2018年、セキュリティ対策の投資先で人気なのは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


セキュリティ被害に遭った自覚、大企業で高く――
2018年、セキュリティ対策の投資先は?
【実態調査から見る2018年 7つのITトピックス】

ネットワークセキュリティ 2018/02/13

 キーマンズネットでは、読者1549人を対象に「ITへの投資状況に関するアンケート調査」(2017年12月11〜19日)を行った。

 調査結果を踏まえ、キーマンズネット編集部が2018年に注目すべき7つのITトピックスを選定、「働き方改革」「改正個人情報保護法、GDPR対策」「Windows 10導入」「セキュリティ対策」「業務効率改善(RPA導入など)」「データ活用」「AI(人工知能)活用」について、その実態を1カ月にわたり、順次掲載する。

 第4回である本稿では「セキュリティ対策」に関する調査結果を見ていく。

●調査結果サマリー

・2017年にセキュリティ脅威に遭った自覚のある方は27.3%、うち9.9%は被害を受けている
・セキュリティ対策上の課題は“人材不足”と“コスト増”が中心
・ランサムウェア対策を求められている企業は全体の44.4%
・今後導入予定のセキュリティ製品は「アンチウイルス」「次世代ファイアウォール」「メール誤送信対策」が上位に

2017年にセキュリティ脅威に遭った自覚アリは27.4%

 2017年はランサムウェアの「WannaCry」や「Petya」が登場、世界中で猛威をふるった1年であった。他にも無線LANの通信規格「WPA2」に脆弱(ぜいじゃく)性が見つかったり、大手航空会社が取引先を装ったメールにだまされ、多額の費用を入金し損害を被ったりと、相変わらず企業をとりまくセキュリティ脅威とその対策は予断を許さない状況にある。

 そこで、まず企業におけるセキュリティ被害の実態を探るべく、「この1年(2017年)で、何らかのセキュリティ被害に遭った、もしくは水際で食い止めたような経験はあったか」を聞いた。結果は全体の9.9%が「被害に遭った」と回答、「被害を水際で食い止めた」が17.5%、「被害には遭ってない」が62.0%、「分からない」が10.6%となった(図1)。

 「被害に遭った」「被害を水際で食い止めた」という回答を合計すると、全体の27.4%が何らかの攻撃を受けたことを自覚しているようだ。また、従業員規模別に見ると従業員規模が大きい方が、被害に遭ったと回答する割合が高かった。一方、100人以下の中小企業では全体平均を9.5ポイント上回る71.5%が、被害には遭っていないと認識している。

図1 2017年におけるセキュリティ被害の有無

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 2017年におけるセキュリティ被害の有無

 では実際に何らかの攻撃を受けた方は、どのような攻撃手法に遭ったのだろうか。その内容を見ると、全体では「外部からのサイバー攻撃」が71.0%、「内部の人為的なミスによる被害」が29.2%、「内部犯行による被害」が5.4%、「その他」が12.0%であった(図2)。

 外部からのサイバー攻撃については従業員規模による差はあまりなかったものの、内部犯行による被害を見ると、100人以下の中小企業では1.4%、5001人以上の企業が9.9%と、その差は8.5ポイントにも上った。従業員数が増えるほど、個人の動きを管理しづらくなる傾向にあり、悪意をもった内部関係者が混入しても気付きにくいことが起因していると推測される(大企業ほどブラックマーケットで価値の高いデータを有している、という場合もあるが)。これは、社員全員が顔見知りのような中小企業とは大きく異なるポイントだろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

セキュリティ対策/2018年、セキュリティ対策の投資先で人気なのは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ対策」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティ対策」関連の製品

デバイスの利用禁止/接続先ネットワークの制限 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 既知・未知・標的型の攻撃を高精度で検出、いまモバイル端末に必要な防御技術は 【シマンテック】 ハイブリッドクラウドセキュリティの3要素:統一アプローチが必要な理由とは? 【ジュニパーネットワークス】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 ファイアウォール
スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限
Wi-Fi制御、VPN利用の強制
マルウェア対策製品と連携し、感染PCのネットワーク通信を自動遮断、感染拡大を防止
既知・未知・標的型の攻撃を高精度で検出、いまモバイル端末に必要な防御技術は ハイブリッドクラウドセキュリティの3要素:統一アプローチが必要な理由とは?

セキュリティ対策」関連の特集


「境界領域」、「内部ネットワーク」、「エンドポイント」に分け、それぞれでチェックすべきセキュリティ…



高価で大手企業向きというイメージが強いアイデンティティ管理ツールに変化が?その基本機能から、最新事情…



メルマガはユーザサポートとして役立つだけでなく、新規顧客の獲得や新製品・新サービスの宣伝・告知手段と…


セキュリティ対策」関連のセミナー

進化し続けるサイバー攻撃や内部不正などのリスク対策とは 【グローバルセキュリティエキスパート/カーボン・ブラック・ジャパン/Sky/サイバネットシステム】 締切間近 

開催日 10月25日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

サイバー攻撃の高度化により、シグネチャベースのアンチウイルスで攻撃を完全に防止することは、もはや不可能になっています。そのため、攻撃をうけていることをできる限り…

クラウド時代に求められるMcAfee-Skyhighによるセキュリティ対策 【マクニカネットワークス】  

開催日 11月1日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

クラウド利用が進んでいないと言われる日本企業でも、新規アプリケーションを検討する場合、56%の企業でクラウドファーストでサービス検討をしています(McAfee調…

情報セキュリティ対策ソリューションはクラウドモノを使い倒せ! 【主催:NRIセキュアテクノロジーズ/共催:IMPERVA Japan/日本プルーフポイント/マクニカネットワークス/Netskope Japan】  

開催日 11月15日(木)   開催地 福岡県   参加費 無料

ランサムウェア、標的型攻撃、DDoSといったサイバー攻撃は日々、高度化し続けています。セキュリティ人材の不足が叫ばれる中で、オンプレミスに情報セキュリティ対策ソ…

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

セキュリティ対策/ 2018年、セキュリティ対策の投資先で人気なのは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「セキュリティ対策/ 2018年、セキュリティ対策の投資先で人気なのは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010141


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > UTM > UTMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ