企業におけるIT予算の使い道(2018年)・後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

企業におけるIT予算の使い道(2018年)・後編

2018/06/14


 キーマンズネットは2018年4月19日〜5月10日にわたり、「2018年度のIT予算の使い道に関する調査」を実施した。全回答者数169人のうち情報システム部門が44.4%、製造・生産部門が17.8%、営業、販売、営業企画部門が8.9%、経営者、経営企画部門が3.6%などと続く内訳であった。

 今回は「現場がIT予算の投資を求める業務分野」や「IT予算の振り分け予定分野」「ユーザー部門独自のIT予算の振り分け先」など、企業がどの分野にIT予算を振り分ける予定なのかを尋ねた。2018年度はIT予算もユーザー部門の独自予算も「クライアントPC環境の見直し」に予算が振り向けられる予定であることなどが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「IT投資/企業におけるIT予算の使い道(2018年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「IT投資/企業におけるIT予算の使い道(2018年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

IT予算の投資先は「業務プロセスの変革」「セキュリティ管理」に要望集まる

 前編で2018年のIT予算が2017年度と比べて全体で増加傾向にあると解説したが、後編では具体的にどこにIT予算が振り分けられるのかを見ていこう。まず2018年度のIT予算について「どの業務分野に予算をかける必要があるか」を聞いたところ、1位は「業務プロセスの変革」63.9%、2位は「セキュリティ管理」43.2%、3位は「新サービス(商品)開発」35.5%と続く結果となった(図1)。

図1 どの業務分野に予算をかける必要があるか

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 どの業務分野に予算をかける必要があるか

 中小企業から大企業まで従業員規模を問わず、現場は「業務プロセスの改善」を企業に求めている。顧客に対してより高い価値を提供するためには、生産性の向上を図り常に業務の改善や改革を行う必要があるのは当然のこと。しかし、経営や役職層に特に求められているのは新しい企業戦略に適合した組織体制の構築と業務フローや業務プロセスを円滑に運用するための業務構造を提示することだろう。ITを効果的に活用することで、既存業務にかける工数の多くを軽減できるだろうが、本当に生産性を上げるためには、ITを活用しながらも業務フローやプロセスの改善を考える必要があるはずだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

IT投資/企業におけるIT予算の使い道(2018年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT投資」関連情報をランダムに表示しています。

IT投資」関連の製品

市場調査で見えた、金融イノベーションに求められるストレージインフラの条件 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 そのVDI、設計通り動いていますか? 包括的分析で見えたVDI設計の落とし穴 【レイクサイド ソフトウェア】 いますぐロボット化できる業務は? RPA導入を考えたい6つの分野 【ソフトバンク コマース&サービス】
その他ストレージ関連 統合運用管理 その他情報システム関連
市場調査で見えた、金融イノベーションに求められるストレージインフラの条件 VDI導入企業で最も多い意見が「思っていたよりパフォーマンスが出ない」ことだという。さまざまな原因は思い付くものの、実際にそれを調べる手段があるのだろうか? いますぐロボット化できる業務は? RPA導入を考えたい6つの分野

IT投資」関連の特集


グループウェアのメリットは分かっていても「本当に活用できるのだろうか…」という不安を抱かれる人も少な…



2010年度、金額ベースで前年比19.0%増の125億円であった「レイヤ4-7スイッチ」市場。同製品…



システム老朽化と業態変化による“現状の業務フローとの食い違い”が課題だった宇宙用部品などの開発支援企…


IT投資」関連のセミナー

ライセンス監査はもう怖くない!? 【主催:アシスト】  

開催日 10月11日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

ベンダからのライセンス監査対応と、企業全体のIT資産管理によるコスト最適化の実現手法をご紹介します! 企業のIT資産は物理から仮想、クラウド活用など複雑さを増し…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IT投資/ 企業におけるIT予算の使い道(2018年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IT投資/ 企業におけるIT予算の使い道(2018年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010090


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ