画像認識技術をマーケティングに 顧客を追跡、可視化する顔認証・認識ソリューションとは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

やっぱり人は“顔”で判断……
行動追跡、可視化、画像認識技術とマーケティングの関係

2018/01/15

 画像認識、認証技術は急速に応用領域を広げている。前編で解説したセキュリティ対策の用途だけでなく、画像や映像から顧客行動を把握し、販売やサービス業務やマーケティング施策に生かす「攻め」への応用の道も大きくひらけてきた。従来は多額の投資が必要と考えられてきた顧客行動分析も、画像認識技術の一般化とディープラーニングなどのAI技術の進化により、クラウドサービスとしても利用が可能になり、中小小売店でも導入のハードルが低くなってきた。

画像認識、画像認証

※「画像認識、画像認証/画像認識技術をマーケティングに 顧客を追跡、可視化する顔認証・認識ソリューションとは」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「画像認識、画像認証/画像認識技術をマーケティングに 顧客を追跡、可視化する顔認証・認識ソリューションとは」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1顔認証技術を顧客対応改善と満足度向上に

■上得意客への「おもてなし」に活用

 顔認証技術は、前回セキュリティ/セーフティの観点から解説したものに加え、店頭での顧客対応などの場面での活用も期待されている。例えば専門店において特定の上得意顧客の顔情報を登録しておき、来店時にいち早くそれを検知して、顧客データにひも付けしてある購買履歴などのデータを参照した上で適切な対応をはかる「おもてなし」への活用が可能だ。ホテルや会員制サービスを提供するスポーツクラブなど、CRMを重視する企業には好適なシステムになる。  

 この場合、一事業所だけならオンプレミス構築も考えられようが、多くの事業所が地理的に分散している場合には、顔認証機能を提供するクラウドサービスの利用が有効な選択肢になる。NECのサービスの場合、エッジ端末で顔画像の撮影と登録、管理を行うとともに、顔検出と顔の特徴データ抽出を行い、画像そのものではなくコンパクトな“特徴量データ”としてクラウドに伝送する。クラウドではそのデータを暗号化して蓄積し、エッジ端末から照合リクエストがあった場合に照合して結果を返す。エッジ端末では専用のアプリ(個別開発の)が処理を担当する。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

画像認識、画像認証/画像認識技術をマーケティングに 顧客を追跡、可視化する顔認証・認識ソリューションとは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「画像認識、画像認証」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワークカメラ」関連の特集


 今回は、芝園開発株式会社の事例(http://www.it-keiei.go.jp/itjirei…



アイディア次第で活用法は多種多様!自社課題に合う「ネットワークカメラ」選びのために活用例を多数紹介!…



NTTソフトウェア、NTTアイティが合併し、NTTアドバンステクノロジーの音響・映像事業を統合した新…


「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

画像認識、画像認証/ 画像認識技術をマーケティングに 顧客を追跡、可視化する顔認証・認識ソリューションとは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「画像認識、画像認証/ 画像認識技術をマーケティングに 顧客を追跡、可視化する顔認証・認識ソリューションとは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30009973


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > ネットワークカメラ > ネットワークカメラのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ