徹底比較「Office 365」と「G Suite」それぞれのプランの違いは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


徹底比較、「Office 365」と「G Suite」それぞれのプランの違いは?

PCソフト 2017/11/08

 前回までは、「Office 365」と「G Suite」の各種サービスや運用管理について紹介してきた。今回は「Office 365」と「G Suite」を導入する上で検討が必要な製品プランついてそれぞれを比較し、紹介する。

※本内容は、2017年11月8日時点の内容です。

Office 365 の製品プラン

 Office 365 は、組織のニーズに合わせたプランが幅広く用意されている。ただそれ故に、いざ導入しようとした際にどのプランが自社にとって最適なのかが分かりにくいという声をよく聞く。そこでまず、Office 365 の製品プランについて紹介する。  

 Office 365 の製品プランは大きく以下の3つに分かれる。

・個人向け        :Office 365 Solo
・法人向け(中小企業向け):ビジネスプラン
・法人向け(大企業向け) :エンタープライズプラン   

 本稿では、法人向けプランであるビジネスプランとエンタープライズプランについて紹介していくが、この2つのプランは主に「利用ユーザー数」によって分けられる。300人以下の場合はビジネスプラン、301人以上の場合はエンタープライズプランをまずは目安にしてもらいたい。

Office 365 ビジネスプラン

 「Office 365 ビジネスプラン」は、利用ユーザー数の上限が300人の中小企業向けのプランである。エンタープライズプランに比べ、価格は低く設定されている。契約期間は月間契約と年間契約の2パターンから選べる。電話によるテクニカルサポートは重大な事象を除き、営業時間内 (平日9:00〜17:30) のみの対応となる。    

 Office 365 ビジネスプランには、利用したいサービスによって以下の3つのプランが提供されている。

・Office 365 Business
・Office 365 Business Essentials
・Office 365 Business Premium    

 選定する目安として、デスクトップ版のOfficeアプリケーション (Word, Excel, PowerPointなど) のみを利用したい場合は「Office 365 Business」、デスクトップ版のOffice アプリケーションは必要なく、メールや予定表(Exchange Online)、文書管理(SharePoint Online、OneDrive for Business)、Web会議(Skype for Business Online)などのサービスを利用したい場合は、「Office 365 Business Essentials」、どちらも利用したい場合は、「Office 365 Business Premium」が候補となる。

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

Office 365 エンタープライズプラン

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

Office 365 G Suite/徹底比較「Office 365」と「G Suite」それぞれのプランの違いは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Office 365 G Suite」関連情報をランダムに表示しています。

Office 365 G Suite」関連の製品

Webシングルサインオン 「Evidian Web Access Manager」 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 クラウド型ワークフロー「Gluegent Flow」 【グルージェント】 クラウド型メールアーカイブサービス 「Active! vault SS」 【クオリティア】
シングルサインオン ワークフロー メールアーカイブ
さまざまなWebアプリケーションや、Office 365、Salesforce、G-suite等のクラウドサービスに対し、シングルサインオンによるアクセス/認証連携を提供。 G Suiteまたは、Microsoft Office 365の機能拡張として動作するクラウド型のワークフロー。申請・承認・決裁といった一連のワークフローを簡単な操作で行える。 G Suite、Office 365と連携可能なクラウド型メールアーカイブサービス。日本語対応で使いやすく、コンプライアンス対策に役立つ。

Office 365 G Suite」関連の特集


ビジネス文書の作成には欠かせない「ドキュメント作成」、“Word”が当たり前の時代は終わった……? …



ビジネスでオンラインストレージを利用する場合、無料版はお勧めできません。今回はビジネスでよく使われる…



「Googleカレンダー」を使うと、どのようにスケジュールを管理できるのだろうか。今回は、Googl…


Office 365 G Suite」関連のセミナー

メジャークラウド(G Suite、Office 365)活用セミナー大阪 【サテライトオフィス/ネクストセット】  

開催日 6月15日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

サテライトオフィス / ネクストセット がお薦めする、メジャークラウドを一挙にご説明いたします!<G Suite (旧名:Google Apps for Wor…

Microsoft Office 365を使いたおす/東京 【ネクストセット】  

開催日 6月6日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「クラウドを導入したいが何を選べばいいのか?」「Office 365とG Suite(旧名:Google Apps) は何が違う?」グループウェア、メールシステ…

Findixで解決! Office 365 まるわかりセミナーin名古屋 【ファインディックス】  

開催日 6月14日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

「Office 365 まるわかりセミナーin 名古屋」を6/14(木)に開催します。☆株式会社アクセス様をお迎えしてOffice 365導入企業による活用事例…

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Office 365 G Suite/ 徹底比較「Office 365」と「G Suite」それぞれのプランの違いは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Office 365 G Suite/ 徹底比較「Office 365」と「G Suite」それぞれのプランの違いは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30009934


IT・IT製品TOP > PCソフト > オフィスソフト > オフィスソフトのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ