筋電位センサーで作る「脳内読み取り機」とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2018/05/18
ウソ?ホント?……みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #173

「あなたの頭の中を読むデバイスが登場する」って本当?

ちまたの諸説は

 スマホやスマートスピーカーの音声アシスタントは便利だけど、声に出さないで頭の中に浮かんだ言葉を伝えられたらもっと楽チン。
 そんな要望に応えて、ユーザーの頭の中を読み取る小型デバイスが開発中で、遠からず実現するかもしれないというが……。
 それって本当?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当
脳波を読み取ることで、思考や感情など読み取れるデバイスが出てきてもおかしくない。
(30代・男性)

脳波を読み取るのではないかと。ヨコシマな考えは思い浮かべるだけでも大変なことに。今のうちから禅を学ぼうっと。
(50代・男性)

表情や声色の変化を学習させてメンタルがどう変化したか推定させるのはできそうな気がする。
(40代・男性)

ウソ
機嫌の読み取りくらいならもうできそうだけど、細かいものはまだ無理なのでは?
(30代・男性)

脳内活動を信号として取り出すことはできるかもしれないが、それを言葉に結び付けるのは難しいだろう。また、誤動作の恐れがありユーザーインタフェースとしては危険。
(60代・男性)

脳科学の医療分野では、脳の部位ごとの働きが分かりつつあるが、記録されている内容を文字化、映像化するのはさすがに無理。これができれば『夢』が録画できる。
(60代・男性)
生活が便利になるね
まさに描いていた未来の世界って感じになりますね。早くそんなデバイスが登場してほしいです。
(20代・男性)

人の思考速度は音声に比べて圧倒的に速いので、音声に(あるいはキーボード入力)することが情報伝達のボトルネックになっている。このデバイスができれば伝達速度が飛躍的に速くなり、情報革命がおこるかも。
(50代・男性)

車の運転中に思い浮かんだことを文字におこすのは手間がかかるので、こういうデバイスが実現しているならぜひ活用したい!
(30代・女性)
小型デバイスでそれはムリ
技術的にはできそうですが、小型のウェアラブルデバイスでは難しいと思います。何はともあれ、人に読み取ってほしいことだけを表すことができればいいですが、知られたくないことも読み取られたら困りますね。
(50代・男性)

でかい脳波を読み取る機械みたいなのならできそうだけど、小型は無理じゃないかな。
(40代・女性)
簡単に読まれてたまるか
妄想(ゆめ)を読まれたくありません(笑)。
(40代・男性)

ダメだダメだと思うほど余計なことを考えてしまいそうで怖い。
(40代・男性)

あれこれ人に言えないことを思って、これがあからさまになるなんて紛争の種でしかない。はっきりと嫌です。
(60代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ITシステム変更管理ソフトウェア Netwrix Auditor 【ラネクシー】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】 OpenText ECM <文書&コンテンツ統制管理ソリューション> 【オープンテキスト】
統合ログ管理 アンチウイルス 文書管理
ネットワーク上に蓄積されたActive Directoryやファイルサーバなどのさまざまな変更ログを一元管理し、セキュリティ情報や稼働情報などのレポートを自動生成。 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 契約書や証憑書類、オフィス文書、画像、動画、更に企業で蓄積されるノウハウや知識情報など多彩なコンテンツを業務プロセスに紐づけて管理・活用できる情報統制・共有基盤

新着特集


人事管理システムのリプレース意向が増加傾向。背景には働き方改革やクラウド移行の思惑が見えてきた。



業務の煩雑さを解消して業務を効率よくまわしたいだけなのに、なぜか多くの企業が失敗を経験するのがERP…



仮想通貨NEM流出事件で注目の「ダークウェブ」。犯罪行為の温床になっているその仕組みの実態から、本来…


新着セミナー

実事例やハッキングデモから学ぶサイバーセキュリティ対策 【ニュートン・コンサルティング】  

開催日 8月29日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込み)

サイバーセキュリティへの取り組みは数年前に比べると格段に向上してきているものの、被害を受けて記者会見沙汰になってしまう企業も少なくないのが近年の現状としてありま…

実事例やハッキングデモから学ぶサイバーセキュリティ対策 【ニュートン・コンサルティング】  

開催日 9月7日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込み)

サイバーセキュリティへの取り組みは数年前に比べると格段に向上してきているものの、被害を受けて記者会見沙汰になってしまう企業も少なくないのが近年の現状としてありま…

FDA Part11対応システムマイグレーションセミナー 【主催:NTTデータビジネスシステムズ 共催:NTTデータイントラマート】  

開催日 7月27日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

米国FDA(Food and Drug Administration:食品医薬品局)の連邦法第21章第11条として、21 CFR Part11ガイダンスが199…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 筋電位センサーで作る「脳内読み取り機」とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 筋電位センサーで作る「脳内読み取り機」とは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30010114



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ