ワークスタイル変革の取り組み状況に関する調査(2018年)・後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

ワークスタイル変革の取り組み状況に関する調査(2018年)・後編

2018/04/26


 キーマンズネットは2018年2月28〜3月20日にわたり、「ワークスタイル変革への取り組み状況に関する調査」を実施した。全回答者数252人のうち、情報システム部門は37.3%、製造・生産部門が17.9%、営業・販売部門が9.9%、総務・人事部門が5.2%などと続く内訳であった。  

 今回は「ワークスタイル変革に関連した組織のルール・仕組み」や「ワークスタイル変革に関連するITツールやソリューションの導入状況」「ワークスタイル変革に関する意見や見解」など、企業におけるワークスタイル変革の進め方を具体化するための質問を展開。ワークスタイル変革では4社に1社が就労規則や勤怠管理の仕組みから着手することなどが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「ワークスタイル変革 比較/ワークスタイル変革の取り組み状況に関する調査(2018年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ワークスタイル変革 比較/ワークスタイル変革の取り組み状況に関する調査(2018年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

ワークスタイル変革、4社に1社が「就労規則」「勤怠管理」の見直しから着手

 前編では約半数の企業でワークスタイル変革の取り組みを推進している現状を取り上げたが、本稿では具体的にどのような方法で取り組みを始めているのか掘り下げていく。まずは「ワークスタイル変革に関連した組織のルール作り、仕組み作りで実施・検討中のもの」としてどのような事項があるのか聞いてみた。その結果、「実施予定はない」を除く項目を合計した「実施済みまたは実施検討中」で見ると「勤怠管理の見直し」67.1%、「就労規則の見直し」66.3%、「会議体運営ルールの見直し」57.9%、「業務報告方法の見直し」58.7%、「内線網設備の見直し」47.6%と続いた(図1)。  

 内訳を見ると「実施済み」では「勤怠管理の見直し」25.8%、「就労規則の見直し」23.0%と割合が高く、およそ4社に1社が実施済みであることが伺える。「検討中」では「業務報告方法の見直し」25.4%、「会議体運営ルールの見直し」24.2%と、こちらも同様に4社に1社が検討していた。一方で「内線網設備の見直し」については52.4%と過半数の企業で「実施予定はない」との回答であった。まずは就労規則と勤怠管理を見直し柔軟な労働形態を実現することから始め、次に会議の運営ルールや業務報告方法など実運用面での方針を見直し、最後にインフラ面(内線網の見直し)を整備するという順番で、ワークスタイル変革への投資が進められていると予測される。  

図1 ワークスタイル変革に関連した組織のルール作り、仕組み作りで実施・検討中のもの

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 ワークスタイル変革に関連した組織のルール作り、仕組み作りで実施・検討中のもの
関連リンク

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ワークスタイル変革 比較/ワークスタイル変革の取り組み状況に関する調査(2018年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークスタイル変革 比較」関連情報をランダムに表示しています。

ワークスタイル変革 比較」関連の特集


ワークスタイル変革は女性活用やダイバーシティ・マネジメントにおいても重要な要素となりうる。どのような…



ワークスタイル変革には生産性の向上など様々なメリットが見込まれるが、特に日本ではBCP対策の観点も欠…



各社とも捉え方が違うBYODを改めて整理しながら、ワークスタイル変革にBYODが与えるインパクトを考…


「テレビ会議/ビデオ会議」関連の製品

ポリコムビデオ会議ソリューション 【ポリコムジャパン】 低コストで小規模なミーティングスペースを有効活用する方法 【レノボ・ジャパン】 IT担当者がいない海外拠点にも安心して導入可能、TOTOが選んだコラボツールとは 【IIJグローバルソリューションズ】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議
緻密な画像、色彩、質感を再現する映像や、ささやき声から大迫力の音楽まで伝達する音声により、遠隔地との円滑なコミュニケーションを実現するビデオ会議ソリューション。 低コストで小規模なミーティングスペースを有効活用する方法 IT担当者がいない海外拠点にも安心して導入可能、TOTOが選んだコラボツールとは

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ワークスタイル変革 比較/ ワークスタイル変革の取り組み状況に関する調査(2018年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ワークスタイル変革 比較/ ワークスタイル変革の取り組み状況に関する調査(2018年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010135


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ