「RPAをお祭り騒ぎにはしない」三菱東京UFJ、RPAへの全力投球

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


「RPAをお祭り騒ぎにしては意味がない」三菱東京UFJ銀行、RPAへの“全力投球”

情報システム 2018/03/20

 働き方改革の一助になるとして熱い視線を集めているRPA(Robotic Process Automation)。そのRPA活用の国内での先駆者として知られているのが三菱東京UFJ銀行だ。「RPAを一時のお祭り騒ぎにしては意味がない」の言葉にもあらわれた確固たる意志を持って、全力投球の改革を見せる。本稿では、同社のRPA導入の経緯と、そこから得られた活用ノウハウなどについて、三菱東京UFJ銀行デジタル企画部 上席調査役の西田良映氏に話を聞いた。同氏が語った、企業規模問わず参考にしたいRPA活用の極意や「RPAとマクロとの決定的な違い」も紹介しよう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

RPA/「RPAをお祭り騒ぎにはしない」三菱東京UFJ、RPAへの全力投球」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「RPA」関連情報をランダムに表示しています。

RPA」関連の製品

製造業向け クラウド対応ERPパッケージ i-PALET生産管理 【BSNアイネット】 なし崩しのRPA導入が企業にもたらす多大なセキュリティリスクとは 【株式会社クレオ】 純国産RPAソフト Robo-Pat(ロボパット) 【FCEプロセス&テクノロジー】
ERP BPM その他PCソフト関連
製造業向けに特化したERPパッケージ。個別受注/見込み生産の両形態に対応し、生産進捗状況が一目で確認できる。IoT/M2MデータやRPAなどと連携したシステム構築も可能。 なし崩しのRPA導入が企業にもたらす多大なセキュリティリスクとは 高度な画像認識にもとづく学習・実行で、システム、ソフトウェア、Webブラウザ、アプリなどの種類を問わず、業務の自動化が可能なRPA(Robotic Process Automation)製品。

RPA」関連の特集


調査で明らかになったデジタル変革進展の「壁」。事業創出に期待を掛ける大企業と効率化を求める中小企業。…



日本生命のとある部門で働くRPA「ロボ美ちゃん」。2016年には入社式まで行われ、話題をさらった。導…



 ガートナージャパンは10月12日、「日本におけるロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)…


RPA」関連のセミナー

さわってみよう!RPA ビギナー編 〜ロボットと働く社会へ〜 【MRIバリューコンサルティング・アンド・ソリューションズ】  

開催日 4月13日(金),4月18日(水),4月26日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

RPA(Robotic Process Automation)という言葉がだいぶ定着してきました。工数削減の切り札として紹介されがちですが、実際どのように活用す…

『働き方改革』何から始める?〜RPAで実現する未来〜 【MRIバリューコンサルティング・アンド・ソリューションズ】  

開催日 5月9日(水),5月24日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

『働き方改革』の実現の1つとしてRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)が大変注目を集めています。しかし、何から始めたらよいか悩んでいる企業様も多いの…

【5/29東京開催】働き方改革ソリューションセミナー 【日本電気】  

開催日 5月29日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

■働き方改革ソリューションセミナー 〜始めてみませんか?「働き方改革」へのAI&RPA活用〜少子高齢化による労働人口の減少、長時間労働の是正といった社会課題に対…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

RPA/ 「RPAをお祭り騒ぎにはしない」三菱東京UFJ、RPAへの全力投球」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「RPA/ 「RPAをお祭り騒ぎにはしない」三菱東京UFJ、RPAへの全力投球」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010170


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ