星野リゾート:「やるやる詐欺」の情シスが3カ月で遂げたこと

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


星野リゾート:「やるやる詐欺」の情シスが3カ月でシステム改修を実現した理由

開発 2018/07/05

 「5人で社内全てのシステムやネットワークを見なければならない」星野リゾートの情報システム部は、会社の急成長で悲鳴を上げた。予約サイトの機能追加が追い付かなくなり、コミュニケーションの行き違いから「やるやる詐欺」という汚名を着せられたのだ。

 この汚名を返上し、短期での機能追加を実現するために活用したのがkintoneだった。結果的に、当初は12カ月かかるといわれていた開発期間を3カ月にまで短縮したという。何が功を奏したのか。2018年6月14日にサイボウズが開催した「kintone hive tokyo」では、星野リゾート グループ情報システム 前田 文子氏が登壇。「やるやる詐欺の情シスが3カ月で作った海外マーケット用決済システム」と題した講演で、当時の苦労や短期導入を実現した理由を語った。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

kintone/星野リゾート:「やるやる詐欺」の情シスが3カ月で遂げたこと」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「kintone」関連情報をランダムに表示しています。

kintone」関連の製品

クラウド型帳票基盤ソリューション SVF Cloud 【ウイングアーク1st】 クラウド型勤怠管理・交通費精算ソリューション 「kincone」 【ソウルウェア】 クラウドグループウェア 「サイボウズ ガルーン」 【サイボウズ】
帳票管理システム 勤怠管理システム グループウェア
国内1万8000社以上が導入する帳票システムのクラウドソリューション。既存帳票を利用した帳票設計、データソースと連携した帳票作成、帳票のデータ出力や直接印刷も可能。 交通系ICカードをタッチするだけで、タイムレコーダーとして出退勤情報を記録でき、同時に交通費情報も読み取り可能な、クラウド型勤怠管理・交通費精算ソリューション。 企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。

kintone」関連の特集


アイデアが競争力の源泉となる現代では、「走りながら考える」開発スタイルに対応したプロジェクト管理手法…



クラウドサービスを導入し事務所を廃止した事例を紹介。ネット上で情報共有・協働できる仕組みを取り入れ、…



IaaSやSaaSの導入を検討している人たちはどれくらいいる? 認知度ランキングも


kintone」関連のセミナー

Tsunagu for 奉行 ハンズオンセミナー 【日本電通】  

開催日 8月30日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

エクセルやキントーンから奉行シリーズへの転記を自動化・省力化することをご提案しています。エクセルやキントーンは大変、便利なツールです。しかし、データを整理するた…

kintone操作体験セミナー 【大塚商会/サイボウズ】  

開催日 8月21日(火),9月19日(水),10月17日(水),11月21日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

サイボウズ「kintone」は業務アプリを簡単に作れるクラウドサービスです。難しいプログラミングの知識がなくても、ExcelやAccessをお使いの方なら簡単に…

Tsunagu for 奉行 ハンズオンセミナー 【日本電通】  

開催日 8月22日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

エクセルやキントーンから奉行シリーズへの転記を自動化・省力化することをご提案しています。エクセルやキントーンは大変、便利なツールです。しかし、データを整理するた…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

kintone/ 星野リゾート:「やるやる詐欺」の情シスが3カ月で遂げたこと」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「kintone/ 星野リゾート:「やるやる詐欺」の情シスが3カ月で遂げたこと」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010305


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ