自分でデータを集めて最適化を実現する「自己競争AI」とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

自分でデータを集めて最適化を実現する「自己競争AI」とは?

2018/05/23


 最新キーワードを5分で理解するこのコーナー、今回のテーマは「自己競争により学習を行うビジネス向けAI技術(以下、この記事では自己競争AIと呼ぶ)」です。今回は、サプライチェーンの「発注課題」に着目してAI群の競争と協調により在庫・欠品コストが約1/4にまで低減できる可能性を示しました。多くの事業所や企業が関わりながら、お互いの状況や出方が分からない現実のビジネス現場において、利益を最大にする方法を探りだすためのAI活用研究の一端を紹介しましょう。

自己競争AI

※「自己競争AI/自分でデータを集めて最適化を実現する「自己競争AI」とは?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「自己競争AI/自分でデータを集めて最適化を実現する「自己競争AI」とは?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「自己競争AI」って何?

 日立製作所研究開発グループの基礎研究センタが開発に取り組む、実際のビジネスでの意思決定に適用しやすいAI利用技術の1つ。複数のAIからなるAI群をいくつか用意し、AI群同士を互いに競わせる中で学習を進め、 不確定要素の多いケースでも、課題に対して最適なビジネス戦略の発見につながることが期待できる技術だ。まだ一般用語でもなく商標でもないが、本記事ではこれを「自己競争AI」と呼ぶことにする。

■ビジネス課題へのAI適用研究

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2018/6/30まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で2名様
 ASUS タブレット「ZenPad 10 Z301M-WH16」  
●A賞:抽選で1名様
 ダイソン 空気清浄機能付ヒーター 「HP 00 WS」 
●C賞:抽選で1名様
 Google Home 
●D賞:抽選で1名様
 酒グラスコレクション 冷酒セット(金箔)  
●E賞:抽選で5名様
 Amazon 使える商品は1億種以上「Amazonギフト券 5000円分」 

このページの先頭へ
関連キーワード

自己競争AI/自分でデータを集めて最適化を実現する「自己競争AI」とは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「自己競争AI」関連情報をランダムに表示しています。

「SCM」関連の製品

クラウド型間接材調達支援サービス 【富士通コワーコ】
SCM
用度品、備品、事務用品等の経費による調達業務の課題を解決し、「業務工数」と「年間調達コスト」、「ITコスト」を総合的に削減するクラウドサービス。

「SCM」関連の特集


2007年度では国内出荷金額が前年比10%増の15億4000万円と、堅調な伸びを示している「APS(…



アイ・ティ・アールの調べによると、市場規模が2007年度に前年比29%増の成長が見込まれているSCE…



小売り大手ウォルマートが食品業界横断でブロックチェーンをお試し中。日本でもサプライチェーンでの取引台…


「SCM」関連のセミナー

【第二期】現場の見える化が物流を制す 【内田洋行】  

開催日 6月14日(木),7月5日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

コスト削減と品質向上を両輪で進める必要のある物流現場において、現状を評価し、問題点を特定するために、KPIはなくてはならないものです。一方で、現場の情報がとれな…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

自己競争AI/ 自分でデータを集めて最適化を実現する「自己競争AI」とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「自己競争AI/ 自分でデータを集めて最適化を実現する「自己競争AI」とは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30010101


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > SCM > SCMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ