ID管理システムの導入状況(2018年)・後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

ID管理システムの導入状況(2018年)・後編

2018/10/11


 キーマンズネットは2018年8月17日〜9月20日にわたり、「ID管理システムの導入状況に関する調査」を実施した。全回答者数201人のうち情報システム部門が44.8%、製造・生産部門が11.9%、営業・販売・営業企画部門が14.0%、経営者・経営企画部門が6.5%などと続く内訳であった。

 今回はID管理システムを「導入済み」「導入予定」の方に対し、その「導入形態」や「クラウドサービスへの移行の有無」「ID管理システムと連携しているシステムおよびサービス」などを中心に、より詳細にID管理システムの導入状況を把握するための質問を展開。その結果、ID管理システム導入者の7割がオンプレミス運用をしていることや、そのうちの約8割がクラウドサービスへの移行予定がないことなどが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「ID管理/ID管理システムの導入状況(2018年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ID管理/ID管理システムの導入状況(2018年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

クラウド全盛の時代に、ID管理システムは「オンプレミス運用」が主流!?

 前編では4年前の調査と比較して業務で利用するID数やID管理システムの導入率が増加していることを紹介したが、一方で導入企業の割合は全体の半数以下にとどまっている現状にも触れた。そこで後編ではID管理システム導入企業の実態をより詳細に調査することで、ID管理システムの活用状況を見ていきたい。

 まずID管理システムを「導入済み」「導入予定」の方に対しその導入形態を聞いたところ、「オンプレミスで運用」が70.5%と大半を占め、次いで「クラウド環境(IaaS)で運用」が12.6%。クラウドサービスを利用する割合は12.6%にとどまる結果となった(図1-1)。「今後クラウドサービスへの移行を検討しているかどうか」についても78.7%と約8割が「移行予定なし」と回答しており、現状のシステムで満足している、あるいは移行コストに対する予算取りが難しいのか継続してオンプレミスで運用する考えだ。徐々に企業システムもSaaS化が進む一方でID管理システムはまだオンプレミスでの運用が根強いようだ。(図1-2)。

図1 導入形態/クラウドサービスへの移行予定

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 導入形態/クラウドサービスへの移行予定
このページの先頭へ

2

ID管理システムとの連携……社内システムなら勤怠管理、外部サービスでは!?

 次にID管理システムを「導入済み」「導入予定」と回答した人に対し、ID管理システムと連携するシステムおよびサービスについて聞いた。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ID管理/ID管理システムの導入状況(2018年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

ID管理」関連の製品

Office 365への効率的な移行のポイント、認証の簡素化と強化をどう両立する? 【ヴイエムウェア】 アカウント管理セルフサービス ManageEngine ADSelfService Plus 【ゾーホージャパン】 増加するWebアプリの弊害、ポリシーの一貫性やセキュリティを見直すべき理由 【F5ネットワークスジャパン】
統合運用管理 ID管理 ID管理
Office 365への効率的な移行のポイント、認証の簡素化と強化をどう両立する? セルフサービス機能により、Active Directoryのロック解除、パスワードリセット、パスワード変更などを社員に任せられる“アカウント管理セルフサービスソフト”。 増加するWebアプリの弊害、ポリシーの一貫性やセキュリティを見直すべき理由

ID管理」関連の特集


ID管理製品に対する企業の興味や期待が急速に高まり、「特権ID管理」「IDフェデレーション」といった…



 近年、金融機関のATM(現金自動支払機)における静脈認証導入の流れが顕著となっており、生体認証が注…



フィッシングによる不正アクセスの危険が高まり拡大した同市場。今後クラウドサービスでの利用拡大が予測さ…


ID管理」関連のセミナー

情報セキュリティ対策ソリューションはクラウドモノを使い倒せ! 【主催:NRIセキュアテクノロジーズ/共催:IMPERVA Japan/日本プルーフポイント/マクニカネットワークス/Netskope Japan】 締切間近 

開催日 10月18日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

ランサムウェア、標的型攻撃、DDoSといったサイバー攻撃は日々、高度化し続けています。セキュリティ人材の不足が叫ばれる中で、オンプレミスに情報セキュリティ対策ソ…

ID棚卸の自動化を実体験!ID棚卸キットハンズオンセミナー 【主催:アシスト】  

開催日 11月29日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

ID棚卸に多大な工数をかけていませんか?各サーバOS、業務システムに存在する固有のID情報を把握するにはIDの棚卸が必要です。この作業は、監査の指摘事項にもなり…

情報セキュリティ対策ソリューションはクラウドモノを使い倒せ! 【主催:NRIセキュアテクノロジーズ/共催:IMPERVA Japan/日本プルーフポイント/マクニカネットワークス/Netskope Japan】  

開催日 11月15日(木)   開催地 福岡県   参加費 無料

ランサムウェア、標的型攻撃、DDoSといったサイバー攻撃は日々、高度化し続けています。セキュリティ人材の不足が叫ばれる中で、オンプレミスに情報セキュリティ対策ソ…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ID管理/ ID管理システムの導入状況(2018年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ID管理/ ID管理システムの導入状況(2018年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010323


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ