あの孫正義も実践した「スマホふっかつのどうぐ」とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2017/10/20
ウソ? ホント? ……みんなで投票! 噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #145

「水没したスマホは“米”に埋めると復活する」ってホント?

ちまたの諸説は

 「スマホやケータイをうっかり水没させてしまった!」
 そんなことが起こったら、立ち直れないほどの大打撃を受けそうだが、実は「ビチョぬれ」状態のスマホを復活させる意外なワザがあるのだとか。それは「米」。お米の中に水没スマホを入れると、見事に復活するというのだが……。
 これって本当?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当
確かに適切な湿度に戻してくれそうな方法。でも、スマホの水分を吸ったお米を炊くのは抵抗が……。可能だけれど、積極的にやってはいけない対策ではないかな。
(40代・男性)

吸水性が高いものだったら何でもできると思うので、米でもできるでしょうけれど。時間はかかりそうですね。
(40代・男性)
ウソ
米にそこまでの吸水性があるとは思えない。
(50代・男性)

乾かすなら新聞紙が一番!
(40代・男性)

ウソだと思うが、米の偉大な効果を信じたい気も。
(50代・男性)

お米も水分を吸収するとは思うけれど……。水没したときに電源が入っていたのであれば、水に漬かった瞬間に回路のどこかがショートするだろうから、お米に埋めても回路は復活しないよ。
(40代・男性)

汚れた水でなければ、乾燥させればかなりの電子回路は復活します。乾燥剤代わりにお米を使う、ということだと思いますが、乾燥目的ならば乾燥剤の方がいいですし、乾燥させても復活が保証される訳ではありません。ウソだと思います。
(50代・男性)
あくまでも一時的処置
うまくいけば復活しそうだけど成功率低そうだなあ。
(20代・男性)

前に「米びつに入れたら復活した!」っていう話題をネットで見た気がするけど、私ならそのまますぐにデータバックアップしてお店に駆け込む。
(30代・女性)

完全に想像ですが、パン粉とかの方がお米より効率よさげな気が。
(20代・男性)

米が水を吸うけど、機械の中の水分まで吸うような気がしない。
(50代・男性)
乾燥剤の方が有効
乾燥した米はパスタのようなもの。よく水分を吸収するので、乾燥剤の代わりにはなりそう。でもシリカゲルに埋めた方がよいのでは。
(30代・男性)

乾燥させるってことなのでしょうけれど、水没した際に故障した電子部品までは直せないので、水没の度合いやどこまで浸水したかによると思います。
(40代・男性)

乾燥剤の方が効果的だと思うけれど、普通はスマホを埋められるほどの乾燥剤を持っていないから代用品として「米」は有効なのかも?
(50代・男性)
諦めが肝心です
スマホが水没したのが純水なら乾燥させれば復活するので米でもできそうだが、水没したのがトイレだったり、洗濯機だったり、水たまりだったりだとミネラル分があるので、乾燥させてもダメでしょう。
(50代・男性)

お米って。乾燥剤も五十歩百歩。諦めて、マニュアルに従って水抜きし、速やかに携帯ショップに持ち込むべきだ。他に選択肢はない!
(40代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

P2NetEX(ピーツーネットイーエックス) 【ネットパイロティング】 人依存のIT運用管理をシステム中心に システム運用自動化の最前線 【新日鉄住金ソリューションズ+他】 AI、IoT活用を見据えたクラウド基盤の3つの条件 デジタル変革の実現方法とは? 【NTTコミュニケーションズ+他】
グループウェア 統合運用管理 ビッグデータ
本部店舗間のコミュニケーション基盤の強化、店舗の作業負荷軽減を実現する多店舗・多拠点専用のSaaS版グループウェア。オンプレミス版も提供。 人依存のIT運用管理をシステム中心に システム運用自動化の最前線 AI、IoT活用を見据えたクラウド基盤の3つの条件 デジタル変革の実現方法とは?

新着特集


調査で明らかになったデジタル変革進展の「壁」。事業創出に期待を掛ける大企業と効率化を求める中小企業。…



「情報セキュリティ10大脅威」の2018年版順位が先行発表された。ランク外から登場した3つの脅威につ…



個人情報保護法は個人情報を守りながらも、広く社会に貢献する情報活用に向けた道も整備している。そのカギ…


新着セミナー

東南アジアのICTインフラなぜ?なに?セミナー(タイ編) 【主催:IIJグローバルソリューションズ】  

開催日 3月2日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

日本企業が海外拠点を有する国として、中国の次に多いのがタイ王国。東南アジアで最大の集積地を形成している日本企業にとっては、重要な国の1つです。同国は2015年に…

東南アジアのICTインフラなぜ?なに?セミナー(タイ編) 【主催:IIJグローバルソリューションズ】  

開催日 3月2日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

日本企業が海外拠点を有する国として、中国の次に多いのがタイ王国。東南アジアで最大の集積地を形成している日本企業にとっては、重要な国の1つです。同国は2015年に…

東南アジアのICTインフラなぜ?なに?セミナー(タイ編) 【主催:IIJグローバルソリューションズ】  

開催日 3月2日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

日本企業が海外拠点を有する国として、中国の次に多いのがタイ王国。東南アジアで最大の集積地を形成している日本企業にとっては、重要な国の1つです。同国は2015年に…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ あの孫正義も実践した「スマホふっかつのどうぐ」とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ あの孫正義も実践した「スマホふっかつのどうぐ」とは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30009909



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ