深刻化するセキュリティ運用の負荷増、マネージド市場が急成長

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


深刻化するセキュリティ運用の負荷増、マネージド市場が急成長

ネットワークセキュリティ 2018/04/17

 サイバー攻撃の多様化や深刻化に対抗するために、セキュリティ製品の高機能化が加速している。一方で、セキュリティにおける人材不足は大きな懸念事項だ。経済産業省が2016年にまとめた調査結果によれば、情報セキュリティ人材の不足は調査時点で13万2060人、2020年には19万3010人に達する(出典「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」平成28年6月10日)。

 このような背景の中、有望視される解決策の1つがセキュリティ業務のアウトソーシングだ。ミック経済研究所が「情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望 2018年度版」をまとめた。同レポートによれば、2018年度も高い成長が続く。

セキュリティ製品の高機能化で運用の複雑化が課題に

 ミック経済研究所では、情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場として14分野のセキュリティ関連サービスを定義する。2017年度の市場規模は前年対比119.9%の1156.1億円だった。2018年度は前年対比120.5%の1392.8億円まで成長するものと予測する。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

サイバー攻撃対策/深刻化するセキュリティ運用の負荷増、マネージド市場が急成長」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サイバー攻撃対策」関連情報をランダムに表示しています。

サイバー攻撃対策」関連の製品

クラウド基盤サービス NEC Cloud IaaS 【NEC】 クラウド型セキュリティサービス InterSafe GatewayConnection 【アルプス システム インテグレーション】 内部ネットワーク監視ソリューション「VISUACT」 【ギガ+他】
IaaS/PaaS その他ネットワークセキュリティ関連 統合ログ管理
高いコストパフォーマンス、高性能・高信頼が特長のIaaS。セルフサービスポータル画面から、ユーザー自身によりプロビジョニングや他社サービスまで含めた運用管理が可能。 クラウドのセキュアWebゲートウェイでのサイバー攻撃対策。Webフィルタリングやマルウェア配布サイトへのアクセス制御、C&Cサーバへの不正通信をブロックする出口対策。 ・ファイルサーバのアクセスログを生成する
・内部ネットワークに侵入したマルウェアの拡散活動を記録する

サイバー攻撃対策」関連の特集


社会不安を煽るサイバー攻撃。被害が相次ぐ標的型攻撃には従来の入口対策が通用しない?進化する攻撃とその…



中堅〜大企業では一般的な“データセンター活用”も、中小企業ではまだ進んでいないのが現実。一体ナゼなの…



データのバックアップは業務遂行において必要不可欠だ。しかし、バックアップを取るという手段がゴールにな…


サイバー攻撃対策」関連のセミナー

これからのエンドポイントセキュリティ選定支援セミナー 【マクニカネットワークス/シマンテック】  

開催日 5月18日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

サイバー攻撃対策として、近年注目を集めるエンドポイントセキュリティ対策ですが、各社から様々なタイプの製品が提供されており、製品の選定が非常に難しくなってきていま…

これからのエンドポイントセキュリティ選定支援セミナー 【マクニカネットワークス/シマンテック】 締切間近 

開催日 4月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

サイバー攻撃対策として、近年注目を集めるエンドポイントセキュリティ対策ですが、各社から様々なタイプの製品が提供されており、製品の選定が非常に難しくなってきていま…

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

サイバー攻撃対策/ 深刻化するセキュリティ運用の負荷増、マネージド市場が急成長」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「サイバー攻撃対策/ 深刻化するセキュリティ運用の負荷増、マネージド市場が急成長」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010261


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > WAF > WAFのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ