この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

Excelの利用状況(2017年)・前編

2018/01/11


 キーマンズネットは2017年11月29日〜12月13日にわたり、「Microsoft Excelの利用状況」について調査を実施した。全回答者数313人のうち、情報システム部門は34.8%、事業部門が40.9%、管理部門が16.9%、経営者・経営企画部門が7.3%といった内訳であった。  

 今回は、「Microsoft Excel」において「導入しているバージョン」や「活用方法」「課題の有無」などを中心に、利用状況を調査。ほぼ全ての企業で利用されているExcelだが、全体の約6割が何らかの課題を持っていることなどが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前に了承いただきたい。

※「Excel/Excelの利用状況(2017年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「Excel/Excelの利用状況(2017年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

Excel 2010、Excel 2013、Excel 2016……導入率高いのはどのバージョン?

 はじめに「Excelの導入状況」について尋ねたところ、「導入していない、導入の予定はない」との回答はわずか0.6%にとどまり99.4%のほぼ全ての企業でExcelが利用されている実態が確認できた。なお導入済みと回答した方の中には「導入済みで、バージョン更新を検討している(8.3%)」や「導入済みだが、別の製品、サービスへの移行を検討中(2.6%)」などが含まれている。  

 続いて「導入済みのExcelを有効活用できているか」聞いたところ、「有効活用している」は83.0%、「使っているものの、有効活用できていない」が16.7%となり、8割以上の回答者がExcelを有効活用できていると感じていることが分かった。この割合を従業員規模別に見ると、100人以下の中小企業で「有効活用できていない」が19.0%と高く、従業員規模が小さくなるに従ってその割合が高まる傾向にあった。 

 導入済みのバージョンは「Excel 2013」が34.1%と最も多く、次いで「Excel 2010」32.2%、「Excel 2016」18.0%、「Office 365(Excel Online)」11.6%、「Excel 2007」「Excel 2000〜2003」などの旧バージョンが合計で4.2%と続く(図1)。2016年6月に行った同様の調査では「Excel 2010」が47.4%、「Excel 2013」37.1%であったため、1年半で「Excel 2010」と「Excel 2013」の導入率が逆転していることが分かる。ちなみに「Excel 2016」の導入率は前回の1.8%から16.2ポイント増加しており、利用者が増えていた。  

 また、「導入済みで、バージョン更新を検討している」と回答した方に導入予定中のバージョンも聞いている。結果は「Excel 2016」が50.0%で最も多く、「Office 365(Excel Online)」が42.3%、「Excel 2013」が7.7%という結果となった。現在、注目度の高いOffice 365ではあるが、今回の調査では従来型のExcel 2016の方が人気となった。

図1 導入済みのMicrosoft Excelのバージョン

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 導入済みのMicrosoft Excelのバージョン

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

Excel/Excelの利用状況(2017年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Excel」関連情報をランダムに表示しています。

Excel」関連の製品

biz-Stream v5 【ブレインセラーズ・ドットコム】 OpenCube Workflow 【NTTデータ・スマートソーシング】 人材育成・総合スキル管理ツール ESI (Enterprise Skills Inventory) 【ワン・オー・ワン】
電子帳票システム ワークフロー 人事管理システム
シンプルで導入しやすいライセンス体系のオンデマンドWeb帳票ソリューション。デザイン性に富んだ帳票が簡単に作成でき、PDF、CSV、印刷など、多様な形態で出力可能。 業務の可視化や改善、内部統制にも使えるソフトウェアパッケージ。 TCOを下げたい企業に最適。
Webフォームのほか、Word、Excelも回覧できる、高機能ワークフローソフト。
社員ごとに、ビジネス戦略に沿った人材育成プログラムが作成できるなど、豊富な機能が実装された総合スキル管理システム。厚生労働省が推奨する職業能力評価基準に対応。

Excel」関連の特集


紙やデータ出力などのアウトプット。コスト削減やセキュリティ強化が叫ばれる今、効率的なアウトプット管理…



1996年4月にファックスサービスが開始され、同年10月からはインターネットサイトを開設、2016年…



仕事で使っても大丈夫なチャットツール、たくさん種類があるけれど、何がどう違う?機能一覧、ライセンス、…


Excel」関連のセミナー

DRBD入門セミナー(受講無料、半日コース) 【サードウェア】  

開催日 5月23日(水),6月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

DRBDの機能と特徴、高可用クラスタ、災害対策、ストレージソリューションなどの活用シーンを、講義形式で紹介します。<コース内容>・DRBDバージョン8  DRB…

Visual Mining Studioデータマイニング体験セミナー 【NTTデータ数理システム】  

開催日 6月13日(水),7月12日(木),8月24日(金),9月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

今や顧客購買行動やCRMに欠かせなくなったデータマイニング。Visual Mining Studioの操作を通して、データマイニングの基本を体験していただきます…

【大阪】原因を可視化する瞬時販売分析QlikView無料体験セミナー 【グランバレイ】  

開催日 5月22日(火),6月19日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

■■実機を使った営業分析のセミナーを大阪で開催!!■■ 「QlikView」は多彩なユーザーインターフェースと連想技術により、新たな気付きを導き出す画期的な「セ…

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Excel/ Excelの利用状況(2017年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Excel/ Excelの利用状況(2017年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009984


IT・IT製品TOP > PCソフト > オフィスソフト > オフィスソフトのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ