基幹系システムの利用状況(2018年)・後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

基幹系システムの利用状況(2018年)・後編

2018/03/29


 キーマンズネットは2018年2月18日〜3月2日にわたり、「基幹系システムの利用状況に関するアンケート」を実施した。全回答者数239人のうち、情報システム部門に所属する回答者は44.4%、業務部門に所属する回答者は31.0%、管理部門に所属する回答者は10.0%であった。従業員数では100人以下の企業が18.0%、101〜1000人の企業が36.8%、1001〜5000人以上の企業が25.5%、5001人以上の企業が19.7%であった。  

 後編である本稿では、基幹系システムを使わない理由や課題、今後期待する機能などを紹介する。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「基幹系システム/基幹系システムの利用状況(2018年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「基幹系システム/基幹系システムの利用状況(2018年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「期限切れでも問題ない」「とりあえずクラウドに置き換え」リプレースしない理由

 既に基幹系システムを利用しているとした回答者のうち、リプレース予定がないとした方々には、リプレースしない理由を聞いた。「リプレースしたばかりで償却期間が残っているため」という予想通りの理由を挙げた回答者57.3%いた一方で、「サポート期限や償却期間は過ぎているが、特に問題がないため」とした回答者が25.8%も存在することが明らかになった。  

 その他を選択した回答者からは具体的な理由を聞いたところ、「業務の影響範囲が多大なため」という、どちらかというとリプレースのきっかけを作れない状況にあるという声の他、「現在はオンプレミスだが、ERPのバージョンはそのままでクラウド移行を計画している」として、「クラウドシフト」を計画しているという意見が見られた。

図1 リプレース予定がない理由

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 リプレース予定がない理由

 基幹系システムについて「必要性は感じているが導入する予定はない」とした回答者に対しては、具体的にどのような理由で必要性を感じているかを尋ねたところ、「報告業務が煩雑なため」(41.9%)、「収支状況を迅速に把握できないため」(32.3%)、「事業規模が拡大したため」(29.0%)の順で多かった。 また、同じグループに導入予定がない理由を聞いたところ、「導入費用を確保できない」(51.6%)、「現状から移行するための工数を取れない」(45.2%)といった理由が上位を占めた。

 この他、リプレース予定のある回答者のうち、カスタマイズなしのパッケージないしSaaSを利用するとした回答者はわずか17.8%で、何らかのカスタマイズを行うとした回答者は78.6%に上った。また、同じ回答者グループにリプレース後の運用基盤をたずねたところ、「オンプレミスのみ」が43.9%で最多となった。「オンプレミス+パブリッククラウド(IaaS)」は21.4%だった。次いでパブリッククラウド(IaaS)が17.9%、SaaSが7.1%と続いた。

関連リンク

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

基幹系システム/基幹系システムの利用状況(2018年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「基幹系システム」関連情報をランダムに表示しています。

基幹系システム」関連の製品

Web経費精算システム MAJOR FLOW Z KEIHI 【パナソニック ネットソリューションズ】 ビジネスモデルの変化にも対応、クラウドERPで実現するグローバル経営管理基盤 【日本オラクル】 ジョブカンワークフロー 【Donuts】
会計システム ERP ワークフロー
交通費や交際費などの承認の決裁だけではなく、経費精算に関する業務自体の改善を支援するビジネスリフォーム機能満載の経費精算システム。 クラウド型ERP導入事例:短期間でグローバル展開ができたワケ 誰でも使える簡単な操作性と高度な機能を併せ持つクラウド型のワークフローシステム。PC・スマホから、いつでもどこでも申請・承認が可能。 過去の申請も簡単に検索できる。

基幹系システム」関連の特集


企業の情報共有基盤として、なくてはならないグループウェア。その基本的な仕組みや導入メリット、注目の機…



BI導入の“失敗例”でよく聞くのが「活用されていない」という声。そんな声に対応し、現在のBIツールは…



当初は大企業中心だったERPも、クラウド型の登場で導入の敷居が低くなり、大きな制度改正を控えている中…


基幹系システム」関連のセミナー

e-文書法で変わる帳票運用〜最新事例に学ぶ「帳票電子化」対策〜 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 8月2日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

時代に応じて多様化を続けてきた企業システムにおける帳票運用。本セミナーでは、コスト削減、グローバル化、e-文書法に対応したペーパレスなど帳票に関わる課題と新たな…

ゼロから80分でマスター!誰でもできる帳票作成セミナー 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 8月8日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

SVFは「帳票基盤ソリューション」として、長く皆様の帳票出力業務を支えています。・ノンプログラミングの簡単帳票設計・あらゆるアプリケーションとの柔軟な連携・PD…

ペーパーレス化で働き方改革 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 7月18日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「働き方改革」の中でも取り上げられることの多い労働時間の削減。一部の企業では経理や営業事務、窓口業務など定型作業の多いバックオフィス業務の効率化のためにRPAや…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

基幹系システム/ 基幹系システムの利用状況(2018年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「基幹系システム/ 基幹系システムの利用状況(2018年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009995


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ