やってみて分かった「リフトアンドシフト」バンダイナムコの場合

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


バンダイナムコはいかにして基幹業務を2日でクラウド移行したか

基幹系システム 2018/01/17

やってみて分かった「リフトアンドシフト」

 バンダイナムコグループが、国内グループ10社の基幹系業務システム全体をAmazon Web Services(AWS)に完全移行した。2017年8月、わずか数日の間に全てのシステムをAWSに移行できたという。既存のオンプレミスシステムを、まずはクラウドに置き換えていく「リフトアンドシフト」を実践したかたちだ。プロジェクト開始は2016年10月、2017年5月初旬には環境構築を済ませ、同年8月には本番環境、DRサイトともに完全にAWS以降をし、本稼働させている。今後はこの成果を、次のIT投資――RPAの導入、会計処理の自動化、契約書管理の効率化など――につなげる計画があるという。

 この情報は2017年12月に開催された「cloudpack DAYS」(アイレット主催)の中で披露されたもの。本稿ではその内容を紹介する。

「保守切れ」に対応することは本当に業務なのか? 

 バンダイナムコホールディングスを中核とするバンダイナムコグループは、傘下に玩具メーカーであるバンダイの他、オンラインゲーム開発、映像コンテンツ制作など、多数の事業会社を傘下に持つ。このバンダイナムコグループにおいて、グループ内のガバナンス強化と経営資源の最適化を目的に管理本部機能を担う組織が、バンダイナムコビジネスアークである。

 同社はグループ全体に「シェアードサービス」として、総務、人事、経理、情報システム部の機能を提供する。中でも情報システム部門は、グループ全体のITインフラ基盤からPCサプライに至る情報システム全般を担う部門として位置づけられている。

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

 そもそもの発端は、保守切れ対応業務だったという。

 冒頭で記した通り、グループ全体のIT基盤はバンダイナムコビジネスアークが担っているが、各システムで調達した機器などに保守切れが発生するたびに、個別にアセスメントや選定が必要となり、運営上の大きな負担となっていたのだ。また、クラウドやモバイルの普及で企業情報システムを取り巻く環境が大きく変わるなか、情報システム部門の役割も問われるようになっていた。

 こうした状況の中で「自分たちのなすべき仕事は何か」を含め、将来のITインフラ基盤はどうあるべきかを真剣に考えるようになったという。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

基幹業務システム/やってみて分かった「リフトアンドシフト」バンダイナムコの場合」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「基幹業務システム」関連情報をランダムに表示しています。

基幹業務システム」関連の製品

FutureStage 製造業向け生産管理システム 【日立システムズ】 経営情報を迅速に可視化、3社の事例に学ぶ基幹業務システム刷新 【SCSK】 エネルギー・天然資源ビジネスの重要課題に「IoT」が特効薬となる理由 【SAPジャパン株式会社】
生産管理システム ERP その他基幹系システム関連
生産管理・販売管理・在庫管理・技術管理・購買管理がシームレスに連携した製造業向け基幹業務統合ソリューション。 経営情報を迅速に可視化、3社の事例に学ぶ基幹業務システム刷新 エネルギー・天然資源ビジネスの重要課題に「IoT」が特効薬となる理由

基幹業務システム」関連の特集


 大学や研究機関だけでなく、ビジネスの世界においてもオープンソースソフトウェア(OSS)の重要度がま…



企業の基幹業務を支援するERPですが、クラウド基盤への展開が広がっており、変化の激しい経営環境に対応…



顧客接点を最適化するには5社の顧客を名寄せしなければ始まらない! 自社で試行錯誤を繰り返し、内製で新…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

基幹業務システム/ やってみて分かった「リフトアンドシフト」バンダイナムコの場合」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「基幹業務システム/ やってみて分かった「リフトアンドシフト」バンダイナムコの場合」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009997


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ