絶対に理解できる「FIDO」の話 パスワードの弱点を克服する認証

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


絶対に理解できる「FIDO」の話 パスワードの弱点を克服する認証

エンドポイントセキュリティ 2018/04/04

 ネットバンキング、ネットショッピング、電子メール……オンラインで使用するサービスでは多くの場合、ログインの際に、IDとパスワードを使った認証を行います。一般的なこの認証方法は使いやすい一方で「パスワードが盗まれる」「ユーザーがパスワードを忘れる」という問題がありました。

 これを解決するために生まれた新たな認証方法がFIDO(Fast IDentity Online、ファイドと読む)です。パスワードに依存せず、代わりに生体情報を使った本人認証と公開鍵暗号方式を組み合わせて「本人であるかどうか」を確認します。どのような仕組みなのか、メリットは何か、FIDO仕様と認定プログラムの策定を行うFIDOアライアンスに伺いました。前編となる本稿では、FIDOの仕組みについて必ず理解できるように紹介します。また、後編では自社にFIDOを活用するという視点から、FIDOのメリットを紹介します。

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

(資料提供:FIDOアライアンス)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

FIDO認証/絶対に理解できる「FIDO」の話 パスワードの弱点を克服する認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「FIDO認証」関連情報をランダムに表示しています。

FIDO認証」関連の特集


 FIDOアライアンスは2016年12月8日、FIDO認証の「FIDO 1.1」仕様と今後のロードマ…



パスワードに依存しないオンライン認証方法として注目を集めるFIDO。ユーザーのメリットもさることなが…


「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

エンドポイントプロテクション製品 AppGuard Enterprise 【Safer Connected World 】 サイバー攻撃対応BCPソリューション 【日立ソリューションズ】 セキュリティをビジネスの文脈で語り、経営層の支持を獲得するテクニック 【サイバーリーズン・ジャパン】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
従来の検知型ではない、新しい概念でシステムを防御するエンドポイントプロテクション製品。1MB以下のエンジンで高速動作し、シグネチャなどの定期アップデートも不要。 サイバー攻撃に特化したBCPの計画・実施・運用・復旧計画までサポート。セキュリティ専任のコンサルタントが脅威分析から行動基準の策定まで支援する。 セキュリティをビジネスの文脈で語り、経営層の支持を獲得するテクニック

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

FIDO認証/ 絶対に理解できる「FIDO」の話 パスワードの弱点を克服する認証」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「FIDO認証/ 絶対に理解できる「FIDO」の話 パスワードの弱点を克服する認証」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010245


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ