ついに「ロボコップ」が現実に? 中国のAIはここまできた

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2017/12/22
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #154

「中国のサイバーシティではAI警察が現場で大活躍」って本当?

ちまたの諸説は

 発展目覚ましいこのところの中国では、警察が抱える案件も膨大な数に上りつつあるのだとか。
 そこで登場したのが「AI警察」! さまざまな現場でAIが活躍し、人間の警察官が判断するよりも素早く事件や事故を処理していくことができるのだとか。
 ……これって本当のこと?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当
ワイロで動かない分人間よりも信頼できそうですね。
(30代・男性)

金盾があるくらいだから、微博のツイートを見回るAIツールぐらい存っても驚きませんねえ。
(50代・男性)

24時間365日働けるAIは大活躍しそうです。
(50代・男性)

電話窓口でAIの対応がらちが明かないときは、「人間につないでください」というそうです、という報道がありました。なんか「責任者出てこい」みたいな感じ。
(50代・男性)

ちょっと前にニュースで見ました。これからのようですが、免許証更新など、人間でなくてもできる業務を行うようですね。
(50代・男性)
ウソ
大活躍というのはウソでしょうけれど、計画はあるようですね。映画『マイノリティー・レポート』やアニメーション作品『サイコ・パス』のような犯罪予知に利用する計画もあるらしい。
(50代・男性)

サイバー空間ではテロ防止などで特定のワード検索のためにAIが使われているような話を聞いたことがありますが、さすがに「警察官」はまだでしょう。捜査の補助(ナレッジベース)くらいなら、利用していそうには思います。
(50代・男性)

まだAIがそこまで成熟していない。ただ「特定のワードを検出する」といったことはやっていそうな気がする。
(40代・男性)

ワイロ文化があるというから、もうからない仕組みでは現場が受け入れないよ。
(50代・男性)
人間よりマジメに働きそう
」「袖の下による不正処理」と「AI過誤による影響」を比較して、後者を採用ということは、十分あると思ってしまう。
(50代・男性)

情報統制が厳しい中国だから、AIが常にインターネット上を厳しく監視してそう。
(30代・女性)

勤勉なイメージはないけれど、技術はあるでしょうし。あれだけサイバー統制ができるのだから、AI警察も暗躍しているに違いない!
(50代・女性)

なまじ人間だとワイロで腐敗してしまうから機械の方がよいという判断もあり得ると思う。
(40代・男性)

感情が入らない分、効率よく作業ができるんじゃないかと期待できる。
(40代・女性)
窓口業務ならできると思う
「Pepper」みたいなものを想像するけれど、どうなのでしょうね。
(40代・男性)

まず進出できるのは事務的な部分ですよね。多分。
(30代・女性)

事件が判断できるほど、賢くはないと思う。人間の方がずる賢いですから。
(50代・男性)
誤認逮捕が多そうだな
というか、最初から政府に都合の悪い人をターゲットにしておいて、都合が悪くなったらAIの誤認逮捕でしたという抜け道を作ったんじゃなかろうか。
(40代・男性)

トップ次第で方針が変わるでもAIの判断はちゃんと追従できるの?
(50代・男性)

人口の多く、汚職や内部抗争もある国だから人よりもAIの方が中立で効果的かも。
(60代・男性)

どんな条件で探すのかによると思う。パラメータをちょっといじる(ミスる)だけでいつ捕まる側になるか分からないところが恐ろしい。
(60代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

MapFan API 【インクリメント・ピー】 従来のハイパーコンバージド製品が抱える3課題から脱却、次世代製品の違いとは 【ネットアップ】 基礎から分かる「ハイパーコンバージドインフラ」 次世代型でできることは? 【ネットアップ】
開発ツール 垂直統合型システム 垂直統合型システム
毎月更新による鮮度の高い地図情報や、住所-緯度経度からルート検索まで各種機能が利用できる地図APIサービス。印刷や地図データのキャッシュ利用もオプションで提供。 従来のハイパーコンバージド製品が抱える3課題から脱却、次世代製品の違いとは 基礎から分かる「ハイパーコンバージドインフラ」 次世代型でできることは?

新着特集


多くの回答者が自然災害リスクへの対応を実施。しかし、実際に経験した障害はまったく別のものだった。



システム同士を連携させるAPI、今では数多くの公開APIが利用できる“APIの銀行”となる存在も登場…



「クラウドファースト」から「パブリッククラウドファースト」に。2018年の国内パブリッククラウドサー…


新着セミナー

さわってわかる! 人工知能-機械学習講座<初級編> in Tokyo 【グランバレイ】  

開催日 11月9日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 1万800円(税込)

規模を問わず、さまざまな企業が人工知能・機械学習のビジネス活用に対し真剣に取り組み始めている今、「ビジネスの視点から人工知能・機械学習の活用方法について具体的に…

さわってわかる! 人工知能-機械学習講座<初級編> in Tokyo 【グランバレイ】  

開催日 11月16日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 1万800円(税込)

規模を問わず、さまざまな企業が人工知能・機械学習のビジネス活用に対し真剣に取り組み始めている今、「ビジネスの視点から人工知能・機械学習の活用方法について具体的に…

RPAカンファレンス 〜デジタルレイバーと共創するワークスタイル 【TDCソフト】  

開催日 12月4日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

第4回RPAカンファレンス『RPAを活用して、多様化する人事・総務業務に備えよう 〜デジタルレイバーと共創するワークスタイル〜』 少子高齢化に伴い労働人口が急速…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ ついに「ロボコップ」が現実に? 中国のAIはここまできた」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ ついに「ロボコップ」が現実に? 中国のAIはここまできた」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30009918



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ