いよいよERPもクラウド移行が本格化か?今どきの「クラウドERP」の最新事情と導入ポイント

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

いよいよERPもクラウド移行が本格化か?
今どきの「クラウドERP」の最新事情と導入ポイント

2018/07/17

 ERPといえばオンプレミスのパッケージ製品が主流だったが、ここに来てクラウド型ERPの導入例が増えている。しかし「クラウドERP」と言っても、実際にはさまざまな特長を持つ製品や、提供形態がある。まずはクラウドERPがたどってきた進化の過程を紹介するとともに、製品やサービスの種類、提供形態と導入時のポイントについて簡単に整理したい。

ERP

※「ERP/いよいよERPもクラウド移行が本格化か?今どきの「クラウドERP」の最新事情と導入ポイント」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ERP/いよいよERPもクラウド移行が本格化か?今どきの「クラウドERP」の最新事情と導入ポイント」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1クラウドERPの進化の流れと提供形態

1-1パッケージ製品をIaaS環境上で稼働させる

 クラウド型のERPが普及し始めたのは、AWS(Amazon Web Service)をはじめとする大手クラウドベンダーのIaaSサービスが国内に本格上陸した2011〜2012年までさかのぼる。当時は、オンプレミスの環境で運用していたERPを、IaaS環境上に移行することで、ハードウェアの調達費や運用費を大幅に削減できるとされた。

 しかし、企業の基幹業務を担うERPの運用には、安定性や堅牢(けんろう)性が求められる。それをIaaS環境で確保するには、運用ノウハウが必要であり、それなりの運用負荷が掛かることが分かってきた。そこで登場したのが、IaaS環境でのERP運用をワンストップで請け負うマネージドサービスだ。これを活用することで、企業はERPの運用にかかわる作業の大部分をアウトソースできるようになった。

 ERPのマネージドサービスをベンダー自らが提供するケースも少なくない。例えば、国産ERPベンダーの代表格であるワークスアプリケーションズでは、2011年から早くも同社のERPパッケージ製品「COMPANY」のAWSでの運用をサポートするとともに、同社自らマネージドサービスを提供している。(図1)

図1 「COMPANY Cloud Managed Service」 をAWSで実現した際の構成図
図1 「COMPANY Cloud Managed Service」 をAWSで実現した際の構成図
資料提供:ワークスアプリケーションズ

+拡大

1-2SaaS型のクラウドERP製品の登場

 続いて登場するのが、ERPパッケージを単にIaaS環境に載せるのではなく、クラウドサービスでの提供を前提として設計、開発されたSaaS型のERP製品だ。その当時は、コンシューマー向けサービス業界でSaaSが定着したが、ビジネスアプリケーションの分野でも「Salesforce」や「Microsoft Office365」といった月額課金型のクラウドサービスが普及し始め、ERPの世界でも同様の製品やサービスが登場した。

 ERP市場において大手企業の需要が一巡し、新規案件が伸び悩む中、ERPベンダー各社は新たな市場を開拓すべく、中堅・中小企業向け製品に注力し始めた。ただ、中堅・中小企業はコスト意識が高く、ERPはハードルが高かった。そこで、考えられたのがSaaS型での提供だ。オンプレミス型のパッケージ製品とは異なり、SaaS型サービスなら自社でシステムを構築することなく初期投資も抑えられ少ない投資で始められるため、中堅・中小企業でも手軽に導入できるのが売りだった。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ERP/いよいよERPもクラウド移行が本格化か?今どきの「クラウドERP」の最新事情と導入ポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

ERP」関連の製品

サポート切れに困惑するERPユーザー、調査で分かった生の声 【SCSK】 基幹業務最適化ソリューション 「AvantStage」 【キヤノンITソリューションズ】 建設工事業向けERPソリューション 「ガリバーシリーズ」 【あさかわシステムズ】
ERP ERP ERP
サポート切れに困惑するERPユーザー、調査で分かった生の声 各企業の業務方式や運用形態に応じて、SuperStream、mcframe、FOREMAST、Asprovaといった導入実績多数の国産ERPパッケージを自由に組み合わせて利用できるソリューション。 全国850社以上の豊富な稼働実績を誇るERPシステム。建設工事業の基幹業務(見積もり、受注、予算、発注、支払、請求、入金、会計、人事、給与、物販)をトータルサポート。

ERP」関連の特集


 今回は、IT活用の大きなテーマを「業務の効率化」「事業の強化・開発」「経営の見える化」の3つに絞り…



IFRS強制適用の延期が発表され、ERPへの企業の反応にも変化が!そして、円高やタイの洪水の影響から…



膨大なデータの処理や制御を行うためにAIの技術は不可欠である。富士通が志向するAIは「人に寄り添う」…


ERP」関連のセミナー

ExcelやAccessの業務をシステム化するdbSheetClient 静岡会場 【ニューコム】 締切間近 

開催日 8月23日(木)   開催地 静岡県   参加費 無料

多くの企業を回り、気づかされることは、ERPや業務パッケージソフトでは、現場の要求を対応し切れないために、現場では、ExcelやAccessを活用してそれらを…

収益管理手法とグローバルERP活用セミナー 【京セラコミュニケーションシステム/インフォアジャパン】  

開催日 9月10日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

市場のさまざまな変化にともない競争が激化している自動車部品業界において、グローバルでの経営力の強化の必要性は日々増している状況です。その中でも収益管理の改善は大…

建設工事業「働き方改革」  個別相談会も開催 【主催:東芝ソリューション販売/共催:あさかわシステムズ】  

開催日 8月29日(水),8月30日(木)   開催地 神奈川県   参加費 無料

*開 催 日:8月29日(水)と8月30日(木) 2回開催*開催時間:第1部:10:30〜12:00、第2部:13:00〜14:30、第3部:15:00〜16:…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ERP/ いよいよERPもクラウド移行が本格化か?今どきの「クラウドERP」の最新事情と導入ポイント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ERP/ いよいよERPもクラウド移行が本格化か?今どきの「クラウドERP」の最新事情と導入ポイント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010180


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ