仕事で使うチャットアプリ、どれを選ぶべき?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

無料プランも! 仕事で使えるチャットアプリ 3選
〜Slack、ChatWork、LINE WORKS

2018/04/02

  1対1、1対多、多対多のリアルタイムコミュニケーションを可能にするのがチャットツール。それをビジネス用途に限定し、コンプライアンスに気を配る企業に導入しやすくしたのがビジネスチャットツールだ。企業のメール中心のコミュニケーション文化を変革し、働き方改革への取り組みの選択肢としても注目される同ツール。今回は、その概略を、製品の具体例をあげながら紹介していく。

ビジネスチャット

※「ビジネスチャット/仕事で使うチャットアプリ、どれを選ぶべき?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ビジネスチャット/仕事で使うチャットアプリ、どれを選ぶべき?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1ビジネスチャットの基礎

 仕事用メールを使っていて、「受信トレイ」が単なる共有事項の連絡やシステムからの通知などばかりで、「急ぎの」「すぐに特定の人から返事が欲しい」といったメールを埋もれさせてしまった経験はないだろうか。あるいは上司からの重要な連絡が「迷惑メール」に振り分けられており、全く見逃してしまった、というようなケースもあるだろう。  

 さらに、小売り店舗などのスタッフを多数抱えている組織では、PCやメールそのものを全員が持っているわけではないため、個々のスタッフに直接連絡を取る手段が電話やFAXしかなく、すぐに連絡できないというケースもあるだろう。 

 こうした問題に対して、特定の人からの連絡を漏らさず迅速に受けるのにぴったりなツールが、スマホからも使えるチャットツールだ。中でも「仕事で使える」と銘打っているアプリであれば、管理上の問題も少ないので、使い勝手が良い。

1-1分かりやすい特徴はUIとソーシャル文化

 何よりもメールとはUI(ユーザーインタフェース)が違う。例えば図1を見てみよう。これはビジネスチャットツールでも特異なUIだが、見覚えのある人が多いだろう。LINEの画面そのままだ。実はこの画面、ワークスモバイルのビジネスチャットツール「LINE WORKS」の画面。LINEの操作性をそのまま仕事でも利用できるツールなのだ。画面の作りや入力画面のデザインはメールの操作と全然違うことが分かるだろう。

図1 LINE WORKSのチャット画面例
図1 LINE WORKSのチャット画面例
図2 チャットワークのチャット画面例
図2 チャットワークのチャット画面例

 図1では業務用のExcelファイルを送信している。送信相手からの感想や意見がすぐに返ってくる様子が分かる。図2は別のビジネスチャットツール「チャットワーク」の画面例だ。会議の予定を参加予定者に伝え、4分後には出席の返答が返ってきている。

   会話の中身にも注目してほしい。まずはその文面に形式ばったところがない簡素さが、メールに比べて際立っていないだろうか。また相手の顔のアイコンが見えるところも分かりやすい。さらにLINEスタンプは文字入力をしなくてもある程度の気持ちが伝えられるし、ちょっと楽しい空気感を醸し出してくれている。他のビジネスチャットツールにはスタンプ機能はないが絵文字を送信して拡大して表示してくれる機能などが備わっている場合がある。  

 これがメールだったらどうだろう。おそらく送る側も返信する側も少なくとも3倍以上の文字量が必要になるのではないだろうか。定型のあいさつ文を付けたり、文章のトーンもかなりかしこまったものにしておかなければいけない。社内ならたかが文章のトーンで怒られることもないだろうが、社外とのやりとりではメールであまりくだけた調子の文章は不適切だ。しかしチャットには、社内外を問わず、また年齢、職掌、性別、国籍、全ての属性を超えて、共通のトーンで語り合える文化がある。そもそも長文が入力しにくいという制約から出発し、プライベート領域で育まれた文化だ。これに拒否反応を示す年配社員はいて当然かもしれない。しかし慣れれば連絡や通知、返信の手間が激減するので、そこさえわかってもらえれば使ってもらえる可能性は高い。  

 またメッセージ受け取りから返信までの時間がメールに比べるとかなり短くなるのも特徴だ。これも文化の問題だが、メールなら数時間空いても気にならないが、チャットでは数分以内に反応がないと少し違和感がある。それがよいことなのかどうかはさておき、事実としてチャットは相手の反応を速く引き出せる特徴がある。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ビジネスチャット/仕事で使うチャットアプリ、どれを選ぶべき?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビジネスチャット」関連情報をランダムに表示しています。

ビジネスチャット」関連の製品

法人向けオンラインストレージ DirectCloud-BOX 【ダイレクトクラウド】 クラウド版ビジネスチャットサービス TEんWA(テンワ) 【テンダ】 ビジネスチャット 「ChatLuck(チャットラック)」 【ネオジャパン】
オンラインストレージ/ファイルストレージ 社内SNS 社内SNS
社内外でファイルを効率よく安全に共有・管理。「ユーザー数無制限」の法人向けオンラインストレージ。 「高セキュリティ」「管理の容易さ」「大容量ストレージ」「大容量ファイルのアップロード対応」とコミュニケーションツールに不可欠な条件をクリアするビジネスチャット。 チャットアプリを中心にリアルタイムかつ効率的なコミュニケーションを実現。セキュリティなどビジネスに必要な機能を搭載。

ビジネスチャット」関連の特集


仕事で使っても大丈夫なチャットツール、たくさん種類があるけれど、何がどう違う?機能一覧、ライセンス、…



グループウェアも社内ブログもうまく使いこなせなかった……いろいろと経験したみんなが「社内SNS」に注…



ビジネスチャットツールとSNSの違いは? ビジネスチャットツールを使って効果的にコミュニケーションを…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビジネスチャット/ 仕事で使うチャットアプリ、どれを選ぶべき?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビジネスチャット/ 仕事で使うチャットアプリ、どれを選ぶべき?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30010069


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 社内SNS > 社内SNSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ