企業における帳票の利用状況(2018年)・後編

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

企業における帳票の利用状況(2018年)・後編

2018/03/15


 キーマンズネットは2018年2月6〜22日にわたり、「帳票の利用状況」に関するアンケートを実施した。全回答者数300人のうち、情報システム部門が38.0%、事業部門が38.3%、管理部門が16.0%、経営者・経営企画部門が7.7%といった内訳であった。
 今回は、業務で作成または利用している帳票を「データで保管する理由」や「データ化する際のルール」「帳票レス化の実行・計画」など、企業における帳票利用とペーパーレス化についての現状を把握するための質問を展開。複合機や表計算ソフトなどを活用した帳票レス化に取り組む企業が40〜50%存在する一方で、紙の方が見やすい、担当者のスキル不足などを理由に取り組まない企業の意見も取り上げている。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前に了承いただきたい。

※「帳票管理/企業における帳票の利用状況(2018年)・後編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「帳票管理/企業における帳票の利用状況(2018年)・後編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

コスト削減にデータの再利用、帳票をデータ化して保管する理由とは

 商取引や経理業務などほぼ全ての企業で運用されている帳票利用。前編では全体の9割が帳票の「データ化」に着手している一方、帳票の管理、保管については「紙」での運用が約6割とデータ管理を上回っているといった実情を紹介した。  

 そこで後編ではまず、業務で作成、利用中の帳票について「部分的にデータ化しており、紙はスキャンするなどでデータ化して管理している」もしくは「全てデータ化しており、データのまま管理している」と回答した76人を対象に、「帳票をデータ化して保管する理由」を聞いた。

 結果は「書類保管スペースに関わるコスト削減」(71.1%)、「紙の出力などに関わるコスト削減」(64.5%)、「効率のよい記録を実現するため」(51.3%)、「実績データを再利用しやすくするため」(43.4%)と続いた(図1-1)。コスト削減のみならず、効果的なエビデンス管理、データの再利用などで業務効率化につながるなどのメリットが上位に挙がっていた。  

 また、データ化する際のルールについては、全体の約7割が「書類データを社内の特定の場所に保管している(72.4%)」とし、約2割が「書類データのファイル命名をルール化して運用している(19.7%)」などして、帳票データの集約と再利用のための運用ルールを設けているようだ。しかし、「特に決まっていない」企業も18.4%と一定数存在する(図1-2)。

図1 データ化して保管する理由/データ化する際のルール

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 データ化して保管する理由/データ化する際のルール

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

帳票管理/企業における帳票の利用状況(2018年)・後編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「帳票管理」関連情報をランダムに表示しています。

帳票管理」関連の製品

クラウド型帳票基盤ソリューション SVF Cloud 【ウイングアーク1st】 Pandora-AX 【 NTTデータビジネスブレインズ】 電子活用ソリューション SPA 【ウイングアーク1st】
帳票管理システム 電子帳票システム 帳票管理システム
国内1万8000社以上が導入する帳票システムのクラウドソリューション。既存帳票を利用した帳票設計、データソースと連携した帳票作成、帳票のデータ出力や直接印刷も可能。 e-文書法・電子帳簿保存法をオールインワンサポート。スキャナ保存や帳簿・書類の長期保存に対応。高いセキュリティ性能とずばぬけた検索機能が特長の電子帳票システム。 SPAは電子帳票の保管から破棄までの一元的なライフサイクル管理を実現し、アナログな業務プロセスを自動化し、業務効率向上を実現。

帳票管理」関連の特集


電子帳票システムは、その歴史も古く、すでに10年以上前から製品化されているため、“枯れた”製品として…



労基法改正や働き方の多様化に対して適性な管理が求められている今だからこそ、勤怠管理システムの目的と必…



厳しい経済状況のなか、コスト削減効果を実感しやすいシステムとして、導入検討に着手する企業が増えている…


帳票管理」関連のセミナー

100分で学べる!SVF製品まるわかりセミナー 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 5月25日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

1万9500社超に導入いただいた、国内シェアNo.1(※)帳票ツール「SVF」は、その圧倒的な実績と機能で帳票システムの基盤化を実現いたします。本セミナーでは帳…

わかる!Interstage List Creator 帳票設計体験セミナー 【富士通】  

開催日 5月23日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、帳票設計ツール 「Interstage List Creator デザイナ」 を利用した帳票設計方法を、実機演習を中心に分かりやすくご説明します…

わかる!Interstage List Creator 帳票設計体験セミナー 【富士通】  

開催日 6月27日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、帳票設計ツール 「Interstage List Creator デザイナ」 を利用した帳票設計方法を、実機演習を中心に分かりやすくご説明します…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

帳票管理/ 企業における帳票の利用状況(2018年)・後編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「帳票管理/ 企業における帳票の利用状況(2018年)・後編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009993


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 帳票管理システム > 帳票管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ