20時以降の残業を1割以下に…社外用PCを使った遠州鉄道の秘策

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


20時以降の残業を1割以下に…社外用PCを使った遠州鉄道の秘策とは

情報共有システム・コミュニケーションツール 2018/10/12

 持ち出しPCを貸与しているのに、従業員が本社や拠点にわざわざ戻って作業する――こうした場面に疑問を感じたことはないだろうか。営業など外回りの仕事を担当する従業員のすきま時間を有効に使うため、ノートPCなどの端末を持たせている企業は少なくない。しかし、PCの持ち出しは情報漏えいなどの元凶となる可能性をはらんでいる。生産性を向上させたい一方で、リスクを減らすためにセキュリティを厳重にした結果、従業員の業務が制限されるというジレンマを抱える企業は多い。

 遠州鉄道もそうした企業の1社だった。外出や出張を多くこなさなければならない営業スタッフに持ち出し用PCを貸与していたが、起動時に何度もIDとパスワードの入力を必要とするリモートアクセスツールの煩雑さを嫌って、持ち出し用PCから社内に接続をする事を避けている従業員も多かったと担当者は語る。

 この課題を解決すべく利用したのが「データレスPC」だ。データレスPCの導入後、残業時間は縮小傾向にあり、20時以降に社内に残る従業員が減った。そればかりか、管理部門への持ち出しPCに関する問い合わせも減少したという。  

 VDIよりも、安価で動作が軽快、シンクライアントよりも性能がよく、PC管理の負担も軽くするデータレスPCとは何なのか。また、IT環境の変化を苦手とする従業員を多く抱える同社が、無理なくデータレスPCを普及させるためにとった意外な戦略とは。

接続までに数分もかかる――嫌厭(けんえん)されていたリモートツール

 静岡県浜松市に本社を置く遠州鉄道は、鉄道やバス事業はもちろん、自動車整備、不動産、保険、介護といった事業を展開する。グループ内には百貨店、レジャーサービス会社、建設会社などもあり、静岡県を中心とする人々の暮らしを幅広く支える。同社の保険事業部門に所属する営業スタッフは1日に3〜4件のアポイントメントをこなすが、訪問の間に発生する「すきま時間」をどう有効活用するのか、以前から苦心してきたと保険営業部生命保険営業3課 課長の深谷和彦氏は振り返る。

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

遠州鉄道 深谷和彦氏

 「営業スタッフは、早めに訪問先の近くまで行き、車の中などで待機するのが普通です。この時間を使ってお客さまの保障内容などの情報を確認したり、新たな提案の見積書を作ったりできれば、仕事の生産性ははるかに高まります。また、保険部門のお客さまの中には、旅行業でお付き合いがある各地の旅館、ホテルの従業員のお客さまも多くいらっしゃるため、担当の営業スタッフは3日から1週間程度の出張に出ることが多い。ノートPCで存分に仕事ができれば、出張先での業務効率アップにも役立つと期待していました。そこで、持ち出し用のノートPCを営業スタッフに貸与し、USB型のリモートツールを使って社外から社内PCにアクセスできる仕組みを構築していたのです」(深谷氏)

 保険部門では顧客の個人情報を扱う業務が多く、普段から情報漏えい対策には気を遣っていた。社外から社内PCに接続するためのリモートアクセスツールもその一環だ。ところがこのツールは使い勝手が悪かった。インターネットに接続してログインするまでに、何度もIDとパスワードの入力を要するため、立ち上げに数分以上もかかっていたのだ。当時、営業スタッフの多くがこのツールを嫌厭(けんえん)していたと、保険営業部生命保険営業3課で社内システムの構築に関わる山本知世氏は振り返る。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

働き方改革/20時以降の残業を1割以下に…社外用PCを使った遠州鉄道の秘策」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「働き方改革」関連情報をランダムに表示しています。

働き方改革」関連の製品

モバイルシンクライアント 「Atrust mt シリーズ」 【アクシオ】 「製品を入れれば解決」がID管理で通じないのはなぜか 【日本アイ・ビー・エム】 VDIだけでは守れない、エンドポイントセキュリティ対策最前線 【新日鉄住金ソリューションズ株式会社】
シンクライアント ID管理 VDI
モバイルワーカーに高セキュリティのプラットフォームを提供。高性能プロセッサと高速ワイヤレスLANによりいつでもどこでも簡単にクラウドやデスクトップへアクセス可能。 当たり前のように使っている「ID」と「パスワード」だが、個人を特定する情報を整合性ある形で設計し、どのように管理・運用するかを改めて問い直すべき時期に来ている。 VDIだけでは守れない、エンドポイントセキュリティ対策最前線

働き方改革」関連の特集


「爆速経営」を推し進めるヤフーが新たに作り上げた人事制度・人財戦略について担当者が語る!「上司力」を…



「Office 365」と「G Suite」に代表されるクラウドオフィスツール。「知ってはいるけれど…



情報漏洩やデータ喪失、訴訟リスクは企業のIT予算の割合とは関係なしにやってくる。万一の自体に、組織と…


働き方改革」関連のセミナー

リニューアル!「SVF」製品紹介とハンズオンセミナー 【ウイングアーク1st】 締切間近 

開催日 10月23日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

時代に応じて多様化を続けてきた企業システムにおける帳票運用。現場の業務と密接にかかわる帳票運用の見直しは、現場の働き方改革に絶大な効果をもたらします。本セミナー…

Findixで解決! G Suite まるわかりセミナー in 福岡 【ファインディックス】  

開催日 11月13日(火)   開催地 福岡県   参加費 無料

「G Suite まるわかりセミナーin 福岡」を11/13(火)に開催します。☆株式会社八ちゃん堂様をお迎えしてG Suite 導入企業による活用事例のゲスト…

内田洋行ITフェア2018(東京) 【内田洋行】 締切間近 

開催日 10月25日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

2年後の2020TOKYOを前にインバウンド需要が拡大し、女性・高齢者や外国人の労働参加も進展したことから経済環境は好転しつつあります。しかしながら、その背後で…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

働き方改革/ 20時以降の残業を1割以下に…社外用PCを使った遠州鉄道の秘策」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「働き方改革/ 20時以降の残業を1割以下に…社外用PCを使った遠州鉄道の秘策」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010387


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ