国内SDN市場は今後5年間で3倍に成長、その要因とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


国内SDN市場は今後5年間で3倍に成長、その要因とは?

仮想化 2018/04/24

 仮想化技術を用いてネットワークの運用負荷やコスト負担を低減するSDN(ソフトウェア定義型ネットワーク)やNFV(ネットワーク機能仮想化)市場の成長が好調だ。IDC Japanの調査によれば、2017年の国内SDN市場は521億円規模まで拡大した。2022年には1759億円にまで市場規模が成長すると予測する。

図1 SDN市場の成長予測

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 SDN市場の成長予測
国内SDN市場 支出額予測、2017年〜2022年(出典:IDC Japan)

企業ネットワークにおけるSDN導入が急速に進む

 IDC Japanでは、SDN市場を「データセンターSDN市場」「キャリアSDN/NFV市場」「企業ネットワークSDN市場」という3つの適用領域別に分析する。いずれの領域も今後5年間で大きな成長が予測される。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SDN/国内SDN市場は今後5年間で3倍に成長、その要因とは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SDN」関連情報をランダムに表示しています。

SDN」関連の特集


今後、法人ユーザのクラウド利用拡大などにともない、SDN製品の導入が進んでいくと考えられる同市場。1…



硬直化したネットワークがサーバ仮想化における課題となる中、抜本的に解決する可能性を秘めた「ネットワー…



ネットワーク仮想化は以前から注目を集めていた技術だが、Windows Server 2012が標準対…


「SDN」関連の特集


 2016年1月14日、15日に開催された「SDN Japan 2016」のテーマの1つは、SDNや…



 2016年1月14日、15日の2日間に渡り、SDN(Software Defined Networ…



一般企業での導入例も見えてきたネットワーク仮想化。しかし、複数方式が並立し、コスト効果が分かりにくく…


「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SDN/ 国内SDN市場は今後5年間で3倍に成長、その要因とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SDN/ 国内SDN市場は今後5年間で3倍に成長、その要因とは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010267


IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ