複雑化するシステム運用管理の課題と解決策

 

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日: 2017/10/02
複雑化するシステム運用管理の課題と解決策を探る

システム運用管理をになう人材が不足する一方で、既存の運用管理者にはクラウドを含む複雑な環境の統合管理が求められるようになってきた。日々の運用の生産性向上に加え、事業戦略に追従できる機動的なIT基盤への要求も高い。本特集では、最新のシステム運用管理のトレンドを紹介、高度化するシステム運用管理への要求に対する会員読者の本音も探る。

最新記事一覧
導入意欲が高いクラウドバックアップサービス、その理由と懸念とは
2017年7〜8月に「ITインフラの運用管理に関する読者調査」を実施した。本レポートでは、特に運用管理担当者の課題を中心に調査結果の概要をまとめる。
ITインフラの運用管理に関するアンケート(2017年7月)
TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会員を対象に、ITインフラの運用管理のに関する読者調査を実施した。本リポートでは、読者が抱える課題や現状、投資予定などをまとめている。
キーマンズネット注目製品情報
DevOpsを邪魔する「3つの壁」、開発と運用を一体化させる秘訣とは?
アジャイルなどの開発手法が注目されているが、タイムリーにITサービスの価値を引き出すには運用との連携が不可欠だ。そこで開発と運用が一体となり取り組むDevOpsが注目されているが、その実現を阻む「3つの壁」が依然として残っている。
システム運用自動化をどう実現する? 効果と手法から理解する自動化のポイント
ITサービスの多様化、システムの肥大化に伴い、経験と勘に頼った属人的なシステム運用が限界に達している。そこで必要なアプローチは運用の自動化だ。まずは自動化の効果と手法を知り、最も効果が期待できるところから着手していきたい。
激務とミス多発の悪循環を解消、人手不足の情シスでも実行できる“働き方改革”
人手不足やスキル不足に悩む現場では、操作ミスが多発し、ダブルチェックによる作業負担が増加してしまうといった悪循環が避けられない。この環境を根本的に解決し、継続的に生産性を向上できる体制を作るには、どうすればいいのだろう。
システム部門の生産性改革――慢性的な人手不足とスキル不足を解消する秘訣
日々の業務に忙殺されるままでは情報システム部門の生産性向上は期待できない。定性的な現状確認とともに非効率な作業を定量化して発生事象を正確に捉え、目標と現実とのギャップの解消に向けた効果的な改善策を見いだすことが必要である。
過去記事一覧
IT導入完全ガイド:
ビジネス効果を高めるマルチクラウド運用のツボ
(2016/11/21)
IT導入完全ガイド:
仮想化混在時代の統合運用管理 (2016/02/15)
IT導入完全ガイド:
2020年、統合運用管理はどうなっている (2016/02/17)
IT導入完全ガイド:
ランブックオートメーションのその先は? (2016/02/16)
IT導入完全ガイド:
事例で納得!サービスデスクツールの効果 (2016/01/06)
IT導入完全ガイド:
少人数でも活用できる!統合運用管理ツール
(2013/03/18)

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009936


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ