この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2018/02/23
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!ウワサのIT都市伝説

噂の伝説ファイル #162

「もうすぐAIと会話が通じなくなっちゃうかも」って本当?

ちまたの諸説は

 昨今のAI(人工知能)の進化は目覚ましいものがある。
 人間がTwitterの1ツイート分(140字)以上の文字を読まなくなってきた……なんて話もある中、いよいよAIは人間と話の通じないレベルに進化してしまったというウワサが。
 これって本当?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当
AI同士で会話をさせたら、未知の言語で会話し始めたらしいですね。
(20代・男性)

AIの頭が良過ぎるので、おばかな人類とは話があわないとか?
(50代・男性)

人間同士でも頭が良い人は会話が通じないことがよくあります。AIと人の間でもそのようなことが起きるでしょう。AIと普通の人との間に入って通訳する仕事ができるかも。
(50代・男性)

人間は考えることを「面倒だ」と思い始めてしまうのでは。適切な環境を提供されてしまうと追従型の行動をとるようになるから。
(60代・男性)

効率を追求した場合、人間が認識できるインタフェースである必要性はない。下位互換としての人間向けインタフェースは当然残るでしょうが。
(40代・男性)
ウソ
もともとは人間が生み出したものなので、人間に理解できない言語を使う、というのはナンセンスですね。言語を創り出すほどクリエイティブにはなれないでしょう。
(50代・男性)

今だって通じてるかと言われたら微妙だもの。最初から通じてないに1票。
(30代・女性)

そもそも今もきちんとコミュニケーションできているのか疑問。
(30代・女性)

親が幼児の話を一生懸命聞こうとするようにAIが人間の言うことを極力理解しようとするだろうから。
(50代・男性)

大人が子どもと話すとき、ちゃんとそれを意識して話すじゃないですか。AIだって、わきまえると思います。だって、AIだもの。
(50代・男性)
人間と話す気もなくなるのでは
自分でやった方が早い。AIだって「人間サマのご機嫌取りなんてしたくない」となるかもしれませんね。なんとも人間くさい。
(30代・男性)

知識量で圧倒されている上、ヘタな人間よりウイットに富んだ会話ができていますからね。
(40代・男性)

シンギュラリティに達するのも時間の問題。もはや、AIは人間と話す気がしなくなっちゃうのかも?
(60代・男性)

AIの方が、頭がよくなってしまうので、AIは無駄なことを排除したくなってしまうのでは。
(60代・男性)

テクノロジーが進化しても、誰も私の相手してくれない状況は変わらないのか……。
(40代・男性)
そこまでは進化しないと思う
人間が創り出したモノを食わせてるわけだから、限りなく人間に近づくことはできても、話が通じなくなるってことはないのでは?
(30代・男性)

「もうすぐ」ではなく、もっと先の未来であれば可能性があるような……。
(40代・女性)

AIは人間が学習させないとただのおばかだから。
(50代・男性)

まだ完全な会話ができるAIはできていない。
(50代・男性)
顔色をうかがう能力の方が大事
空気を読むAIが出現したら脅威になると思う。
(40代・男性)

顔色のうかがい方も学習して「今はあの人には話しかけない方が…」みたいなアドバイスをしてくれるAIができたりして。
(50代・男性)

進化というなら人間の意志をくみ取って欲しいと思う。
(50代・男性)

支配されていないように支配してほしいなぁ。
(40代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「ファイルのDNA」を解析するAIセキュリティ 大手企業も導入するその実力とは 【Cylance Japan株式会社】 オンプレミスからの安易なクラウド移行は成功しない――移行/運用計画の注意点 【エクイニクス・ジャパン】 マルチクラウド間をつなぐ、災害復旧にも有効なソフトウェア・デファインド接続 【エクイニクス・ジャパン】
その他エンドポイントセキュリティ関連 IaaS/PaaS SDN
「ファイルのDNA」を解析するAIセキュリティ 大手企業も導入するその実力とは オンプレミスからの安易なクラウド移行は成功しない――移行/運用計画の注意点 マルチクラウド間をつなぐ、災害復旧にも有効なソフトウェア・デファインド接続

新着特集


定型業務の自動化に効果があるとされるRPA(Robotic Process Automation)。…



 2018年9月6日、北海道胆振東部で大規模な震災が発生しました。被災された皆さまには心よりお見舞い…



コンセント不要で充電・給電可能なマイクロ波空間伝送技術を利用した「ワイヤレス電力伝送(WPT)」。驚…


新着セミナー

Webセミナー「業務のペーパレス化による導入効果」 【アシストマイクロ】  

開催日 10月15日(月),10月29日(月),11月12日(月),11月26日(月),12月10日(月)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

業務のワークフロー化を検討するとき、まずはじめに思い浮かぶのは紙の申請書類などで運用している業務ではないでしょうか。このような業務をデジタルベースでの運用に切り…

マーケティングオートメーション活用ミニ勉強会 【ネットイヤーグループ】 締切間近 

開催日 10月5日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

最近ではマーケティングオートメーション(MA)という言葉も浸透し、その効果を期待しMAツールを導入する企業も増え続けています。しかしながら、いざ初期導入を済ませ…

「Salesforce Pardot-Sales Cloud有効活用」ハンズオンセミナー 【ネットイヤーグループ】  

開催日 10月10日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「マーケティングオートメーション」「営業との連携」などの響きに惹かれ、Salesforce Pardotを導入された運用担当者の皆様、導入後に期待した成果は出て…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ AI「人類と会話するのがあほらしい」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ AI「人類と会話するのがあほらしい」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30010028



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ