この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

クラウド会計ソフト

2018/06/26


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、MM総研の情報を元に、クラウド会計ソフトのシェア情報をご紹介しよう。

 MM総研の調査によれば、2018年3月末時点で会計ソフトを利用する国内の個人事業主のうちクラウド会計ソフトの利用率は、2017年12月から1.2ポイント増の14.7%となった。

 クラウド会計ソフトを認知しながらも、現在利用していない個人事業主(9056事業者)に今後の利用意向を確認すると、「今後利用したい(7.2%)」と「どちらかといえば今後利用したい(28.5%)」と回答した利用予備軍が合計35.7%だった。利用予備軍の事業継続年数は、2年未満が52.1%、2年以上5年未満が43.7%、5年以上20年未満が34.7%、20年以上が32.7%と、過去5回の調査同様、継続年数が短いほど利用意向が高い傾向となった。事業継続年数の若い個人事業主が、引き続き当該市場をけん引するとみられる。

 ベンダー別の市場占有率(利用事業者数ベース)を見ると、1位のベンダーが2017年12月時点から0.3ポイント増の55.4%、2位が同2.0ポイント減の21.1%、3位が同0.4ポイント増の16.5%、4位は同1.1ポイント増の3.7%となった。首位のベンダーは2015年12月の調査開始以来、常にシェア50%を超え、安定した評価を得ている。当該市場は、上位3社による寡占状態となっている。

 一方、PCインストール型の利用者や会計ソフトを利用していない層では当該製品を認知していないユーザーもいまだ数多く存在するとして、引き続きベンダーによる利用者拡大への取り組み強化が必要だ。

クラウド会計ソフトシェア

クラウド会計ソフトシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

クラウド会計ソフト/「クラウド会計ソフト」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「クラウド会計ソフト」関連情報をランダムに表示しています。

クラウド会計ソフト」関連の特集


 「e-文書法」をご存じだろうか。これはビジネスを行う上で必要な書類を電子化し、保存するための要件を…



2017年8月時点で、会計ソフトを導入する中小企業のうち、クラウド型を採用した企業は14.5%だった…



中小企業の身近な経営コンサルタントである街の会計事務所で80年代から愛用されてきた専用機。しかしシス…


「会計システム」関連の製品

Web経費精算システム MAJOR FLOW Z KEIHI 【パナソニック ネットソリューションズ】 交通費・経費精算クラウド 経費Bank II 【SBIビジネス・ソリューションズ】 経費精算ワークフロー for SuperStream-NX 【キヤノンITソリューションズ】
会計システム 会計システム 会計システム
交通費や交際費などの承認の決裁だけではなく、経費精算に関する業務自体の改善を支援するビジネスリフォーム機能満載の経費精算システム。 交通費・経費精算をスマートフォンやWebで申請できるクラウドサービス。駅すぱあと連携、仕訳データ出力、FBデータ作成ができ、作業時間の短縮、効率化が可能。 会計・人事ソリューションSuperStreamと連携して利用でき、将来的な拡張も可能な経費精算の申請・精算のソリューション。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

クラウド会計ソフト/ 「クラウド会計ソフト」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クラウド会計ソフト/ 「クラウド会計ソフト」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010287


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ