リモートアクセスツール市場はどこまで伸びるのか?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リモートアクセスツール市場はどこまで伸びるのか?

スマートデバイス 2018/05/15

 キーマンズネットの調査によれば、「働き方改革」に既に取り組んでいる企業は全体の約半数で、「ニーズを感じているが未着手」という企業もあわせると、ワークスタイルの改善意向を持つ企業は約8割に達する。また、働きやすい職場を実現することで、優秀な人材の維持や確保を期待する企業も多い。

図1 ワークスタイル変革への取り組み状況

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 ワークスタイル変革への取り組み状況
キーマンズネット「ワークスタイル変革への取り組み状況(2018年)」、有効回答数252件、調査期間2018年2月28日〜3月20日

 ミック経済研究所は、働き方改革によって市場が活性化したリモートアクセスサービスおよびDaaS(Desktop as a Service、クラウド型デスクトップ仮想化)の市場動向分析を発表した。同社によれば、人材不足を背景にリモートワークやテレワークへの対応が急速に進んでいる。

リモートアクセスツールが20%以上の成長曲線を描く

 リモートアクセスツールは、主に外部からPCを遠隔操作するためのツールを指す。ミック経済研究所によれば、ツール自体は2000年代前半から存在し、サーバやPCの遠隔管理やBCP対策として利用された。しかし、今、働き方改革によって再注目されている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

リモートアクセス/リモートアクセスツール市場はどこまで伸びるのか?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「リモートアクセス」関連情報をランダムに表示しています。

リモートアクセス」関連の製品

高まるリモートアクセスニーズに応える、新たな「コネクションブローカー」とは 【アシスト】 モバイルデバイスを「働き方改革」に生かし切る具体的な方法 【株式会社データコントロール】 LTE通信モジュール内蔵 VPNルーター FutureNet NXR-G100 シリーズ 【センチュリー・システムズ】
VDI リモートアクセス ルーター
高まるリモートアクセスニーズに応える、新たな「コネクションブローカー」とは 「働き方改革」実践術:デバイス管理&認証でモバイル活用を促進 LTE通信モジュール内蔵の企業向けVPNルーター。3大キャリア対応。M2M(Machine to Machine) / IoT(Internet of Things)に必要な耐環境性 / 高信頼性 / 低消費電力を備えている。

リモートアクセス」関連の特集


スパム、ウイルス、情報漏洩…セキュリティ担当者の悩みをまとめて解決してくれる「UTM」。基礎から最新…



ネットワークの中継機器ルータ。昨今のビジネス環境の変容を受けてルータもどのように進化しているのか?最…



2008年度市場規模は、数量で前年比40%増の420万ライセンス、金額で36.8%増の93億円とされ…


「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

リモートアクセス/ リモートアクセスツール市場はどこまで伸びるのか?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「リモートアクセス/ リモートアクセスツール市場はどこまで伸びるのか?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010279


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > リモートアクセス > リモートアクセスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ