名刺管理ツールの利用状況(2018年)・前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

名刺管理ツールの利用状況(2018年)・前編

2018/09/06


 キーマンズネットは2018年7月27日〜8月21日にわたり、「名刺管理ツールの利用状況に関する調査」を実施した。全回答者数363人のうち情報システム部門が40.8%、営業・販売・営業企画部門が13.5%、製造・生産部門が9.6%、経営者・経営企画部門が4.1%などと続く内訳であった。

 今回は「企業における名刺管理状況」から「個人管理の目的と管理方法」「名刺管理ツールの企業導入への希望」など、名刺管理の方法とツールの利用状況を把握するための質問を展開。現状、全体の8割が名刺を個人管理していることや、そのうちの約6割が企業での名刺管理ツール導入を希望していることなどが明らかとなった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「名刺管理/名刺管理ツールの利用状況(2018年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「名刺管理/名刺管理ツールの利用状況(2018年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

8割が名刺を個人管理……理由は「会社が名刺管理ツールを導入しないから」

 まず、会社でどのように名刺を管理しているかを聞いたところ、全体では「名刺フォルダで物理的に個人管理している」が66.7%、「スマートフォンアプリを使って個人管理している」が13.8%、「会社で導入している名刺管理ツールで管理している」が11.3%と続く結果となった(図1)。まとめると全体の80.5%が名刺を個人で管理していることとなり、従業員の名刺管理ツールを用いて企業が管理しているケースはまだ少数であることが分かった。

図1 名刺をどのように管理しているか

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 名刺をどのように管理しているか

 名刺を個人で管理する理由は何だろうか。意外なことに78.8%と大多数が「会社や部門が名刺管理ツールを導入しないため」であった。裏を返せば個人で管理する人の多くが、企業が主体となって名刺管理ツールによる管理を望んでいるということであり、従業員と企業の認識の差が明らかとなった。企業規模別で見ると、従業員規模1000人以上の企業の方が名刺管理ツールの導入を望んでいる傾向がやや強い。その他の理由としては「担当している顧客情報は自分で管理したいため」22.9%、「会社で名刺管理ツールを利用するメリットがよく分らないため」15.1%、「退職後、会社を移っても顧客とつながりを持ちたいため」6.5%、「会社で既に名刺管理ツールを導入しているが、個人管理の方が管理しやすいから」2.1%と続いた(図2)。

図2 個人で名刺を管理する理由

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 個人で名刺を管理する理由
このページの先頭へ

2

名刺管理アプリの利用メリット「データ化」「情報の自動更新」……もう1つは?

 名刺フォルダによる管理に次いで回答数が多い「スマートフォンアプリを使って個人管理している」と回答した人に対して、どのようなアプリを利用しているのかを尋ねたところ、「Eight」が68.0%と過半数を占め、続いて「Wantedly People」16.0%、「Evernote」6.0%、その他の意見には「CamCard名刺管理」が挙がる結果となった(図3)。

図3 使用している名刺管理アプリ(個人利用)

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

図3 使用している名刺管理アプリ(個人利用)

 名刺管理アプリを利用して個人管理する理由の一つに、名刺データをアプリで一括管理することで、自分だけの顧客データベースが作れ、必要な時に簡単に端末上でデータを参照、検索できるという利便性が考えられる。実際に名刺管理アプリを利用する人は、どこにメリットを感じるのだろうか。そこで、名刺管理アプリを利用して「便利だと感じる点」「不便だと感じる点」についてアンケート回答者から寄せられたフリーコメントを紹介しよう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

名刺管理/名刺管理ツールの利用状況(2018年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「名刺管理」関連情報をランダムに表示しています。

名刺管理」関連の製品

名刺のデジタル化だけでは作れない、「売れるしくみ」を構築するツール連携術 【サンブリッジ】 「セールス/マーケティング」関連製品/サービスのユーザーレビューを大募集 【アイティクラウド】 アデコに学ぶ名刺管理術、営業現場で年間約4200時間の工数を削減した秘訣 【サンブリッジ】
ファイル共有 CRM SFA
名刺のデジタル化だけでは作れない、「売れるしくみ」を構築するツール連携術 「セールス/マーケティング」関連製品/サービスのユーザーレビューを大募集 アデコに学ぶ名刺管理術、営業現場で年間約4200時間の工数を削減した秘訣

名刺管理」関連の特集


紙の電子化に役立つドキュメントスキャナで、今回は社内書類の“ビジネス自炊”にチャレンジ!シンプルな機…



営業マンはじめ多くのビジネスマンにとって名刺は仕事でのコミュニケーションの必須アイテム。相手の会社名…



IP-PBX導入の最大ネック「コスト」ハードルが下がった今、機動力を生かして音声/データ統合による業…


「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

名刺管理/ 名刺管理ツールの利用状況(2018年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「名刺管理/ 名刺管理ツールの利用状況(2018年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010198


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ