この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

Excelの利用状況(2017年)・前編

2018/01/11


 キーマンズネットは2017年11月29日〜12月13日にわたり、「Microsoft Excelの利用状況」について調査を実施した。全回答者数313人のうち、情報システム部門は34.8%、事業部門が40.9%、管理部門が16.9%、経営者・経営企画部門が7.3%といった内訳であった。  

 今回は、「Microsoft Excel」において「導入しているバージョン」や「活用方法」「課題の有無」などを中心に、利用状況を調査。ほぼ全ての企業で利用されているExcelだが、全体の約6割が何らかの課題を持っていることなどが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前に了承いただきたい。

※「Excel/Excelの利用状況(2017年)・前編」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「Excel/Excelの利用状況(2017年)・前編」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

Excel 2010、Excel 2013、Excel 2016……導入率高いのはどのバージョン?

 はじめに「Excelの導入状況」について尋ねたところ、「導入していない、導入の予定はない」との回答はわずか0.6%にとどまり99.4%のほぼ全ての企業でExcelが利用されている実態が確認できた。なお導入済みと回答した方の中には「導入済みで、バージョン更新を検討している(8.3%)」や「導入済みだが、別の製品、サービスへの移行を検討中(2.6%)」などが含まれている。  

 続いて「導入済みのExcelを有効活用できているか」聞いたところ、「有効活用している」は83.0%、「使っているものの、有効活用できていない」が16.7%となり、8割以上の回答者がExcelを有効活用できていると感じていることが分かった。この割合を従業員規模別に見ると、100人以下の中小企業で「有効活用できていない」が19.0%と高く、従業員規模が小さくなるに従ってその割合が高まる傾向にあった。 

 導入済みのバージョンは「Excel 2013」が34.1%と最も多く、次いで「Excel 2010」32.2%、「Excel 2016」18.0%、「Office 365(Excel Online)」11.6%、「Excel 2007」「Excel 2000〜2003」などの旧バージョンが合計で4.2%と続く(図1)。2016年6月に行った同様の調査では「Excel 2010」が47.4%、「Excel 2013」37.1%であったため、1年半で「Excel 2010」と「Excel 2013」の導入率が逆転していることが分かる。ちなみに「Excel 2016」の導入率は前回の1.8%から16.2ポイント増加しており、利用者が増えていた。  

 また、「導入済みで、バージョン更新を検討している」と回答した方に導入予定中のバージョンも聞いている。結果は「Excel 2016」が50.0%で最も多く、「Office 365(Excel Online)」が42.3%、「Excel 2013」が7.7%という結果となった。現在、注目度の高いOffice 365ではあるが、今回の調査では従来型のExcel 2016の方が人気となった。

図1 導入済みのMicrosoft Excelのバージョン

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 導入済みのMicrosoft Excelのバージョン

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

Excel/Excelの利用状況(2017年)・前編」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Excel」関連情報をランダムに表示しています。

Excel」関連の製品

建設工事業向けERPソリューション 「ガリバーシリーズ」 【あさかわシステムズ】 実は見落とされがち……新興企業の爆速成長に必要不可欠な要素とは 【日本オラクル】 いつものExcelがそのまま使えるBIとは? 【レジェンド・アプリケーションズ】
ERP ERP BI
全国850社以上の豊富な稼働実績を誇るERPシステム。建設工事業の基幹業務(見積もり、受注、予算、発注、支払、請求、入金、会計、人事、給与、物販)をトータルサポート。 斬新な発想と圧倒的なスピードを武器に、新興企業でも市場を席巻できる時代が到来した。しかし急成長を狙う前に、バックオフィスの重要性を再認識しておく必要がある。 「脱Excel」は本当に必要か。データ分析業務を効率化するため、現場が求めるより実現的な方法を考える。

Excel」関連の特集


 B2Cではよく行われている「顧客満足度調査」ですが、多くのB2B企業では取り組み自体の重要性を理解…



顧客に見てほしいメルマガ。工夫してもなかなか開封されず効果はイマひとつ…なんて悩みも多いのでは?文字…



年間1億枚も出力している企業もあるという帳票。計り知れない帳票電子化のメリットとシステムの基礎、最新…


Excel」関連のセミナー

【大阪】desknet's NEOじっくり触れる!ハンズオンセミナー 【主催:ネオジャパン/共催:ソフトビジョン】 締切間近 

開催日 10月24日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

【大阪】業務アプリ作成ツール AppSuite体験セミナー 【ネオジャパン】 締切間近 

開催日 10月29日(月)   開催地 大阪府   参加費 無料

desknet's NEOに搭載されているカスタムメイド型 業務アプリ作成ツール「AppSuite(アップスイート)」をご紹介するセミナーです。1人1台のパソコ…

ゼロから80分でマスター!誰でもできる帳票作成セミナー 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 10月30日(火)   開催地 愛知県   参加費 無料

SVFは「帳票基盤ソリューション」として、長く皆様の帳票出力業務を支えています。・ノンプログラミングの簡単帳票設計・あらゆるアプリケーションとの柔軟な連携・PD…

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Excel/ Excelの利用状況(2017年)・前編」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Excel/ Excelの利用状況(2017年)・前編」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009984


IT・IT製品TOP > PCソフト > オフィスソフト > オフィスソフトのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ