ID管理システムの導入状況(2018年)・前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

ID管理システムの導入状況(2018年)・前編

2018/10/04


 キーマンズネットは2018年8月17日〜9月20日にわたり、「ID管理システムの導入状況に関する調査」を実施した。全回答者数201人のうち情報システム部門が44.8%、製造・生産部門が11.9%、営業・販売・営業企画部門が14.0%、経営者・経営企画部門が6.5%などと続く内訳であった。

 今回は「業務で利用するID数」やID管理システムの「導入状況」「導入目的」、「導入しない理由」など、ID管理システムの導入状況を把握するための質問を展開。その結果、4年前の調査と比較して1人当たりの業務で利用するID数が増加傾向にあることや、それに伴いID管理システムの導入率が増加していることなどが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「ID管理/ID管理システムの導入状況(2018年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ID管理/ID管理システムの導入状況(2018年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

業務で使用するID数が「16個以上」のユーザーも……ID数は4年前から増加傾向に

 企業の成長とIT投資は切っても切り離せない要件となった現代において、社内外のシステムやサービスなど含め従業員1人当たりが利用するID数は増加の一途をたどっている。それを検証するために今回の調査ではまず「業務上利用しているIDの数」を聞いたところ「5〜6個」が27.9%、「7〜10個」が21.9%と上位2項目で半数近くの49.8%となり、業務では常時5〜10個のID数を持つユーザーが平均的であることが分かった。加えて「16個以上」というユーザーが全体の13.9%も存在していた(図1-1)。

 これを2014年に実施した調査と比較すると「2〜3個」が36.5%、「4〜5個」が32.6%と、当時は「2〜5個」がボリュームゾーンであったことが確認でき、この4年で従業員が業務で利用するID数が増加傾向にあることが分かった(図1-2)。当然のごとく利用ID数が増えるほどシステム部門で管理するID数も増え、いわゆる“幽霊ID”や“IDの使いまわし”などの情報漏えいリスクを低減するためにもID管理システムへのニーズが高まっていることが予測される。

図1 業務上利用しているIDの数(2018年・2014年)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 業務上利用しているIDの数(2018年・2014年)
このページの先頭へ

2

ID管理システム“導入意向”は47.3%、導入目的で一番多かった回答は?

 それでは、実際にID管理システムを導入する企業はどの程度存在するのだろうか。調査したところ「導入済み」37.3%、「導入予定」10.0%、「導入予定なし」52.7%と、導入済みと導入予定を合わせても“導入意向”のある企業は47.3%と半数を割り込む結果となった(図2-1)。しかし、2014年の同調査では全体の20.5%が導入済み、6.3%が検討中であったため、4年前から比較すると1.8倍ほど導入企業が増えていることになる。  

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ID管理/ID管理システムの導入状況(2018年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

ID管理」関連の製品

ユーザーID棚卸ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】 特権ID管理ソフト ManageEngine Password Manager Pro 【ゾーホージャパン】 Active Directory運用管理ツール ManageEngine ADManager Plus 【ゾーホージャパン】
ID管理 ID管理 ID管理
これまで手作業で行ってきたID棚卸の自動化を実現。 サーバ、データベース、ネットワーク機器、アプリケーションなど、組織の重要なITリソースの特権IDへのアクセスを自動化できる、Webベースの特権ID管理ツール。 Active Directory ID管理ソフト。使いやすい操作画面を備えており、人事異動や組織改編時のシステム部門の工数削減に寄与。

ID管理」関連の特集


J-SOX対応のためIT統制への取り組みは不可欠。IT統制の中でも重要な「ID管理」について、課題と…



開発環境や情報系システム、管理系システムの移行先として一般的な選択肢となったIaaS。では“基幹系シ…



今回は、表層的な利便性改善をはるかに超えるSSOの導入価値と、その仕組みを基礎からガッツリご紹介しま…


ID管理」関連のセミナー

重要情報を守る!〜特権IDアクセス管理の事例とポイント〜 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 10月17日(水),11月28日(水),12月14日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

企業の重要システムへ不正にアクセスするためにしばしば狙われるのが、情報システム上で高権限を持つ「特権ID」です。悪意のあるユーザが「特権ID」を利用して情報シス…

情報セキュリティ対策ソリューションはクラウドモノを使い倒せ! 【主催:NRIセキュアテクノロジーズ/共催:IMPERVA Japan/日本プルーフポイント/マクニカネットワークス/Netskope Japan】 締切間近 

開催日 10月18日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

ランサムウェア、標的型攻撃、DDoSといったサイバー攻撃は日々、高度化し続けています。セキュリティ人材の不足が叫ばれる中で、オンプレミスに情報セキュリティ対策ソ…

特権ID管理まるわかりセミナー:製品選定のポイントと活用事例 【NTTテクノクロス】  

開催日 10月18日(木),11月21日(水),12月6日(木),1月24日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

IT全般統制、J-SOX監査などの統制強化や、FISC安全対策基準、PCI DSSなどの各種法令ガイドラインにおいて、特権IDの管理は企業が取り組まなくてはなら…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ID管理/ ID管理システムの導入状況(2018年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ID管理/ ID管理システムの導入状況(2018年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010322


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ