一般のオフィスビルや工場の中で、社員や関係者であっても特定の人しか入れないエリアを作る場合だ。「ここの社員なんだから、ちょっとくらい覗いてもいいよね‥」。実際のところ、社内でセキュリティを確保することは予想以上に難しいのだ。そんな時、特定の人しか利用できないエリアをつくるにはどうしたらよいのか、ここではその具体策を紹介していこう。

※「セキュリティ/社員でもアクセスできないエリアをつくりたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「セキュリティ/社員でもアクセスできないエリアをつくりたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

個人を特定して入出を許可する

 一昔前なら「部屋に鍵をかけ、その合い鍵を特定の人だけに配る」ということになるが、これでは鍵を他人に貸すことも合い鍵を作ることも、簡単にできてしまう。そこでまず考えたいのが、IDカード(ICカード)を利用した「入退室管理システム」だ。
 まず、入退室を許可する人だけにIDカードを発行する。IDカードといっても特別なものを用意する必要はなく、最近ではスイカやパスモをIDカードとして利用することもできる。そして、部屋の錠前を電気錠(電気で開閉できる錠前)に交換し、部屋の入口にIDカードを読み取る装置を設置する。後はシステムが自動的に管理してくれるので安心だ。
 使い方も至って簡単。パスモで改札口を通過する時の要領で、装置にIDカードをかざすだけ。登録されている人であれば、ドアの電気錠が自動的に開いて中に入れるというわけだ。この時、入退室の管理に必要なコンピュータシステムを自社内に持つ余裕がない場合や担当スタッフをおくことが難しい場合には、すべて任せられるサービスを利用するのが簡単だ。これなら、「社員がIDカードを紛失した」「うまく解錠できない」など、トラブルが発生した場合でもまとめて面倒をみてくれる。

図1 IDカードをかざすだけでドアの鍵が開く「入退室管理システム」
図1 IDカードをかざすだけでドアの鍵が開く「入退室管理システム」
資料提供:セコム株式会社

 IDカードは簡単に複製することはできないものの、カードをなくしてしまい、無効にする前に使われてしまえば、本来許可されていない人でも簡単に入室できてしまう。そこで次に考えたいのが、IDカードと本人だけが知る(持っている)情報を組み合わせてセキュリティレベルを向上させることだ。暗証番号を入力させる方法が一般的だが、その他にも最近ではATM等でも使われている生体認証(指紋や静脈など)を取り入れることもできる。

このページの先頭へ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

セキュリティ/社員でもアクセスできないエリアをつくりたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティ」関連の製品

SEALS融資システム 【SCSK】 全文検索・情報活用システム QuickSolution 10 【住友電工情報システム】 IoTを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組み方 【東芝デジタルソリューションズ】
特定業種向けシステム データ検索ソフト IaaS/PaaS
融資の申込み/契約の登録/融資実行/請求/回収/延滞債権の管理/ 返済条件の変更/決算処理/各種照会など、企業融資の業務全般をサポート。
貸金業社版、生命保険会社版を用意。
50TBのファイルサーバを1台のサーバで高速セキュア検索できる全文検索システム。NotesやRDBに対応。サムネイル/ビューワ、共有タグ、Know-Whoで情報活用。 IoTを活用した新しいビジネスを創出し、デジタルトランスフォーメーションを実践するには。デジタル化がもたらすものは何か。事例と共に紹介する。

セキュリティ」関連の特集


「iPadならウイルスなんて関係ない」…これは大きな間違いだ。iOSのセキュリティの現状について紹介…



経済産業省の中小企業IT経営力ポータルによると、IT投資マインドランキングでは、日本は調査対象国の中…



2014年4月にサポート切れを迎えるWindows XP。多くの企業でWindows 7への移行や加…


セキュリティ」関連のセミナー

McAfeeが提唱する次世代エンドポイントセキュリティ 【テクマトリックス/マカフィー】 注目 

開催日 6月27日(水),7月18日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

サイバー犯罪による被害を防ぐ“最後の砦”でもあり、被害の“トリガー”にもなり得るエンドポイントをより堅牢にするには、従来のシグネチャベースのアンチウイルス機能に…

今年度こそ着手!特権ID管理の「実施項目」を具体例で解説 【ゾーホージャパン/フェス】 注目 

開催日 7月27日(金)   開催地 神奈川県   参加費 無料

WindowsのAdministrator、Linux/Unixのroot、Active Directoryのドメイン管理者アカウント等、高権限を有する特権ID…

知っておきたいことがまとめてわかる!AWS入門セミナー 【主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ 共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 注目 

開催日 7月12日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

クラウドサービス上で業務システムを利用する企業が増えています。クラウドを上手に活用することで、これまでにないメリットを得ることが可能です。本セミナーはAWS移行…

このページの先頭へ

セキュリティ/ 社員でもアクセスできないエリアをつくりたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「セキュリティ/ 社員でもアクセスできないエリアをつくりたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30019222


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ