改正個人情報保護法、2017年の変更ポイントは 前編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


改正個人情報保護法、2017年の変更ポイントは 前編

エンドポイントセキュリティ 2018/01/10

 「改正個人情報保護法」が2017年5月30日に施行されました。企業が知るべき改正点や最低限やるべき対策を2回に分けて解説します。前編となる本稿で取り上げるのは、「個人情報の明確化」「要配慮個人情報」「個人情報取り扱い事業者の拡大」など。キーマンズネットの新人が、その道の専門家にお話を伺い、5分で理解できるように説明します。

1分目 改正個人情報保護法、何が変わった?

 個人情報流出事件が招く不安感、あるいはビッグデータ活用へのニーズの高まりを受けて「個人情報の保護に関する法律」が改正され、2017年5月30日にいわゆる「改正個人情報保護法」として全面施行されました。後段で詳しく説明しますが、これまで法律の適用外となっていた小規模事業者も対象に含まれることになりました。これによって、今まで「個人情報保護法は関係ない」と思っていた企業でも、対応の必要性が迫られています。

 しかし、現状では「何をすればよいのか、対策が良く分からない」という企業が多いのではないでしょうか。まずは変更点を抑えることが大切です。以下でポイントをまとめました。

表1 改正個人情報保護法の変更ポイント

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

表1 改正個人情報保護法の変更ポイント

大きな変化としては以下のものがあります。前編、後編に分けて詳しく紹介します。

個人情報の明確化:従来法で明確化されていなかった指紋データなどの身体データを含む情報も個人情報であると定義された。
・「要配慮個人情報」の概念の新設:個人情報の中でも、本人に対する差別や不利益、偏見などにつながる可能性のあるものに対する規制のレベルを強化した。
「個人情報取り扱い事業者」の範囲が拡大:ほぼ全ての事業者が個人情報保護法の適用対象になった。
個人情報の取得と第三者提供に関するルールの整備、強化:オプトアウト規定の厳格化や記録の保存に関するルールが設けられた。
「匿名加工情報」制度の新設:個人情報を適切に加工することで、本人の同意なく第三者提供できる制度を新設。
海外での個人情報取り扱いルール設置:国境を越えて個人情報をやりとりする場合の規定が設けられた。
「個人情報データベース不正提供罪」の新設:個人情報漏えい事件において、直接的に罰則を下す法律ができた。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

改正個人情報保護法/改正個人情報保護法、2017年の変更ポイントは 前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「改正個人情報保護法」関連情報をランダムに表示しています。

改正個人情報保護法」関連の製品

個人情報保護法の改正で進むパーソナルデータ活用、より安全な匿名加工情報とは 【富士通株式会社】 クラウドによる業務効率化とコンプライアンスを両立する「CASB」活用法 【マクニカネットワークス】 「GDPR」「改正個人情報保護法」を乗り切る“これからの情報保護”の在り方とは 【シマンテック】
CRM 認証 その他エンドポイントセキュリティ関連
個人情報保護法の改正で進むパーソナルデータ活用、より安全な匿名加工情報とは クラウドによる業務効率化とコンプライアンスを両立する「CASB」活用法 「GDPR」「改正個人情報保護法」などの新たな法制度に加え、クラウドやモバイル環境の普及で情報保護対策の見直しを迫られている企業は少なくない。何から着手すべきか。

改正個人情報保護法」関連の特集


はたして貴社は「個人情報なんて持っていない」と言い切れますか? 持っていないことを証明できますか? …



知らない国から訴えられた結果、証拠が足りなくて罰金刑、退職者が取引記録を消去してしまえば罰金請求………



標的型サイバー攻撃など従来の境界防御の限界が見えてきた今、セキュリティに求められる新たな姿とは?アナ…


「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

デバイスの利用禁止/接続先ネットワークの制限 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 多様化する脅威に立ち向かうCSIRT、ジャパンネット銀行が体得した3つのコツ 【富士通株式会社】 「後で確認します」をやめたら販売数が伸びた? 頼られるパートナーへ第一歩 【ソフトバンク コマース&サービス】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限
Wi-Fi制御、VPN利用の強制
マルウェア対策製品と連携し、感染PCのネットワーク通信を自動遮断、感染拡大を防止
多様化する脅威に立ち向かうCSIRT、ジャパンネット銀行が体得した3つのコツ セキュリティ製品は優れた機能やコストメリットをアピールするが、どんな使い方が適切なのかは教えてくれない。質問された時、スムーズに答えるためにはどうすればいいか。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

改正個人情報保護法/ 改正個人情報保護法、2017年の変更ポイントは 前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「改正個人情報保護法/ 改正個人情報保護法、2017年の変更ポイントは 前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009996


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ