基幹系システムの利用状況(2018年)・後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

基幹系システムの利用状況(2018年)・後編

2018/03/29


 キーマンズネットは2018年2月18日〜3月2日にわたり、「基幹系システムの利用状況に関するアンケート」を実施した。全回答者数239人のうち、情報システム部門に所属する回答者は44.4%、業務部門に所属する回答者は31.0%、管理部門に所属する回答者は10.0%であった。従業員数では100人以下の企業が18.0%、101〜1000人の企業が36.8%、1001〜5000人以上の企業が25.5%、5001人以上の企業が19.7%であった。  

 後編である本稿では、基幹系システムを使わない理由や課題、今後期待する機能などを紹介する。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「基幹系システム/基幹系システムの利用状況(2018年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「基幹系システム/基幹系システムの利用状況(2018年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「期限切れでも問題ない」「とりあえずクラウドに置き換え」リプレースしない理由

 既に基幹系システムを利用しているとした回答者のうち、リプレース予定がないとした方々には、リプレースしない理由を聞いた。「リプレースしたばかりで償却期間が残っているため」という予想通りの理由を挙げた回答者57.3%いた一方で、「サポート期限や償却期間は過ぎているが、特に問題がないため」とした回答者が25.8%も存在することが明らかになった。  

 その他を選択した回答者からは具体的な理由を聞いたところ、「業務の影響範囲が多大なため」という、どちらかというとリプレースのきっかけを作れない状況にあるという声の他、「現在はオンプレミスだが、ERPのバージョンはそのままでクラウド移行を計画している」として、「クラウドシフト」を計画しているという意見が見られた。

図1 リプレース予定がない理由

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 リプレース予定がない理由

 基幹系システムについて「必要性は感じているが導入する予定はない」とした回答者に対しては、具体的にどのような理由で必要性を感じているかを尋ねたところ、「報告業務が煩雑なため」(41.9%)、「収支状況を迅速に把握できないため」(32.3%)、「事業規模が拡大したため」(29.0%)の順で多かった。 また、同じグループに導入予定がない理由を聞いたところ、「導入費用を確保できない」(51.6%)、「現状から移行するための工数を取れない」(45.2%)といった理由が上位を占めた。

 この他、リプレース予定のある回答者のうち、カスタマイズなしのパッケージないしSaaSを利用するとした回答者はわずか17.8%で、何らかのカスタマイズを行うとした回答者は78.6%に上った。また、同じ回答者グループにリプレース後の運用基盤をたずねたところ、「オンプレミスのみ」が43.9%で最多となった。「オンプレミス+パブリッククラウド(IaaS)」は21.4%だった。次いでパブリッククラウド(IaaS)が17.9%、SaaSが7.1%と続いた。

関連リンク

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

基幹系システム/基幹系システムの利用状況(2018年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「基幹系システム」関連情報をランダムに表示しています。

基幹系システム」関連の製品

全銀TCP/IPアダプタ BroadZT 【ネットスプリング】 MOS スマートフォン・タブレット受発注システム 【アクロスソリューションズ】 FUJITSU 流通業ソリューションProjectViz 【富士通】
特定業種向けシステム 販売管理システム 販売管理システム
全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。 単にECサイトをB2Bにするのではなく、店舗、倉庫、営業先など、発注者の使うさまざまな環境を配慮して作られた、モバイル視点の業務用Web受発注システムパッケージ。 プロジェクト全体を一元管理し、損益を見える化することで、プロジェクトリーダだけでなく経営層によるタイムリーな問題解決や経営判断を支援するソリューション。

基幹系システム」関連の特集


ベンダの独自仕様は自社ニーズに合っているか?複合機やグループウェアとのスマート連携は可能か?情報共有…



グループの基幹業務を支えるシステムを丸ごとクラウドに。いわゆる「リフトアンドシフト」を実践したバンダ…



労働安全衛生法の改正により、従業員数50人以上の事業所では年1回以上、従業員に対するストレスチェック…


基幹系システム」関連のセミナー

100分で学べる!SVF製品まるわかりセミナー 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 5月25日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

1万9500社超に導入いただいた、国内シェアNo.1(※)帳票ツール「SVF」は、その圧倒的な実績と機能で帳票システムの基盤化を実現いたします。本セミナーでは帳…

これから始める【部門監査】【不正監査】【海外監査】 【エイアイエムコンサルティング】  

開催日 5月11日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

安定した景気が続く経済情勢を受けて、以前にも増して、新規に上場する会社や上場変更(東証一部への変更)を行う会社が増加しつつあります。そのような会社にあっては、数…

新技術活用セミナー 【セイノー情報サービス】  

開催日 5月24日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

人手不足が企業の経営を直撃している昨今、「知恵」を使った生産性向上で人手不足を補う必要があります。物流活動においても、これまでの人手に頼った改善や値下げ要求によ…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

基幹系システム/ 基幹系システムの利用状況(2018年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「基幹系システム/ 基幹系システムの利用状況(2018年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009995


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ