米国が“イチヌケ”を表明! 公平なインターネットがなくなる日

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2018/01/12
ウソ? ホント? ……みんなで投票! 噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #156

「インターネットの中立性がなくなっちゃう」ってホント?

ちまたの諸説は

 インターネットは、その黎明期から基本的に誰もがどんなデータでも平等に利用できるという「中立性」が保たれてきた。
 しかしそんな中立性がなくなり、お金次第で利用できるWebサイトが変化したり、特定のアプリの通信速度が遅くなったり速くなったりなどの影響が生じるようになるとかいう、ちょっとイヤ〜なウワサが聞こえてきた。
 さて、コレって本当?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当
なんとなくだけど、お金で解決できることはあるような気がする。(ここもそうだけれど)無料ながら会員登録した人だけが見られるサイトも普通にあるので、全員が平等というのは実現できていないような気がする。
(40代・男性)

インターネットは通信事業者の努力と投資により、消費者や企業はその恩恵を受けてきた。サービスへの対価を求められることがあっても仕方ない。
(60代・男性)

いまでも上位数パーセントのユーザーがリソースの半分以上を使っているといわれてますからね、差をつけざるを得ないでしょう。
(40代・男性)

結局、いまでも有料サイトは料金を払わないと見られないのだから、中立性なんてあってないようなものでは?
(50代・男性)

日本のインターネット回線がパンクしかけていると聞くので、もしかしたらお金をかけないと見たい情報が得られない時代になっていくのかな?
(30代・女性)
ウソ
インフラを整備するコストは必要なのだが、これはウソであってほしい。
(40代・男性)

商行為である以上、「お金次第」なのは不平等ではないよ。
(60代・女性)

いろいろと問題はあるが、「中立」の建前は維持してほしいところ。希望も込めてウソとしたい。
(50代・男性)

どれだけ制限をかけても抜け道はあるのだから、制限しようにも対策が追い付かないよ。
(30代・男性)
いまだって不平等じゃないか
どの世界でも「平等」は幻想ですよ。
(40代・男性)

契約した会社によって通信速度が違うし、サイトによってはお金次第で利用できるコンテンツも異なる。発信者が中立じゃなければ発信される内容も中立ではないし、発信される内容を検閲されている国もある。つまり、昔から不平等なんだから、いまさら意識しても仕方がない。
(20代・男性)

ネットワークに高負荷を強いる動画サイトなどでは、既に「インフラただ乗り」論がありますよね。ISPがそうした事業者に通常の接続料に割増料金を課すのはアリじゃないでしょうか。平等じゃなくて、公平に行きましょう!
(50代・男性)

検索結果順も操作可能だし、評価も操作可能だし、既に不平等な状況にある。
(30代・男性)

今でも、動画配信サービスで有料会員に優先的に回線を確保しているケースがあります。あれも中立性を金で偏重させる行為かと思います。もまともにサービスが動かずに炎上するのはまた別の話ですが。
(40代・男性)
キーマンズネットしか見ていないから大丈夫
利用するところが一定しているので、あまり興味がない。
(40代・女性)

キーマンズネットだけとは言いませんが、アレとアレぐらいを支障なく使えれば別にどうでもいいです。
(40代・男性)
忖度(そんたく)のない世界はない
営利目的に使われているのだから、変貌していくのは仕方がないよ。
(60代・男性)

お金が全て。
(50代・男性)

せめて日本国内は公平であってほしい!
(60代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

電子印鑑サービス 「パソコン決裁Cloud」 【シヤチハタ】 無停電電源装置「Eaton UPS 9PXシリーズ」 【ダイトロン】 請求管理ロボ 【ROBOT PAYMENT】
ワークフロー UPS 販売管理システム
企業での決裁業務において、従来のワークフローに乗らない主にハンコが必要な承認文書を電子化。デバイスを問わずいつでもどこでも承認文書を決裁できる電子決裁サービス Eaton独自の技術でバッテリー期待寿命5年の長寿命UPS。無償の管理ソフトウェアにより仮想環境にも対応。150カ国以上で販売され、小型UPSでは世界トップクラスのシェア。 請求・集金・消込・催促という一連の売掛金回収業務を自動化し、統合管理できるクラウド型請求管理システム。API/CSVで販売管理・会計システムの双方と連携できる。

新着特集


GDPRの対応には関わる部門が多い。まずは各部門で対応すべき項目を整理し、優先順位をつけて対応するこ…



定点観測で見えてきたのは、ニーズが高まる現場に対して意識改革が進まない経営層の姿。アンケートから日本…



パスワードに依存しないオンライン認証方法として注目を集めるFIDO。ユーザーのメリットもさることなが…


新着セミナー

Dr.Sumで学ぶ実践BIゼミ前知識ゼロからわかるハンズオンセミナー 【ウイングアーク1st】  

開催日 5月16日(水)   開催地 福岡県   参加費 無料

本セミナーは2部構成となっております。第1部の製品紹介&ハンズオンでは今後データ活用ツールの導入をご検討されている企業様向けに、製品で解決できる課題や活用のポイ…

e-文書法で変わる帳票運用〜最新事例に学ぶ「帳票電子化」対策〜 【ウイングアーク1st】  

開催日 5月16日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

時代に応じて多様化を続けてきた企業システムにおける帳票運用。本セミナーでは、コスト削減、グローバル化、e-文書法に対応したペーパレスなど帳票に関わる課題と新たな…

「モノづくりを変える17の気付き」東京 6月 セミナー 【PLMレボリューション】  

開催日 6月28日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「プロセス」基盤のモノづくり業務構造を、情報処理基盤の次世代PLMとして再構成することで、モノづくり競争力の大幅な向上を目指しており、実現に必要な取り組みの考え…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 米国が“イチヌケ”を表明! 公平なインターネットがなくなる日」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 米国が“イチヌケ”を表明! 公平なインターネットがなくなる日」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30010022



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ