働き方改革をしても「ぬるま湯職場」ができるだけ?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


働き方改革をしても「ぬるま湯職場」ができるだけ?
「働きがい」を考える

情報共有システム・コミュニケーションツール 2018/04/23

 多くの企業が実践し始めている「働き方改革」は、ともすると「働きやすさ」の追求だけに偏ってはいないだろうか。残業時間や業務効率など数値化できる指標を改善する一方で、数値化が難しい「働きがい」をどう捉え、改善していくか。

 イベント「Cisco Collaboration Summit 2018」(4月11日、主催:シスコシステムズ)では、それを考えるための手がかりになる講演が聞けた。Great Place to Work Instituteの日本における運営機関であるGreat Place to Work Institute Japan(以下、GPTWジャパン)の講演を見ていく。

「働きがい」とは何か

 「働きがいのある会社」ランキングは、GPTWが約50カ国で実施している大規模な意識調査。参加企業は7000社超、回答従業員数は500万人超を数える。表1はそのうち、日本国内の従業員数1000人以上の大規模部門のランキングだ。

表1 2018年版「働きがいのある会社」ランキング上位10社(国内、大規模部門)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

表1 2018年版「働きがいのある会社」ランキング上位10社(国内、大規模部門)
(出典:GPTWジャパン)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

コラボレーションツール/働き方改革をしても「ぬるま湯職場」ができるだけ?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コラボレーションツール」関連情報をランダムに表示しています。

コラボレーションツール」関連の製品

サイボウズ ガルーン 4 【サイボウズ】 「製品を入れれば解決」がID管理で通じないのはなぜか 【日本アイ・ビー・エム】 ポリコムビデオ会議ソリューション 【ポリコムジャパン】
グループウェア ID管理 テレビ会議/ビデオ会議
サイボウズが得意とする使い勝手と数万名規模で安定して稼働する信頼性、きめ細やかな管理機能を兼ね備えた大規模向けグループウェア。最新版ではモバイル活用ニーズに対応 当たり前のように使っている「ID」と「パスワード」だが、個人を特定する情報を整合性ある形で設計し、どのように管理・運用するかを改めて問い直すべき時期に来ている。 緻密な画像、色彩、質感を再現する映像や、ささやき声から大迫力の音楽まで伝達する音声により、遠隔地との円滑なコミュニケーションを実現するビデオ会議ソリューション。

コラボレーションツール」関連の特集


個人用のツールだと思われていたSkype。今や企業での活用が期待されています。企業利用における様々な…



教育用のマニュアル作りにげんなり、講習会のための全国行脚にウンザリ・・・そんなユーザ教育の無駄を解消…



地球の裏側から部長を遠隔監視……ではないけれど、移動せずに遠くの仲間と仕事ができると、どうなる? 使…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

コラボレーションツール/ 働き方改革をしても「ぬるま湯職場」ができるだけ?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「コラボレーションツール/ 働き方改革をしても「ぬるま湯職場」ができるだけ?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010262


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ