深刻化するセキュリティ運用の負荷増、マネージド市場が急成長

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


深刻化するセキュリティ運用の負荷増、マネージド市場が急成長

ネットワークセキュリティ 2018/04/17

 サイバー攻撃の多様化や深刻化に対抗するために、セキュリティ製品の高機能化が加速している。一方で、セキュリティにおける人材不足は大きな懸念事項だ。経済産業省が2016年にまとめた調査結果によれば、情報セキュリティ人材の不足は調査時点で13万2060人、2020年には19万3010人に達する(出典「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」平成28年6月10日)。

 このような背景の中、有望視される解決策の1つがセキュリティ業務のアウトソーシングだ。ミック経済研究所が「情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望 2018年度版」をまとめた。同レポートによれば、2018年度も高い成長が続く。

セキュリティ製品の高機能化で運用の複雑化が課題に

 ミック経済研究所では、情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場として14分野のセキュリティ関連サービスを定義する。2017年度の市場規模は前年対比119.9%の1156.1億円だった。2018年度は前年対比120.5%の1392.8億円まで成長するものと予測する。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

サイバー攻撃対策/深刻化するセキュリティ運用の負荷増、マネージド市場が急成長」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サイバー攻撃対策」関連情報をランダムに表示しています。

サイバー攻撃対策」関連の製品

セキュリティ調査で見えた、サイバーレジリエンスが高い企業と低い企業の差 【日本アイ・ビー・エム】 ネットワーク分離ソリューション 【アクシオ】 クラウド型セキュリティサービス InterSafe GatewayConnection 【アルプス システム インテグレーション】
フィルタリング その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
セキュリティ調査で見えた、サイバーレジリエンスが高い企業と低い企業の差 二要素認証、操作ログ、標的型攻撃対策、ファイル共有、ネットワーク分離を構成する各プロダクトと構築サービス。 クラウドのセキュアWebゲートウェイでのサイバー攻撃対策。Webフィルタリングやマルウェア配布サイトへのアクセス制御、C&Cサーバへの不正通信をブロックする出口対策。

サイバー攻撃対策」関連の特集


中堅〜大企業では一般的な“データセンター活用”も、中小企業ではまだ進んでいないのが現実。一体ナゼなの…



データのバックアップは業務遂行において必要不可欠だ。しかし、バックアップを取るという手段がゴールにな…



業務用PCを組織として保護する必要性は理解できたが、普通のバックアップでは容量も世代管理もままならな…


サイバー攻撃対策」関連のセミナー

高度化するサイバー攻撃対策はシステムと教育の両輪で! 【S&J/ヴイ・インターネット オペレーションズ】 締切間近 

開催日 7月20日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ますます高度化・巧妙化する標的型攻撃やランサムウェアへの対策に注目が集まっていますが、効果的な対策として示される“多層防御”にも複数社の製品を二重三重に導入する…

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

サイバー攻撃対策/ 深刻化するセキュリティ運用の負荷増、マネージド市場が急成長」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「サイバー攻撃対策/ 深刻化するセキュリティ運用の負荷増、マネージド市場が急成長」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010261


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > WAF > WAFのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ