社内コミュニケーションツールの利用状況(2018年)・後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

社内コミュニケーションツールの利用状況(2018年)・後編

2018/08/09


 キーマンズネットは2018年6月26日〜7月27日にわたり、「社内コミュニケーションツールの利用状況に関する調査」を実施した。全回答者数295人のうち情報システム部門が45.1%、製造・生産部門が12.5%、営業・販売・営業企画部門が10.9%、経営者・経営企画部門が4.8%などと続く内訳であった。 

 今回は社内コミュニケーションツールの「利用目的」や「導入効果」、企業における「情報共有の問題点」など、社内コミュニケーションツールの利用状況や情報共有の課題を把握するための質問を展開。ツールの導入効果として「コミュニケーションの活性化」「業務効率化」「コストの軽減」などが挙げられる一方で「使いにくい」「利用者や利用頻度に差がある」「機能が制限されている」などに不満を感じていることも明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「ビジネスチャット、社内SNS/社内コミュニケーションツールの利用状況(2018年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ビジネスチャット、社内SNS/社内コミュニケーションツールの利用状況(2018年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

電話やメールの代替に!? ツール利用の目的1位は「業務連絡」との結果に

 前編では社内コミュニケーションツールが大企業を中心に全体の53.3%で利用されていることなどに触れたが、後編ではそもそもツールの利用目的とは何か、またその目的に照らし合わせて導入効果をどう評価しているのかなどを紹介する。
 
 はじめに社内コミュニケーションツールの利用目的について尋ねてみた。その結果「業務連絡」71.8%、「社内コミュニケーションの活性化」68.2%、「リアルタイムコミュニケーションによる会議の削減」39.5%、「ナレッジの共有」39.0%、「ビデオ通話、音声通話」35.9%と続いた(図1)。前編でツールの利用内訳を調査した際、社内SNSよりもビジネスチャットツールやその両方を利用している割合が高かった旨を紹介したが、このことからも社内コミュニケーションツールは電話やメール、会議といった従来型のコミュニケーションの代替として期待されていると予測できる。一方で「ナレッジの共有」や「プロジェクトの進捗管理」など情報をストックしながら共有をしていくコミュニケーションについてはビジネスチャットツールより社内SNSなどが適していると言えそうで、自社におけるコミュニケーションの課題とは何か、ツールで何を実現したいか、によって最適なツールを選ぶことが重要になってくるだろう。

図1 社内コミュニケーションツールの利用目的

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 社内コミュニケーションツールの利用目的
このページの先頭へ

2

こんなはずじゃなかった……!? 導入して見えてきた“効果”と“不満”の声

 それでは現在利用している社内コミュニケーションツールについて、主に導入や運用に関わった方はどのような効果があったと考えているのか。導入効果や感想を尋ねた。  

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ビジネスチャット、社内SNS/社内コミュニケーションツールの利用状況(2018年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビジネスチャット、社内SNS」関連情報をランダムに表示しています。

「社内SNS」関連の製品

ビジネスチャット 「LINE WORKS」 【ワークスモバイルジャパン】 ビジネスチャット 「ChatLuck(チャットラック)」 【ネオジャパン】 ビジネス版LINE LINE WORKS 【サテライトオフィス】
社内SNS 社内SNS 社内SNS
LINEと同じ見た目と機能を備えたビジネスチャットツール。LINEと連携もでき、なおかつビジネス利用を前提としたセキュリティ・管理機能・サポート体制が利用可能。 チャットアプリを中心にリアルタイムかつ効率的なコミュニケーションを実現。セキュリティなどビジネスに必要な機能を搭載。 ビジネス向けのアドオン機能を搭載でき、管理者によるアカウント管理など、一般向けのLINE以上のセキュリティ要件を満たしたビジネス版LINE。

「社内SNS」関連の特集


インスタントメッセンジャー(IM)=コンシューマ向けという概念はもはや過去のもの。企業向けIMを基礎…



社内SNSを活用した日報システムを導入した企業を紹介。メールでの日報共有に限界を感じていたが、業務報…



社内SNSは単に従業員同士の情報共有を効率的に行うツールではありません。他のツールと連携することで、…


「社内SNS」関連のセミナー

WorkStyle Innovation in 原宿 【大塚商会】 締切間近 

開催日 10月26日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

コミュニケーションツールや、簡単に作成できるクラウド版業務アプリを活用した働き方改革の事例をご紹介いたします!どのように働き方改革を実践できたか?さまざまなお客…

ビジネス版Facebook「Workplace by Facebook」活用セミナー 【サテライトオフィス】 締切間近 

開催日 10月23日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

※ビジネス版Dropboxセミナーと共同開催です!社内SNS/メッセンジャーで社内情報共有<ビジネス版Facebook :Workplace by Facebo…

業務効率を上げる!「LINE WORKS」活用セミナー 【コネクシオ/ワークスモバイルジャパン】  

開催日 11月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

国をあげて「働き方改革」への取り組みが本格化している昨今、多くの企業では、限られた労働時間内でいかに生産性高く働くことができるかが課題になっています。その解決の…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビジネスチャット、社内SNS/ 社内コミュニケーションツールの利用状況(2018年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビジネスチャット、社内SNS/ 社内コミュニケーションツールの利用状況(2018年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010195


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 社内SNS > 社内SNSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ