筋電位センサーで作る「脳内読み取り機」とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2018/05/18
ウソ?ホント?……みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #173

「あなたの頭の中を読むデバイスが登場する」って本当?

ちまたの諸説は

 スマホやスマートスピーカーの音声アシスタントは便利だけど、声に出さないで頭の中に浮かんだ言葉を伝えられたらもっと楽チン。
 そんな要望に応えて、ユーザーの頭の中を読み取る小型デバイスが開発中で、遠からず実現するかもしれないというが……。
 それって本当?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当
脳波を読み取ることで、思考や感情など読み取れるデバイスが出てきてもおかしくない。
(30代・男性)

脳波を読み取るのではないかと。ヨコシマな考えは思い浮かべるだけでも大変なことに。今のうちから禅を学ぼうっと。
(50代・男性)

表情や声色の変化を学習させてメンタルがどう変化したか推定させるのはできそうな気がする。
(40代・男性)

ウソ
機嫌の読み取りくらいならもうできそうだけど、細かいものはまだ無理なのでは?
(30代・男性)

脳内活動を信号として取り出すことはできるかもしれないが、それを言葉に結び付けるのは難しいだろう。また、誤動作の恐れがありユーザーインタフェースとしては危険。
(60代・男性)

脳科学の医療分野では、脳の部位ごとの働きが分かりつつあるが、記録されている内容を文字化、映像化するのはさすがに無理。これができれば『夢』が録画できる。
(60代・男性)
生活が便利になるね
まさに描いていた未来の世界って感じになりますね。早くそんなデバイスが登場してほしいです。
(20代・男性)

人の思考速度は音声に比べて圧倒的に速いので、音声に(あるいはキーボード入力)することが情報伝達のボトルネックになっている。このデバイスができれば伝達速度が飛躍的に速くなり、情報革命がおこるかも。
(50代・男性)

車の運転中に思い浮かんだことを文字におこすのは手間がかかるので、こういうデバイスが実現しているならぜひ活用したい!
(30代・女性)
小型デバイスでそれはムリ
技術的にはできそうですが、小型のウェアラブルデバイスでは難しいと思います。何はともあれ、人に読み取ってほしいことだけを表すことができればいいですが、知られたくないことも読み取られたら困りますね。
(50代・男性)

でかい脳波を読み取る機械みたいなのならできそうだけど、小型は無理じゃないかな。
(40代・女性)
簡単に読まれてたまるか
妄想(ゆめ)を読まれたくありません(笑)。
(40代・男性)

ダメだダメだと思うほど余計なことを考えてしまいそうで怖い。
(40代・男性)

あれこれ人に言えないことを思って、これがあからさまになるなんて紛争の種でしかない。はっきりと嫌です。
(60代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

クラウド化最大の障壁“データベース移行”を安全かつ確実に実現するには 【エニシアス】 自治体や大規模製造業でも選ばれる高速で安定した無線通信環境の最適解 【エイチ・シー・ネットワークス】 専門家の知見をリスク回避に活用、モバイルアプリ脆弱性診断サービスの実力 【ネットムーブ】
データベースソフト 無線LAN 検疫
クラウド化最大の障壁“データベース移行”を安全かつ確実に実現するには 自治体や大規模製造業でも選ばれる高速で安定した無線通信環境の最適解 専門家の知見をリスク回避に活用、モバイルアプリ脆弱性診断サービスの実力

新着特集


多くの回答者が自然災害リスクへの対応を実施。しかし、実際に経験した障害はまったく別のものだった。



システム同士を連携させるAPI、今では数多くの公開APIが利用できる“APIの銀行”となる存在も登場…



「クラウドファースト」から「パブリッククラウドファースト」に。2018年の国内パブリッククラウドサー…


新着セミナー

さわってわかる! 人工知能-機械学習講座<初級編> in Tokyo 【グランバレイ】  

開催日 11月9日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 1万800円(税込)

規模を問わず、さまざまな企業が人工知能・機械学習のビジネス活用に対し真剣に取り組み始めている今、「ビジネスの視点から人工知能・機械学習の活用方法について具体的に…

さわってわかる! 人工知能-機械学習講座<初級編> in Tokyo 【グランバレイ】  

開催日 11月16日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 1万800円(税込)

規模を問わず、さまざまな企業が人工知能・機械学習のビジネス活用に対し真剣に取り組み始めている今、「ビジネスの視点から人工知能・機械学習の活用方法について具体的に…

RPAカンファレンス 〜デジタルレイバーと共創するワークスタイル 【TDCソフト】  

開催日 12月4日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

第4回RPAカンファレンス『RPAを活用して、多様化する人事・総務業務に備えよう 〜デジタルレイバーと共創するワークスタイル〜』 少子高齢化に伴い労働人口が急速…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 筋電位センサーで作る「脳内読み取り機」とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 筋電位センサーで作る「脳内読み取り機」とは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30010114



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ