Sansanの全従業員がミッションに向かい続けるためのツールとは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Sansanの全従業員がミッションに向かい続けるためのツールとは?

情報共有システム・コミュニケーションツール 2018/07/02

 全従業員が顔を合わせて働く小規模な企業なら、組織との一体感は得やすい。また、従業員と組織との間に方向性の違いが生じても、すぐに対策が打てるだろう。ところが、企業規模が拡大して従業員数が増えると、組織と個人の目指すべきものをすり合わせることは難しい。

 名刺サービスを契機に急成長を遂げているSansanもこうした課題を抱えていた。全社のミッション達成に向けて従業員が尽力する社風がある一方で、自分のやるべきことが会社のミッションに貢献しているのか分からずエンジニアから「これは何のために作っているのか」という疑問が上がることもあったという。

 同社では、この問題に対処すべく「OKR」という仕組みを採用した。OKRとは「Objectives and Key Results」の略で、Objective(目的=なりたい姿や目指すべきゴール)と、それを実現するためのKey Results(カギとなる結果=目的実現の達成度を測る指標など)を決めることで、各社員が取り組むべきことを明確にする考え方のこと。Googleも採用する目標管理フレームワークだ。さらにOKRの仕組みを最大限に生かすツールの活用も進めている。今回はSansanの導入事例を通じ、OKRの効果を探ってみよう。急成長中の企業の従業員が、どのような目標を掲げているか、どのようなツールで意識を共有しているのか気になる人も必見だ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

OKR/Sansanの全従業員がミッションに向かい続けるためのツールとは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「OKR」関連情報をランダムに表示しています。

OKR」関連の特集


人事評価システムといっても、備わる機能は製品によってさまざまだ。今回は、実際のシステム画面を見ながら…


「その他情報共有システム関連」関連の特集


働き方改革の中でコミュニケーション基盤の更新とともに「Web電話帳」の導入が広がっている。事業者のシ…



チャットbotはto Bやto Cビジネスでの顧客接点で、人による対応負荷の削減と顧客満足度向上に役…



部下の成熟度レベルに合わせた指導を心がけ、コーチングの基本を理解する事が重要です。


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

OKR/ Sansanの全従業員がミッションに向かい続けるためのツールとは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「OKR/ Sansanの全従業員がミッションに向かい続けるためのツールとは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010301


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ