全員、出社義務なし!テレワークで各社員に合った働き方を実現

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


全員、出社義務なし――テレワークで「各社員に合った働き方」を実現、シックス・アパートの事例

情報共有システム・コミュニケーションツール 2018/03/14

 働き方改革に向けた取り組みの中で、注目されている分野の1つが「テレワーク」だ。労働者側には通勤時間短縮などの利点が、企業側には、育児・介護中の優秀な人材を雇用できたり、オフィススペースを削減できたりする利点がある。一方、「社員を管理できるだろうか」「社内コミュニケーションが乏しくならないか」などの疑問を解消できず、導入になかなか踏み切れない企業もあるのではないだろうか。そこで今回は、テレワークにより「出社義務をなくした」という、奇抜な制度を導入したシックス・アパートの事例を紹介する。

東日本大震災後からテレワークを導入

 シックス・アパートは、HPの構築のためのCMSプラットフォーム「Movable Type(ムーバブル・タイプ)」の開発・販売を手掛ける企業だ。元は2001年に米サンフランシスコで創業した外資系企業だったが、2011年に帝人グループのインフォコムによって買収、2016年には、社員が企業の全株式を取得(EBO)して独立を果たした。シックス・アパートによると、Movable Typeをはじめとした同社の製品、サービスは国内で10万社の導入実績があり、顧客の90%以上が中小企業だという。

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

シックス・アパート 古賀 早氏

 同社は2016年から「SAWS(Six Apart Working Style)」と名付けた働き方改革を進めている。その中心となるのは、「いつ、どこで仕事をしてもよい」という勤務スタイルだ。代表取締役 CEOの古賀 早氏によれば、そうした考え方は2011年の東日本大震災直後から芽生えたという。

 「震災後、東京電力の管内では15%の節電要請がありました。そこで当社は『週に1日オフィスを閉めれば、20%の節電ができるのでは?』と考え、電力需要が大きくなる7〜9月に限り、水曜日をテレワークの日としたのです。VPNやセキュリティ対策環境を整えた上でスタートしたところ、大きなトラブルもなく制度は定着しました。また、社員からの評判も良かったため、翌年以降も制度を継続。さらに、他の日も必要に応じてテレワークできるようにしていきました」(古賀氏)

 そんな同社が「毎日テレワーク可能」に大きく舵を切ったのは、2016年夏のこと。EBOによって独立したのがきっかけだった。

 「社員が自社の株式を持ったことで、『個人の生活の質と業務生産性の向上を両立する働き方に変えたい』という意識が高まりました。そこで実施したのが、これまで週に一度実施していたテレワークの全面的導入でした。社員それぞれが効率の良い場所で働くために、業務システムのクラウド化や、セキュリティ対策関連のシステム刷新、毎月のテレワーク手当の支給を行いました。それらの原資はオフィス移転によって削減されたオフィス関連のコストです。それまでは約100坪のオフィスに入居していたのですが、約30坪の新オフィスに移転。賃料や光熱費などは従来と比べ、約3分の1になりました」(古賀氏)

出社義務は月1回〜週1回程度でOK、月1万5000円のテレワーク手当も

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

テレワーク/全員、出社義務なし!テレワークで各社員に合った働き方を実現」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テレワーク」関連情報をランダムに表示しています。

テレワーク」関連の製品

ワンタイムパスワード RSA SecurID Access (仮想アプライアンス版) 【テクマトリックス】 電子印鑑サービス 「パソコン決裁Cloud」 【シヤチハタ】 セキュアリモート接続 「テレワークRAソリューション」 【アクシオ】
ワンタイムパスワード ワークフロー リモートアクセス
時刻同期方式により60秒ごとに1度しか使えないパスワードを生成し、パスワードの盗聴、盗用によるネットワークへの不法侵入を防ぐワンタイムパスワード製品。 企業での決裁業務において、従来のワークフローに乗らない主にハンコが必要な承認文書を電子化。デバイスを問わずいつでもどこでも承認文書を決裁できる電子決裁サービス 3つのセキュアなリモート接続環境を用意することで、さまざまなニーズに対応可能なリモートアクセスソリューション。VDI、RDS構成や“ネットワーク分離”の提案も可能。

テレワーク」関連の特集


「企業向けは効果で設定が難しいし、そんなに規模は大きくないから」と、仕事のIT環境をコンシューマ製品…



勤務時間を管理するために役立つ「勤怠管理ツール」。ここでは、本ツールがどのような基本機能を持っている…



グループウェアにAIが搭載されると、業務はどう変わるのか? 進化が進むグループウェア、自動で効率の良…


テレワーク」関連のセミナー

IT Solution Forum 2018 in 福岡 【キヤノンシステムアンドサポート】  

開催日 6月19日(火)   開催地 福岡県   参加費 無料

キヤノンシステムアンドサポートでは 2018年 6月19日(火)に『 IT Solution Forum 2018 in 福岡 』を開催いたします。さまざまな角…

悪意のリモートワーカーを前提にしたセキュリティ対策 【主催 : オープンソース活用研究所/協賛:GMOグローバルサイン/デージーネット/ソリトンシステムズ】  

開催日 5月30日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【働き方改革が叫ばれる中、重要性を増すリモートワーク(テレワーク)】昨今、今後予測される人口減少による労働力の不足や、ダイバーシティの推進といった社会問題に対応…

実践!テレワークで「働き方改革」 導入の障壁はこう乗り越える 【スターティアレイズ/ナレッジスイート】 締切間近 

開催日 5月22日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

政府が強力に推進する「働き方改革」の切り札が、自宅などオフィス外での勤務を可能にするテレワーク。通勤時間の削減や、育児・介護の負担軽減など大きなメリットがあり、…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

テレワーク/ 全員、出社義務なし!テレワークで各社員に合った働き方を実現」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「テレワーク/ 全員、出社義務なし!テレワークで各社員に合った働き方を実現」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30010002


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ