この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2018/02/23
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!ウワサのIT都市伝説

噂の伝説ファイル #162

「もうすぐAIと会話が通じなくなっちゃうかも」って本当?

ちまたの諸説は

 昨今のAI(人工知能)の進化は目覚ましいものがある。
 人間がTwitterの1ツイート分(140字)以上の文字を読まなくなってきた……なんて話もある中、いよいよAIは人間と話の通じないレベルに進化してしまったというウワサが。
 これって本当?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当
AI同士で会話をさせたら、未知の言語で会話し始めたらしいですね。
(20代・男性)

AIの頭が良過ぎるので、おばかな人類とは話があわないとか?
(50代・男性)

人間同士でも頭が良い人は会話が通じないことがよくあります。AIと人の間でもそのようなことが起きるでしょう。AIと普通の人との間に入って通訳する仕事ができるかも。
(50代・男性)

人間は考えることを「面倒だ」と思い始めてしまうのでは。適切な環境を提供されてしまうと追従型の行動をとるようになるから。
(60代・男性)

効率を追求した場合、人間が認識できるインタフェースである必要性はない。下位互換としての人間向けインタフェースは当然残るでしょうが。
(40代・男性)
ウソ
もともとは人間が生み出したものなので、人間に理解できない言語を使う、というのはナンセンスですね。言語を創り出すほどクリエイティブにはなれないでしょう。
(50代・男性)

今だって通じてるかと言われたら微妙だもの。最初から通じてないに1票。
(30代・女性)

そもそも今もきちんとコミュニケーションできているのか疑問。
(30代・女性)

親が幼児の話を一生懸命聞こうとするようにAIが人間の言うことを極力理解しようとするだろうから。
(50代・男性)

大人が子どもと話すとき、ちゃんとそれを意識して話すじゃないですか。AIだって、わきまえると思います。だって、AIだもの。
(50代・男性)
人間と話す気もなくなるのでは
自分でやった方が早い。AIだって「人間サマのご機嫌取りなんてしたくない」となるかもしれませんね。なんとも人間くさい。
(30代・男性)

知識量で圧倒されている上、ヘタな人間よりウイットに富んだ会話ができていますからね。
(40代・男性)

シンギュラリティに達するのも時間の問題。もはや、AIは人間と話す気がしなくなっちゃうのかも?
(60代・男性)

AIの方が、頭がよくなってしまうので、AIは無駄なことを排除したくなってしまうのでは。
(60代・男性)

テクノロジーが進化しても、誰も私の相手してくれない状況は変わらないのか……。
(40代・男性)
そこまでは進化しないと思う
人間が創り出したモノを食わせてるわけだから、限りなく人間に近づくことはできても、話が通じなくなるってことはないのでは?
(30代・男性)

「もうすぐ」ではなく、もっと先の未来であれば可能性があるような……。
(40代・女性)

AIは人間が学習させないとただのおばかだから。
(50代・男性)

まだ完全な会話ができるAIはできていない。
(50代・男性)
顔色をうかがう能力の方が大事
空気を読むAIが出現したら脅威になると思う。
(40代・男性)

顔色のうかがい方も学習して「今はあの人には話しかけない方が…」みたいなアドバイスをしてくれるAIができたりして。
(50代・男性)

進化というなら人間の意志をくみ取って欲しいと思う。
(50代・男性)

支配されていないように支配してほしいなぁ。
(40代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IT部門の“重荷”にならないマルチクラウド体制の作り方 【ヴイエムウェア+他】 いまさら聞けない、ソフトウェア定義データセンター(SDDC)の基礎知識 【ヴイエムウェア+他】 日本最大級のゴルフポータルのマーケティング基盤を加速したETLツールとは? 【Talend】
統合運用管理 データセンター運用 ETL
IT部門の“重荷”にならないマルチクラウド体制の作り方 いまさら聞けない、ソフトウェア定義データセンター(SDDC)の基礎知識 日本最大級のゴルフポータルのマーケティング基盤を加速したETLツールとは?

新着特集


どうしても対策が後手に回るサイバー攻撃。脅威の浸入や行動を検知して対策につなげる「EDR」が注目を集…



インクジェットプリンタの2017年国内出荷台数は前年比3.0%減の62万台。家庭用は年賀状需要がある…



チャットbotはto Bやto Cビジネスでの顧客接点で、人による対応負荷の削減と顧客満足度向上に役…


新着セミナー

「新規顧客開拓を強化する、インサイドセールスの設計とは?」 【ランドスケイプ】 締切間近 

開催日 6月26日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

「新規顧客開拓。受注社数が伸びなくて困っている。」「営業活動。見積提出案件が少なくて困っている。」「マーケティング活動。見込度合いを高められずに困っている。」今…

KEL Virtualization First 2018 in 札幌 【主催:兼松エレクトロニクス/共催:ヴイエムウェア/日本ヒューレット・パッカード】  

開催日 7月24日(火)   開催地 北海道   参加費 無料

『Software-Defined Data Center』への関心が高まる中、私どもKELではネットワークやストレージの仮想提案の機会が高まっております。今回…

関西セキュリティセミナー 【日本情報通信】  

開催日 7月20日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

今回のセミナーでは、標的型攻撃対策としてDDI×QRadar SIEM を自社導入した事例について当社情シス担当者が語ります。導入し運用する立場だからこそわかる…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ AI「人類と会話するのがあほらしい」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ AI「人類と会話するのがあほらしい」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30010028



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ