顔認証システムでプライバシーを保護する馬は実在するか

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2018/03/23
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #166

「顔認証技術はもはや人間だけに使うのではない! その対象は馬」ってホント?

ちまたの諸説は

 生体認証技術の中でもかなりポピュラーとなっている顔認証。さまざまなシーンに使われているが、もはや使い道は人間の顔のみではないのだという。
 顔認証技術を使う対象は「馬」! いろいろと煩雑なことの多い競走馬の育成・管理に顔認証技術が採用され始めているのだとか。
 ……コレって本当?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当
個体管理の必要な動物は、既に顔や体の特徴で識別できている。今は人中心だが、動物でも同じこと。
(60代・男性)

牛もありうるけど、競走馬の方が血統を重視しそうだからなぁ。
(50代・男性)

動物も生物学者や動物園の飼育員から見た「ら1匹ずつ顔が違う」って分かるらしいから、技術的には可能なのでは?
(30代・男性)

競走馬は何度見ても見分けられない。でもAIならばできる気がする。
(40代・男性)
ウソ
動物の顔を識別できるのかな? 人から見たらどれも同じ顔にしか見えないけど……そもそも馬に顔認証させるってどんな時に使うんだろう?
(20代・男性)

馬の顔認証は技術的にはできると思うけど、経済的なメリットがなかったら、そんな研究はしないと思う。
(50代・男性)

馬が人間の表情を見分けるというのは知っていますが、認証できるほど全ての馬の顔のつくりが違うとは思えない……。
(40代・女性)

人間でも双子や兄弟は間違えたりするから動物は難しいと思う。模様で判別とかの方がまだできそうな気がする。
(40代・女性)
鶏じゃない?
馬の顔って一緒じゃネ?
(50代・男性)

見分けがつきにくいから。
(40代・女性)
豚じゃない?
豚なら顔が見分けられそうな気がする。
(40代・男性)
牛じゃない?
馬は大量放牧することがないけど、牛や羊は超広大な敷地に大量に放牧するのがあるので個体特定の必要性がありそう。
(40代・男性)

馬でも牛でもいいんだけど、放牧している家畜の管理がタグでなくてもよくなるというのは便利だと思う。
(30代・男性)

量と値段のバランスを考えると,馬よりも牛の方がありそう。
(50代・男性)

牛なら、投資に対してそれなりに利益が見込めそうな気がする。競走馬もありそうだけど、頭数が少ないし、そもそも厩務員さんなら顔を覚えられそう。
(50代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

販売管理・生産管理システム Hi-PerBT KIT3 【日立ソリューションズ西日本】 Hi-PerBT ウェブ購買・購買管理(製造業向け) 【日立ソリューションズ西日本】 2500店舗以上が導入、アパレルの商習慣を極めたクラウドサービスとは 【ジェイモードエンタープライズ+他】
販売管理システム EDI IaaS/PaaS
システム構造化された部品群(テンプレート)を組み合わせることで、短期間・低コストで構築できる販売管理・生産管理システム。 製造業で必要な生産材、消耗品、設備などの購入手配に対応した購買業務改善パッケージ。依頼部門からの購入申請、上長承認など購買業務の効率化を短期間・低コストで実現。 2500店舗以上が導入、アパレルの商習慣を極めたクラウドサービスとは

新着特集


機械学習や深層学習といったAI技術を採用に活用するケースが増えてきた。本来は、人が担うべき領域と考え…



不用意にUSBメモリに個人情報を入れまま紛失してしまい、情報漏えいにつながる事件が後を絶たない。すぐ…



外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比5.4%増。前回調査から半年で上…


新着セミナー

プロジェクトマネジメント(PRINCE2)入門セミナー 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 10月10日(水),11月5日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

英国生まれのプロジェクトマネジメント手法である「PRINCE2」は欧州や国連をはじめとした多くのプロジェクトで採用されていますが、日本ではまだ認知度が低くご存じ…

プロジェクトマネジメント(PRINCE2)入門セミナー 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 10月24日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

英国生まれのプロジェクトマネジメント手法である「PRINCE2」は欧州や国連をはじめとした多くのプロジェクトで採用されていますが、日本ではまだ認知度が低くご存じ…

セキュリティセミナー 【ジュニパーネットワークス】  

開催日 10月9日(火),11月13日(火),12月11日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

日々新たな脅威にさらされるネットワーク。市場からの要求も変化を続ける中、検討や導入に時間をかける猶予は許されません。本セミナーではすぐに実践可能かつ包括的なソリ…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 顔認証システムでプライバシーを保護する馬は実在するか」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 顔認証システムでプライバシーを保護する馬は実在するか」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30010032



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ