Watson AIとコンテナ技術の使いどころ、管理のポイント

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Watson AIとコンテナ技術の使いどころ、管理のポイント

情報システム 2018/05/16

 2018年5月14日、日本IBMは自社ソリューションの最新動向として、日本国内でのワトソン&クラウドプラットフォーム事業の事業方針を明らかにした。これは2018年3月にIBMがイベント「Think 2018」発表した内容を基に、日本での展開を整理したもの。

 ポイントは「Watson Data & AI」としてデータ基盤関連のソリューションとAI関連のソリューションを統合して展開すること、アプリケーションコンテナを軸としたクラウドネイティブなオーケストレーションツールに対応し、レガシーでステートフルなアプリケーションについても、クラウドシフト支援を強化することの2点だ。

Watsonは学習データ整備環境を1サービスに統合

 まず、「Watson Data & AI」では“AI Readyなデータ基盤”と位置付けられる「Watson Studio」の提供、Core ML向け学習モデル開発のための「IBM Watson Services for Core ML」、対話型アプリケーション向けサービスである「Watson Assistant」を強化する。さらに、社外で運用できないデータやシステムをカバーするものとして、Watson Studioのプライベートクラウド版「IBM Cloud Private for Data」を展開する予定だ(2018年5月末発表予定)。

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

Watson Data & AIの全体像

 日本IBM ワトソン&クラウドプラットフォーム事業部門では、これらそれぞれについて専門のエンジニアを配置して日本市場で本格展開する。特にWatsonの適用に関しては、産業別のアプローチを強化する計画で、パートナーのさまざまなソリューションに組み込んで提要する方法も検討しているという。移行でそれぞれを見ていく。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

AI事例/Watson AIとコンテナ技術の使いどころ、管理のポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「AI事例」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】
コールセンター/CTI
Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。PCにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。

「コールセンター/CTI」関連の特集


意外と知らない、導入形態ごとの構築期間の違いや、規模ごとに異なる機能へのマストこだわりポイントまで・…



膨大なデータの処理や制御を行うためにAIの技術は不可欠である。富士通が志向するAIは「人に寄り添う」…



顧客の利便性を向上させ、サービスの均質化・高度化を図るコンタクトセンタとは何か?簡単アニメでサクッと…


「コールセンター/CTI」関連のセミナー

チャットボット・AIで実現する業務効率化と、失敗しない活用法 【オウケイウェイヴ】 締切間近 

開催日 10月25日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

チャットボットやAIを導入検討する企業が増えてきています。しかし、ただ該当ソリューションを導入すれば良いのではなく、自社の特性や体制・将来的な運用イメージに合わ…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

AI事例/ Watson AIとコンテナ技術の使いどころ、管理のポイント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「AI事例/ Watson AIとコンテナ技術の使いどころ、管理のポイント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010097


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ