伸びる事業部門のIT支出、積極的な業界はどこ?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


伸びる事業部門のIT支出、積極的な業界はどこ?

基幹系システム 2018/05/22

 従来、企業におけるIT製品やサービスの導入などを担当するのは情報システム部門であり、そのための予算もIT部門に振り分けられることが多かった。しかし、ITを積極的に活用することで業務を効率化し、ビジネスのスピードを上げることを狙い、IT予算を持つ事業部門も増えている。

 IDC Japanの調査によれば、2018年の事業部門(Line of Business、LOB)によるIT支出は4.8兆円に達する。また、2016年から2021年の年間平均成長率(CAGR)を見ると、LOB部門による支出額の成長は、IT部門のそれを上回るようだ。

金融、製造、建設業界などで事業部門のIT投資が本格化

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

IT投資/伸びる事業部門のIT支出、積極的な業界はどこ?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT投資」関連情報をランダムに表示しています。

IT投資」関連の製品

ITIL準拠のITサービス管理基盤「SmartStageサービスデスク」 【クレオ】 IT部門、管理者、経営者全員にメリット 驚きのサービスデスク施策とは 【クレオ】 行動分析ソリューション「察知くん-G」 【ギガ+他】
サービスデスク プロジェクト管理 その他エンドポイントセキュリティ関連
過去、ITIL準拠のワークフロー導入に多くの人が失敗した原因は? 「ITILは自社の業務プロセスとマッチしていなかった」ということなら、今こそ再検討のタイミング! 問い合わせ対応に追われ疲弊するシステム運用管理担当。人、コスト共に待ったなしの状況をチャンスに変える施策がある。現場に限らず経営者にもメリットがある方法とは。 企業内のログデータや管理情報を統合的に分析し、不正につながる従業員の行動(リスク行動)をAIが検知し、アラート・分析レポートを提供する。

IT投資」関連の特集


OSSの利用状況に関するアンケート調査を実施!OSSの導入状況や導入きっかけ、導入メリットなどから、…



本格普及の一歩手前にあると言われるSOA。SIer/ベンダの最新動向や、クラウド系サービスとの関連に…



今後利用が拡大していくと見られる「「エンタープライズサービスバス(ESB)」市場。同製品の市場占有率…


「特定業種向けシステム」関連の製品

全銀TCP/IPアダプタ BroadZT 【ネットスプリング】 SEALS融資システム 【SCSK】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。 融資の申込み/契約の登録/融資実行/請求/回収/延滞債権の管理/ 返済条件の変更/決算処理/各種照会など、企業融資の業務全般をサポート。
貸金業社版、生命保険会社版を用意。
販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IT投資/ 伸びる事業部門のIT支出、積極的な業界はどこ?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IT投資/ 伸びる事業部門のIT支出、積極的な業界はどこ?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010282


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ